小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ネコの寿命が30年に!?腎臓病と深く関わるタンパク質「AIM」とは?

2022.10.20

猫

AIM研究

 愛猫家待望のネコの腎臓病治療薬がもう目の前まで来ている。そのカギを握るのがAIM(Apoptosis Inhibitor of Macrophage)だ。元東京大学大学院医学系研究科教授でAIM医学研究所代表の宮崎徹さんが発見した血中タンパク質のことで、その働きにより体内のゴミが除去され、腎臓病や脳梗塞の治療につながると期待されている。

 このタンパク質は、人だけでなくネコの体内にも存在しているという。ネコは腎臓病になりやすく腎不全で命を落とすことも多いため、宮崎さんの研究はネコ医療の観点からも注目されていた。そして今年3月、宮崎さんとマルカンが共同開発したキャットフード『AIM30』が発売された。これは体内のAIMを活性化させる成分が配合されており、ネコの腎臓病の予防・改善を期待できるという。

「AIM治療の可能性として、直接AIMを投与する方法と体内のAIMに働きかける方法が考えられます。今回のキャットフードは後者ですが直接AIMを投与する治療薬の開発も進めています。日頃のケアはキャットフードで、重症の場合、治療薬で治療してあげればネコが30歳まで生きることも夢ではありません」(宮崎さん)

「ネコへのAIM治療薬のアプローチはすでに8合目くらいまで到達している」(宮崎さん)という。並行して人へ向けた治療薬の開発も進められており、こちらにも期待したい。

AIM研究を基に作られたアミノ酸配合の製品が登場

AIM研究を基に作られたアミノ酸配合の製品が登場

『AIM30』のほか、6月にはいなばペットフードから『CIAO for AIM ちゅ~る』も販売。どちらもAIMを活性化させるアミノ酸が配合されている。薬ではなくあくまでも一般食。「メーカーの想定以上の反響があり長らく在庫切れが続いていたようです」(宮崎さん)

腎臓病と深く関わるタンパク質「AIM」のメカニズム

腎臓病と深く関わるタンパク質「AIM」のメカニズム

取材・文/峯 亮佑


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。