小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

eスポーツに続々参入する企業のマネタイズ戦略

2022.10.18

NTTドコモ

最近では、企業がeスポーツ協会や大会のスポンサーを務めるだけでなく、プロ選手が所属するチームの運営や、定期的に行なわれるリーグ戦の主催に携わる例も珍しくない。中でも積極的な姿勢を見せる、主な参入企業の関わり方とマネタイズについて各社へ取材した。

大手企業とストリーマーが市場拡大を促している

 国内で「eスポーツ元年」という言葉が流行してから、はや4年。eスポーツ市場の経済規模は世界全体で10億ドル(2021年度)に達し、日本でも堅実な成長を続ける。その取り組みや結びつきは様々で、これまではゲーミングチームのスポンサードが代表例として挙げられてきた。

 2022年は金融、商社、マスコミなどの大手企業がゲーミングチームと提携し始めている。競技シーンの参入を含めたチーム運営を担い、対価として得たスポンサー料を収益化。ファンコミュニティー向けのグッズ販売からも利益を上げている。

 大会そのものを主催する動きも盛んだ。例えば、NTTドコモはeスポーツリーグの「X-MOMENT」を、2021年度より始動。スポンサー料やイベント観戦チケットの販売利益も確保しつつ、競技シーンに参戦するプレイヤーへの給与保証を行なうなど、国内リーグを基点としたビジネスモデルを確立させつつある。

 昨今はゲームプレイ配信を生業にするストリーマーの注目度も見逃せない。各動画配信プラットフォームで活動するストリーマーの中には、100万人規模のファンベースを抱えるトップ層も存在する。ファンは投げ銭システムを通じてロイヤルティーを示し、ストリーマーは配信活動でファンの期待に応えている。

 巨大企業から個人までをも巻き込んだ多様なビジネスモデルのもと、eスポーツ市場は世界規模で急速に躍進している。

eスポーツ市場

NTTドコモ

NTTドコモ

プロリーグを主催しグッズやチケットも販売!

[現時点での関わり]
・プロ選手参加の大会およびリーグ運営
・グッズの企画制作

[収入源]
・大会およびリーグへのスポンサー料
・オフライン大会のチケット販売
・グッズの販売

NTTドコモ

プロリーグ「X-MOMENT」を主催中。同社が持っている技術や会員基盤などを生かし、例えば全国のドコモショップと連携した地域に根づくコンテンツの展開も想定している。将来的には5G通信を運営に取り入れることや、既存サービスと連携したコンテンツ開発も行なう予定だ。

NTTドコモ

今秋以降の「X-MOMENT」では「ストリートファイターリーグ:Pro-JP 2022」、「Rainbow Six Japan League(RJL)」、「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE(PMJL)」という大会が行なわれる。公式VTuberも採用予定。

楽天グループ

楽天グループ

ECサイト運営の強みを主催する大会に活用!

[現時点での関わり]
・ストリーマー参加のイベントの主催
・イベントの配信

[収入源]
・イベントへのスポンサー料

楽天グループ楽天グループ

今年7月に「Rakuten esports cup~うまいもの争奪戦〜」を開催。人気ストリーマーが集う話題性の高さで、最大同時視聴数は19.1万人を記録した。購買につながる広告露出の新しい試みで、eスポーツとの接点が少ない企業がスポンサーに。今後は楽天の各種サービスとの連携も視野に入れている。

凸版印刷

凸版印刷

大会の主催だけでなく制作・運営の受託も行なう

[現時点での関わり]
・社会人eスポーツリーグの運営
・大会・イベント制作の受託事業
・プレイヤーコミュニティーの構築

[収入源]
・運営するリーグへのスポンサー料
・受託事業の制作費

凸版印刷凸版印刷

日本初の社会人eスポーツリーグ「AFTER 6 LEAGUE」を設立。YouTubeで配信予定の新シーズンには100チーム超が参加予定だ。同リーグの運営ノウハウを生かしたeスポーツ大会に関する制作・運営の受託事業も行なっている。

三菱地所

三菱地所

保有施設などを活用し街の魅力をアピール

[現時点での関わり]
・eスポーツの大会運営会社「JCG」に出資
・eスポーツ企業対抗戦を開催
・施設提供

[収入源]
・施設利用料

三菱地所

保有施設と法人ネットワークを活用し、企業対抗戦を丸の内エリアで主催。街に息づく就業者の満足度を高めるとともに新たな来街者を呼び込むことで、丸の内エリアの価値向上を図っている。

双日

双日

双日

総合商社の強みで市場拡大に貢献

[現時点〜今後の関わり]
・大会興行事業
・メディア事業・プロダクション事業

[収入源]
・大会のチケット収入/物販の売り上げ/スポンサー料
・メディア事業による広告収益/スポンサー料
・プロダクション事業による配信収入/スポンサー料/賞金

