小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

買うならどれ?マイクロソフトが「Surface Pro 9」「Surface Laptop 5」「Surface Studio 2+」を発表

2022.10.22

マイクロソフトは、Surfaceシリーズの新モデル「Surface Pro 9」「Surface Laptop 5」「Surface Studio 2+」を発表した。

Surface Pro 9〜5G対応のMicrosoft SQ3を搭載

別売りの脱着式キーボードを使用することでノートPCとしても使うことができる2 in 1デバイス「Surface Pro」の最新モデル。高品位アルミニウムの筐体を採用し、片面には内蔵キックスタンド、もう片面には解像度2,880×1,920ドットの10点マルチタッチ対応213インチPixelSenseディスプレイを装備する。

プロセッサは第12世代インテルCore i5/ i7およびQualcomm Snapdragonをベースにした5G対応のMicrosoft SQ3を搭載。インテルCore搭載モデルは、最大15.5時間のバッテリー駆動を実現し、Thunderbolt 4ポートも2基装備。一方、Microsoft SQ 3搭載モデルは、高速な5G接続と、最大19時間のバッテリー駆動を実現する。

本体サイズは287×209×9.3mm。重量はインテルCore搭載モデルが879g、Microsoft SQ 3搭載モデルが878g。

発売日は11月29日。一般向けモデルのMicrosoft Storeでの販売価格はインテルCore搭載モデルが162,580円~、Microsoft SQ3搭載モデルが216,480円~。

カラーは、インテルCore搭載モデル(インテルEvoプラットフォーム対応)がプラチナ、グラファイト、サファイア、フォレストの4色を用意。なお、インテルEvoプラットフォーム未対応のインテルCore搭載モデルとMicrosoft SQ3搭載モデルのカラーはプラチナのみとなる。

Surface Laptop 5〜10点マルチタッチやDolby Vision IQに対応

クラムシェル型のノートPC「Surface Laptop」の第5世代モデル。解像度2,256×1,504ドットの13.5インチ PixelSenseディスプレイおよび解像度2,496×1,663ドットの15インチ PixelSenseディスプレイを搭載し、どちらも10点マルチタッチやDolby Vision IQに対応する。

最新のインテルEvoプラットフォームに対応し、プロセッサは第12世代インテルCore i5/i7を採用。バッテリー駆動時間は13.5インチモデルが最大18時間、15インチモデルが最大17時間。Thunderbolt 4ポートも搭載する。

13.5インチモデルの本体サイズは308×223×14.5mm、重量は1,272g(アルカンターラ)/1,297g(メタル)。15インチモデルの本体サイズは340×244×14.7mm、重量は1,560g。

発売日は10月25日。一般向けモデルのMicrosoft Storeでの販売価格は13.5インチモデルが151,580円~、15インチモデルが197,780円~。

カラーは、13.5インチモデルがプラチナ(アルカンターラ)、ブラック(メタル)、サンドストーン(メタル)、セージ(メタル)の4色、15インチモデルはプラチナ(メタル)とブラック(メタル)の2色を用意する。

Surface Studio 2+〜クリエイター向けのオールインワンPC「Surface Studio 2」の後継

ベース、ディスプレイ、マウス、キーボード、ペンを同梱するクリエイター向けのオールインワンPC「Surface Studio 2」の後継モデル。プロセッサには第11世代インテルCore i7-11370H、グラフィックスにはNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載し、メモリは32GB、ストレージは1TB SSDを内蔵。ディスプレイには、解像度4,500×3,000ドットの10点マルチタッチ対応28インチPixelSenseディスプレイを採用した。

インターフェースはThunderbolt 4×3、USB 3.1 Type-A×2などを装備し、無線通信はWi-Fi 6とBluetooth 5.1に対応。また、前モデル同様、独自のヒンジ機構「ゼログラビティヒンジ」を採用し、ディスプレイの角度をスムーズに調節することが可能だ。

ベースのサイズは250×220×31.45mm。ディスプレイのサイズは637.35×438.9×12.5mm。重量は最大9.56 kg。

発売日は11月1日。一般向けモデルのMicrosoft Storeでの販売価格は719,180円~。

新アクセサリー〜作業環境をより快適に

このほか、新しいアクセサリーとして、Teams対応リモートコントローラー「Microsoftプレゼンター+」と、HDMI、USB Type-C×2、USB Type-Aの4つのポートとパススルーPC充電機能を備えた「Microsoftオーディオドック」も発表。いずれも発売は2023年1月を予定している。

「Microsoftプレゼンター+」

「Microsoftオーディオドック」

あわせて、従来型のマウスやキーボードの使用が難しい人向けに設計されたアクセサリーシリーズ「Microsoft Adaptive Accessories」を12月に国内発売する予定であることも発表された。

「Microsoft Adaptive Accessories」

関連情報
https://www.microsoft.com/ja-jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。