小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

初心者におすすめ!PayPayアプリで始められる「PayPay資産運用」の賢い使い方

2022.10.04

■連載/綿谷さちこのクレカの強化書

PayPay』アプリ上で投資の疑似運用運用体験ができる『ポイント運用』。筆者は1年前から始めたのだが、今年8月に実際の有価証券の買付や売却ができる『PayPay資産運用』のサービスが始まったことで、そろそろ本格的に資産運用を開始するかどうかを検討中だ。

そんな折、PayPay証券による『PayPay資産運用』サービス説明会が行なわれたので参加してみた。

PayPay資産運用』の画面。

実際に有価証券の売買ができる『PayPay資産運用』

まず『PayPay資産運用』は『PayPay』のミニアプリで、実際の資産運用ができるサービス。キャッシュレス決済サービス上で有価証券の売買ができるのは国内初とのこと。一番の特徴は別のアプリをインストールすることなく、『PayPay』から操作ができることだ。

利用するためには、『PayPay』のホーム画面の「資産運用」から操作する。PayPay証券の口座開設が必要になるが、PayPayで登録済みの情報は入力しなくていいのでスムーズ。ただ、PayPayの本人確認とは別にPayPay証券でも本人確認が必要になる。

口座開設自体は無料。口座の維持費なども不要だが、有価証券の売買時に都度、所定の取引手数料が必要になる。この手数料は株価に対して基本0.5%に加え、円貨と外貨を交換する際の為替レートも含まれる。

銀行口座やヤフオク!の売上金などからPayPay残高にチャージしたPayPayマネーを使って100円以上1円単位で購入でき、PayPayの支払い上限である150万円が取引上限。なお売却時にはPayPayマネーとして即時に引き出すことが可能だ。

PayPay』のホーム画面のほか、『ポイント運用』画面からも『PayPay資産運用』にアクセスできる。

PayPay資産運用』では6コースを用意。『ポイント運用』よりも2つ多い。

これまでの値動きなども確認できる。

投資先としては以下の米国ETF6コースを用意。この中から希望のコースを選択し、購入金額を指定する。1株単位ではなく、投資したい金額を入力するところがわかりやすいと感じた。

PayPay資産運用』で取引できる厳選された6コース。

PayPay資産運用』からさらなるステップアップ

相次ぐ食品の値上げや円安の加速など、様々な不安要素を解消するためにも、これからは貯蓄ではなく投資が必要。とはいえ、日本人の現金・預金志向はいまだ根強く、家計の金融資産構成は54%が現金・預金で、有価証券は14%、保険・年金等が28%という結果なのだそう(2020年)。欧州や米国と比べると、明らかに投資が少ない。

資産運用の現況。

また、投資を始めない理由の上位は、「やり方がわからない」「損しそう」「知識がないとできなそう」という結果。その点、『PayPay資産運用』では少額から手軽に始められることもあり、累計口座数は32.3万口座(20223月時点)。その内の70%が投資初心者で、口座開設者の50%以上が30代以下なのだそうだ。

投資を始めない理由。

 

PayPay証券』の現況。

『ポイント運用』の運用者は600万人を突破(20223月時点)。この数字からすると、PayPay証券の累計口座数32.3万口座は少ない気がするが、実はこの1年間で口座数が倍増しているそう。そろそろ『ポイント運用』から『PayPay資産運用』へとステップアップする人が増えているのかもしれない。

PayPay証券では『PayPay資産運用』の先に、PayPay証券アプリをインストールして、国内外の多彩な銘柄での本格的な資産運用を用意している。つまり『ポイント運用』→『PayPay資産運用』→『PayPay証券アプリ』と進んでいくわけだ。

『ポイント運用』から『PayPay証券アプリ』への流れ。

 

投資はプラスだけでなく、元本割れして、マイナス運用になることもある。そんな投資のリスクを減らすためには、分散投資と長期投資が重要。投資する銘柄を複数にしたり、積立投資にして購入時期を分散したり、長く運用することで、リスクを軽減することができる。つまり筆者のように悩んで躊躇している間に、始めてしまった方が良いということ。

また、最終的には『PayPay証券アプリ』を目指すので、『PayPay資産運用』はその過程。運用するのがPayPayポイントからPayPayマネーになり、口座開設が必要などの違いはあるが、その敷居は低いものに感じられた。しかも今は「PayPay資産運用はじめようキャンペーン中」で、口座開設すると100円相当がもらえる(~20221031日)。この機会に筆者も本格的な資産運用へと一歩進んでみようと思う。

PayPay証券
https://www.paypay-sec.co.jp/

取材・文/綿谷禎子


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。