大会興行事業に加え、利用者のコミュニケ―ションプラットフォームを提供するメディア事業や、チーム・選手のプロダクション事業にも参画予定。eスポーツの裾野を開拓していく考えだ。

アックスエンターテインメント(日本テレビの完全子会社)

アックスエンターテインメント

[現時点での関わり]
・プロチームの運営
・大会 イベント企画

[収入源]
・プロチームへのスポンサー料
・大会 イベント企画の収益

アックスエンターテインメント

チーム運営とイベント企画に携わり、若年層のマーケティングに注力するスポンサーの獲得を実現している。親会社の番組と連動を図れるのが強み。

ワールド・ハイビジョン・チャンネル(三井物産の完全子会社)

ワールド・ハイビジョン・チャンネル

[現時点での関わり]
・プロチームの運営
・番組の放送

[収入源]
・プロチームへのスポンサー料
・番組放送などの広告料

ワールド・ハイビジョン・チャンネル

テレビ局「BS12トゥエルビ」を運営して「原宿 STREET GAMERS」にも携わる。目指すのは、放送との連携などによるスポンサー収益の向上だ。

SBI e-Sports

SBI e-Sports

金融業界とeスポーツをITでつなぐ懸け橋を目指す

[現時点での関わり]
・プロチームの運営

[収入源]
・プロチームへのスポンサー料

SBI e-Sports

ネット金融SBIグループの企業であり、プロゲーミングチーム「SBI e-Sports」を運営。デジタル世代との接点を強化し、グループ全体のブランド力とともに、各種サービスの付加価値を高めることなども参入の目的としている。

丸紅

丸紅

世界トップチームと日本企業を仲介

[現時点での関わり]
・英国プロチーム組織組織との資本提携および戦略提携

[収入源]
・プロチームへのスポンサー料

丸紅

英国のeスポーツチーム「Fnatic」と資本提携を行ない、戦略パートナーシップ契約を締結。国内外の幅広いユーザーに届く広告マーケティングを行なっている。

ビームス

ビームス

デザインやサイズ感をファッショナブルに

[現時点での関わり]
・JeSUへの協賛
・プロチームのプロデュース

[収入源]
・プロデュース料

ビームス

日本eスポーツ連合のスポンサードに加え、プロチーム「Human Academy CREST GAMING」のプロデュースも担当。ロゴなどを制作し、今後もサポートが続く。

ソニー

ソニー

大会運営のほかデバイス開発にも積極的

[現時点での関わり]
・大会の主催
・周辺機器の商品化・販売

[収入源]
・検討中

ソニー

同社が主催するシリーズ戦「THE GAMING DAYS」(9月24日~)ではチケットやグッズを販売予定。ゲーミングギア「INZONE」の展開もスタートし、話題を集めている。

取材・文/龍田優貴、清友勇輔、編集部

DIME11月号の特集は「攻める節約と守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」「〝エンタメ〟ゴルフ入門」、スペシャル付録はドラえもん DRY BAG!

DIME11月号の特集は「値上げに負けない!攻める節約と守る投資」。特別付録は、キャンプ、BBQ、防災用、ジム、サウナ、さらに、エコバッグとしても使える10L大容量の「ドラえもん DRY BAG」です。IPX6相当の防水性能で、大事な荷物が雨や水しぶきで濡れるのを防いでくれるスグレモノ。密封性が高いので、湿ったり汚れたりした衣類などをしまうのも安心。雨が降りそうな日に自転車で移動する時にも便利です。

キャンプやジム、サウナといった時に重宝するほか、水の備蓄や停電時のランタンとしても使えるなど、ドラえもんの”ひみつ道具”みたいに便利なアイテム! 雑誌の付録とは思えないクオリティーの「ドラえもん DRY BAG」をぜひ、ご活用ください!

 

■最新号の大特集
不透明な時代を生き抜く賢いお金の増やし方を詳解
攻める節約 守る投資

●貯金は9割「米ドル」に回す
●GAFA株よりNTT株
●都心マンションより「ボロ戸建て」
●1日500円の仮想通貨積立
●副業で光熱費カット
●目からウロコの節税テク
●今すぐ解約すべき生命保険 and more!

■第2特集
DIMEがeスポーツに参入!?
注目のタイトル、選手、チーム、楽しみ方をプロゲーマー、実況者、人気声優がガチ解説!世界一詳しいeスポーツパーフェクトガイド

【Amazonで買う】

【セブンネットショッピングで買う】
https://7net.omni7.jp/detail/1237826508

@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。