小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

買いか?待ちか?「iPhone 14 Pro Max」と「iPhone 13 Pro Max」と比べてみた!

2022.10.09

2022年9月16日の発売(一部機種は10月7日発売)より、注目を集めている「iPhone 14」シリーズ。毎年9月ごろに新製品が発売される、iPhoneの最新機種ということもあり、機種変更を検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、最上位モデルである「iPhone 14 Pro Max」にフォーカスを当て、前モデル「iPhone 13 Pro Max」からの進化ポイントを中心にご紹介します。

「iPhone 14 Pro Max」は買うべき? 2023年モデル「iPhone 15 Pro Max(仮称)」を待つべき?

それでは、iPhone 14 Pro Maxの進化ポイントを、iPhone 13 Pro Maxと比較しながらご紹介しましょう。それぞれの要所を確認しながら、機種変更をするか、来年の「iPhone 15 Pro Max(仮称)」を待つべきか、考えてみるのがおすすめです。

iPhone 14 Pro Maxは前モデルとほぼ共通のサイズ! カラーバリエーションには新色も!

まずは本体サイズ、質量について。iPhone 14 Pro Maxは高さ160.7mm×幅77.6mm×厚さ7.85mmで、質量は240gとなっています。

一方、前モデルのiPhone 13 Pro Maxは高さ160.8mm×幅78.1mm×厚さ7.65mm、質量は238gです。iPhone 14 Pro Maxは、前モデルよりも縦横の長さが少し短くなっているものの、厚み、質量はわずかに増していることがわかります。

iPhone 14 Pro Max

iPhone 13 Pro Max

カラーバリエーションは、iPhone 14 Pro Maxがスペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープルの4色。iPhone 13 Pro Maxはシエラブルー、グラファイト、ゴールド、シルバー、アルパイングリーンの5色となります。

iPhone 14 Pro Maxのスペースブラックと、iPhone 13 Pro Maxのグラファイトは、黒色ベースの似通ったカラーリングであることを考えると、新色はディープパープルとなります。

また、iPhone 13 Pro Maxの場合、発売から約半年後にアルパイングリーンが追加されているため、iPhone 14 Pro Maxも、春ごろに新しいカラーが追加されるかもしれません。

ディスプレイサイズは同じでもiPhone 14 Pro Maxにはパンチホール型カメラを搭載!

iPhone 14 Pro Maxは、TrueDepthカメラ(インカメラ)周りのデザインが、前モデルより刷新されたのが大きな特徴です。

iPhone 13 Pro Maxを含む、iPhone 13シリーズや、iPhone 14、iPhone 14 Plusには、ノッチデザインが採用されており、ここにTrueDepthカメラが内蔵されていましたが、iPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Proの2モデルでは、楕円形のパンチホールデザインになっています。

この楕円形パンチホールを活かした機能が、「Dynamic Island」。楕円を横に伸ばしたり、大きくすることで、起動中のアプリをポップアップのように表示したり、Face IDやモバイルSuicaを使用した時にアニメーションが表示されます。少し大きめの楕円形カメラながら、デザインに組み込むことで、使っていて楽しい機能となっています。

なお、ディスプレイのサイズ自体は、iPhone 14 Pro Max、iPhone 13 Pro Max共通で6.7インチです。ただし、リフレッシュレートは、iPhone 13 Pro Maxが10Hz~120Hzだったのに対し、iPhone 14 Pro Maxは1Hz~120Hzへと進化。上限は変わらないので、動作性に違いは感じませんが、下限を下げることで、省電力性が向上しています。

また、iPhone 14 Pro Maxは、ディスプレイの常時表示に対応しているのもポイント。若干暗い表示にはなりますが、いつでもロック画面が表示されている状態になるため、日付や時刻の確認がしやすくなっています。

iPhone 14 Pro Maxではアウトカメラのイメージセンサーが大型化!

iPhone 14 Pro Maxのアウトカメラは、48MPメイン、12MP超広角、12MP望遠の3眼構成となります。iPhone 13 Pro Maxのメインカメラは12MPだったため、ここが明確な進化ポイントといえるでしょう。なお、超広角、望遠カメラに変更はありません。

メインカメラの画素数が上がったことで、光をより多く取り込めるため、iPhone 14 Pro Maxではこれまで以上に精細な写真、動画の撮影を可能にします。iPhoneシリーズの場合、撮影後のAI処理も特徴ではありますが、物理的にセンサーが大きくなったのは見逃せないポイントでしょう。

また、動画撮影時に便利な、「アクションモード」に対応しているのも、iPhone 14 Pro Maxの特徴。名前の通り、動きの激しいシーンでも、ブレの少ない動画が撮影できます。本モード使用時は、最大2.8K、60fpsでの撮影が可能となっています。

iPhone 14 Pro Maxには最新チップセット「A16 Bionic」を搭載

iPhone 14 Pro Maxに搭載されているCPUは、最新世代の「A16 Bionic」となります。iPhone 13 Pro Max搭載の「A15 Bionic」から、順当に進化したといえるでしょう。

A16 Bionicは、約160億個のトランジスタによって構成されており、毎秒約17兆回の演算処理が可能。A15 Bionicと比較し、より高い省電力性などを有しております。

ただし、バッテリーの持続時間は、iPhone 13 Pro Maxがビデオ再生最大28時間、ビデオのストリーミング再生最大25時間、オーディオ再生最大95時間であるのに対し、iPhone 14 Pro Maxではビデオ再生が最大29時間、ビデオのストリーミング再生が最大25時間、オーディオ再生が最大95時間と、あまり違いはありません。

なお、iPhone 14 Pro Maxと同時に発表されている「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」の2機種では、iPhone 13 Pro Maxと共通のA15 Bionicが搭載されているのも特徴。より最新、高性能のiPhoneが欲しい場合には、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの2機種が候補となるでしょう。

iPhone 14 Pro Maxでは引き続きUSB Type-Cや指紋認証に非対応

iPhone 14シリーズ発売前には期待の声も多かった、「USB Type-C」への対応や、「指紋認証機能」の搭載はありません。従来のiPhoneユーザーであれば、継続してLightningケーブルやMageSafe、Qi規格のワイヤレス充電ができるのに加え、アップル本社のあるアメリカでは、マスクを外す人が増えていることなどが、理由と考えられます。

ただし、欧州連合(EU)では、スマートフォンやパソコンの充電機器をUSB Type-Cに統一することが決まっており、2024年秋までに適用されることになっています。そのため、2023年、2024年に発売されるiPhoneシリーズが、USB Type-Cを搭載している可能性もあるといえるでしょう。

※データは2022年10月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。