小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

所有数1000超の「山王」に聞く、山投資で利益を生む山の特徴と購入方法

2022.10.25

「山を買う」と言われても想像がつかない人がほとんどだろう。いったいどのように買うのか? 注意点は? 北海道から石垣島まで日本各地に山を所有する永野彰一さんに3つの購入方法を教わった。

永野彰一さん投資家・事業家
永野彰一さん
1990年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。高校時代に100を超える資格を取得。プロの雀士の顔も。主な著書に『一生お金に困らない山投資の始め方』。

【山王の購入術】
Case 1 → 戸建てとセットで買う
Case 2 → 1円で山を買う
Case 3 → お金をもらって引き取る

山王

1円で買えるばかりか処分料をもらうことも

 もともとやっていた不動産投資で偶然、山投資に巡り合ったという永野さん。初めての山購入は2017年12月。新潟県の佐渡島にある山だった。

「本来の目的は戸建ての購入でした。不動産業者と価格交渉をしていた際、『戸建てと一緒に山を引き取ってくれるならもう少し安くできますよ』と持ちかけられたんです。ん? 何で? と最初はピンときませんでしたね」

 山を手放したい人がいることを知り、「ほかの地域にもいるはず」と直感して即行動へ。不動産情報サイト『アットホーム』などで山の物件情報を検索し、売り値の安い山を扱う業者に次々電話を入れ、「この山、1円で売ってくれませんか?」と言ったそうだ。

「通貨の最小単位の1円であればムダはない。私なりの金銭哲学がもとになっています」

 18年2月、念願かない販売価格100万円の山を1円で購入することに成功した。岩手県盛岡市のその山には思わぬ幸運も。

「山の中に電柱があり、お金がもらえると業者から言われたんです。電力会社から支払われる『電柱敷地料』で、電柱の設置場所を貸す、賃料に当たります。これが電柱1本当たり年間1500円入り、めちゃくちゃうれしかったですね」

 こうして電柱を目的に1円で山を買い進める独自スタイルを見いだし、実践。その中で、送電塔は貸した面積に応じて敷地料が得られること、山を処分料をもらって引き取るなど、新たな発見や手法の進化を遂げて所有数1000超の〝山王〟となった。

「山の買い方のメインは1円購入で全体の7割くらいを占め、現在も継続中です。もちろん、最初からうまくいったわけではありません。諦めずに業者に電話をかけまくり、粘り強く交渉し、ひと山ずつ積み上げてきました。実績を重ねれば業者のほうから山の案件を持ちかけられるようになります。実績のある人に情報が集まるのは当然の流れでしょう」

現地調査

 ただし、永野さんは闇雲に全国の山を買ってきたわけではない。購入前には現地調査に愛車で赴き、見極めを行なっている。

「事前の説明どおり電柱が立っているか、それ以外に利益を見込めるかを調べ、土砂災害などのリスクについても確認します」

 道が急傾斜地に面していて「擁壁(土砂災害を防ぐ壁状の構造物)」がない場合は要注意など、入念なチェックを欠かさない。結果、価値ある山が収益を生んでくれる。

「欲しいという人に山を売ることもあります。1円で購入した山を100万円で売れば、ほぼ丸ごと利益に。これを繰り返していると、高級外車1台分くらいはすぐに稼げるわけです」

 とはいえ、永野さんの生活は極めて地味だ。服はユニクロ、愛車は中古のプリウスを貫く。

「愛車に乗り、日本全国の山の調査や所有する山を見に行くのが私の習慣のひとつになっています。移動は経費ですから、日本中をタダで旅しながら仕事ができる。すごく楽しいですよ」

1000を超える山を所有!

1000を超える山を所有!1000を超える山を所有!

所有する山の土地に電柱や送電塔が建っていると、敷地料が得られ定期収入となる。電柱で地目が宅地の場合、年間1500円に。

利益を生むのはこんな山!

取材・文/百瀬康司 イラスト/川崎タカオ

DIME11月号の特集は「値上げに負けない!攻める節約と守る投資」

DIME11月号は「攻める節約、守る投資」の大特集。特別付録は、キャンプ、BBQ、防災用、ジム、サウナ、さらに、エコバッグとしても使える10L大容量の「ドラえもん DRY BAG」です。IPX6相当の防水性能で、大事な荷物が雨や水しぶきで濡れるのを防いでくれるスグレモノ。密封性が高いので、湿ったり汚れたりした衣類などをしまうのも安心。雨が降りそうな日に自転車で移動する時にも便利です。

キャンプやジム、サウナといった時に重宝するほか、水の備蓄や停電時のランタンとしても使えるなど、ドラえもんの”ひみつ道具”みたいに便利なアイテム! 雑誌の付録とは思えないクオリティーの「ドラえもん DRY BAG」をぜひ、ご活用ください!

■最新号の大特集
不透明な時代を生き抜く賢いお金の増やし方を詳解
攻める節約 守る投資

●貯金は9割「米ドル」に回す
●GAFA株よりNTT株
●都心マンションより「ボロ戸建て」
●1日500円の仮想通貨積立
●副業で光熱費カット
●目からウロコの節税テク
●今すぐ解約すべき生命保険 and more!

【Amazonで買う】

【セブンネットショッピングで買う】
https://7net.omni7.jp/detail/1237826508

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。