小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

GPIFも半分が外貨建て資産!円安リスクを低減するために日本人がドルを持つべき理由

2022.10.23

外貨建て資産

「リスクが怖いから日本円で預金だけしておこう」──実はこの考えこそが資産を危険にさらしている。インフレやデフレにより相対的に変動する通貨の価値を守る手段は外貨預金をはじめとする「外貨建て資産」にあった。

石川久美子さんソニーフィナンシャルグループ株式会社
金融市場調査部 シニアアナリスト
石川久美子さん
専門は外国為替相場。レポートを多数発表する他、テレビ東京『Newsモーニングサテライト』などにも出演し情報を発信している。

外貨建て資産

外貨預金はキャッシュの〝分散投資〟でもある

 今年の3月頃から始まった円安・ドル高の流れはいまだ収まらない。9月頭には1ドル140円を突破した為替レートを眺めていると「1ドル110円の頃に買っておけば今頃、資産は1.3倍になっていただろう」と思わずにはいられない。

 そうした背景から今、「外貨預金」に関心を持つ人も増えている。そもそも日本人にとってドルを持つメリットはどのようなことが考えられるのだろうか。ソニーフィナンシャルグループの石川久美子さんが教えてくれた。

「まず投資において資産を分散してリスク軽減するのは基本的な考え方です。これはキャッシュの面でも同じ。円だけでなく外貨を保有することで、キャッシュの分散投資はしたほうがいいでしょう。

 今のような円安・ドル高の局面では、為替差益を得にくいかもしれませんが、預金金利は円より米ドルのほうが高い。これを機に長期で米ドル保有を考えているなら1日でも早く始めたほうがいいでしょう」

 外貨預金は外貨建て資産のうち、最もリスクが低い選択肢でもある。

「リスク許容度や興味の有無によっては外貨預金ではなく外貨建ての株式や債券でもいいでしょう。ポートフォリオのうち、外貨建て資産の割合に正解はありませんが、堅実な資産運用が求められるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)ですら、資産の半分が外貨建て資産ということはひとつの目安になるかもしれません」(石川さん)

円建て資産はこの1年でドル換算20%減に!

円建て資産はこの1年でドル換算20%減に!

外貨購入の2大手段「預金」と「FX」の違いとは?

外貨購入の2大手段「預金」と「FX」の違いとは?編集部調べ

FX(外国為替証拠金取引)は証拠金を元手にレバレッジをかけて証拠金以上の金額取引ができるという点に大きなメリットがある。大きな利益が期待できる一方で損失が大きくなる可能性があるのは最大のデメリットだ。「FXは外貨預金に比べて買い付け手数料が安い。レバレッジ1倍のFX取引を外貨預金の代わりにするのはひとつの選択肢でしょう」(石川さん)。レバレッジの誘惑に負けなければデメリットは少ないか。

ドルを持っておくことの3つのメリット

取材・文/峯 亮佑

DIME11月号の特集は「値上げに負けない!攻める節約と守る投資」

DIME11月号は「攻める節約、守る投資」の大特集。特別付録は、キャンプ、BBQ、防災用、ジム、サウナ、さらに、エコバッグとしても使える10L大容量の「ドラえもん DRY BAG」です。IPX6相当の防水性能で、大事な荷物が雨や水しぶきで濡れるのを防いでくれるスグレモノ。密封性が高いので、湿ったり汚れたりした衣類などをしまうのも安心。雨が降りそうな日に自転車で移動する時にも便利です。

キャンプやジム、サウナといった時に重宝するほか、水の備蓄や停電時のランタンとしても使えるなど、ドラえもんの”ひみつ道具”みたいに便利なアイテム! 雑誌の付録とは思えないクオリティーの「ドラえもん DRY BAG」をぜひ、ご活用ください!

■最新号の大特集
不透明な時代を生き抜く賢いお金の増やし方を詳解
攻める節約 守る投資

●貯金は9割「米ドル」に回す
●GAFA株よりNTT株
●都心マンションより「ボロ戸建て」
●1日500円の仮想通貨積立
●副業で光熱費カット
●目からウロコの節税テク
●今すぐ解約すべき生命保険 and more!

【Amazonで買う】

【セブンネットショッピングで買う】
https://7net.omni7.jp/detail/1237826508

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。