小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

写真の中にある文字や会話をリアルタイムで翻訳!「Google翻訳」アプリのスゴすぎる便利機能

2022.10.06

普段何気なく街を歩いている中で、英語で書かれているために読めない看板に出会った経験は、多くの人にあるのではないでしょうか。街中で、英語で道を尋ねられたり、逆に海外旅行の際に、道を尋ねたいシーンもあるかもしれません。

英語が話せれば簡単に解決するかもしれませんが、そう簡単な話でもありません。そこで本記事では、日常生活の中で役に立つ、「Google翻訳」アプリの便利な活用方法を紹介していきます。

ちょっとした通訳に便利な「Google翻訳」アプリはiPhone、Androidスマートフォンのどちらでも利用可能!

グーグル系のアプリというと、Androidスマートフォンのイメージが強い人もいるかもしれませんが、Google翻訳アプリは、iPhone、Androidスマートフォンの両方でインストールできます。

iPhoneの場合は、iOS 14.0以降にて利用可能。Androidスマートフォンの対応バージョン、システム要件はデバイスによって異なります。PC版Google PlayストアのGoogle 翻訳アプリページにて確認したところ、Android 6.0以上がシステム要件となっている場合が多いようです。

【参照】App Store/Google 翻訳

【参照】Google Playストア/Google 翻訳

Google 翻訳アプリでは英語のほかに中国語や韓国語、スペイン語、フランス語なども通訳可能!

本記事では英語から日本語、日本語から英語に通訳する方法を紹介していきますが、Google 翻訳アプリでは、英語のほかに中国語や韓国語、スペイン語、フランス語など、多数の言語にトランスレートできます。

使用する言語の設定も、数タップで簡単に行えるので、ぜひ活用してみてください。

通訳に便利な「Google翻訳」アプリの3つの便利機能を紹介

では、Google翻訳アプリにて使える、3つの便利な機能を紹介していきます。先にも触れた通り、Google翻訳アプリはiPhone、Androidスマートフォンの両方でインストールできますが、今回はiOS 16を搭載したiPhoneにて、動作を紹介していきます。

なお、iPhoneとAndroidスマートフォンでは、UIに若干の違いがありますが、基本的な機能は共通しているので、Androidスマートフォンユーザーも、ぜひ確認してみてください。

iPhone版Google翻訳アプリ(左)とAndroidスマートフォン版Google翻訳アプリ(右)。デザインは違うが、使用できる機能は共通している。

Google翻訳アプリの便利な使い方【テキストを入力して通訳】

Google翻訳アプリの最もオーソドックスな使い方が、翻訳したいテキストを入力して通訳をする方法。iPhone、Androidスマートフォンともに、Google翻訳アプリを起動した最初の画面にて、「テキストを入力」するスペースが表示されるので、ここに翻訳したいワードを入力します。

翻訳したい言語は、日本語と英語だけでなく、フランス語やスペイン語など、多数の言語に対応しています。設定言語を変更したい場合は、上部に表示されている「日本語」「英語」の部分をタップし、任意の言語を選択しましょう。

Google翻訳アプリのテキスト入力は手書き、音声入力でもOK

テキストを入力する方法は、一般的なキーボードでの入力に加え、手書きでの入力や、音声入力でも可能となっています。「テキストを入力」の右に表示されている、ペンのアイコンをタップすると手書き入力モード、マイクのアイコンをタップすると、音声入力モードに移行します。

Google翻訳アプリの便利な使い方【写真の中の言語を通訳】

Google翻訳アプリでは、写真に写っている文字を認識して通訳する「カメラ入力」機能が利用できます。街中で見かけた、読めない文字を検索する際などに便利な機能です。

使用するには、「カメラ入力」をタップ後、下図のように、翻訳したい対象を画角に収めるだけでOK。自動的に文字を認識し、設定した言語に変換してくれます。

表示されている変換後の文章は、テキストデータとしてコピーすることも可能となっています。

Google翻訳アプリの便利な使い方【リアルタイムで会話音声を通訳】

Google翻訳アプリで利用できる便利機能の3つ目が、リアルタイムで会話を通訳できる機能。街中で、英語などわからない言語で話しかけられた際や、海外旅行中に便利な機能となっています。

本機能を使用するには、まず「会話」をタップします。下部にマイクのアイコンが3つある画面が表示されるので、「日本語」や「English」の部分をタップし、任意の言語を設定しましょう。

日本語から英語に通訳したい場合には、「日本語」の下部のマイク、英語から日本語に通訳したい場合は、「English」の下部のマイクをタップします。順番にマイクのアイコンをタップしていけば、スマートフォンを介して他国語ユーザーと会話ができるでしょう。

Google翻訳アプリを海外で使うなら「オフライン翻訳ファイル」のダウンロードがおすすめ

海外旅行の際には、日本のようにいつでも気軽にデータ通信が行えるとはいい切れません。海外でもGoogle翻訳アプリを活用するのであれば、日本語の「オフライン翻訳ファイル」をあらかじめダウンロードしておくのがおすすめです。

執筆時点(2022年9月中旬)に筆者が試したところ、日本語のオフライン翻訳ファイルの容量は83.2MB。1GBにも満たないので、スマートフォンのストレージ容量を圧迫する心配もあまりありません。

※データは2022年9月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。