小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

格安スマホに乗り換える時におさえておきたい「APN」設定とは?

2022.10.04

APNはデータ通信を行う際のアクセスポイント名を意味します。APN設定は、主にスマホの初期設定で必要となります。ただし、全てのスマホが対象となるわけではありません。設定しなければならないケース・方法を紹介します。

APNとは?

APNとは具体的に何を意味するのでしょうか?そして、何のために必要となるのでしょうか?

詳細を見ていきましょう。

ネット接続するための中継地点

APNとは『Access Point Name』の頭文字を取ったものです。

格安スマホ会社でスマホを購入したとき、「APNを設定してください」と言われた場合は、「手動でアクセスポイントを設定してください」という意味だと考えましょう。

接続するアクセスポイントが決まっていない状態だと、せっかくスマホを購入してもインターネットに接続できません。動画を見たり、コミュニケーションアプリを稼働させたりするなどは不可能なため、スマホはただの電話機になってしまいます。

APNの設定が必要なケース

基本的に、大手キャリアのスマホはデフォルトでAPN設定が行われています。新品のSIMカードを購入したとしても、APN設定は不要です。

APN設定が必要となるのは、大手キャリア以外の格安スマホ会社を利用し、新しいSIMカードをスマホに入れて使い始めるときです。

例えば、以下のケースでは、自分でアクセスポイントを設定しなければなりません。

  • 大手キャリア以外で購入したSIMフリースマホに大手キャリア以外のSIMカードを入れる
  • SIMロックを解除した大手キャリアのスマホに格安SIMカードを入れる

SIMフリースマホに格安SIMカードを初めて入れるときは、アクセスポイントが設定されていません。ネットワーク通信を行うなら、APN設定が必要です。

また大手キャリアのスマホは、アクセスポイントがキャリアのサーバーに設定されています。SIMロックを解除しても、アクセスポイントまでは変更されません。大手キャリアのスマホをSIMロック解除して使う場合も、手動での設定が必要です。

iPhoneでの設定手順

スマホのイメージ

(出典) photo-ac.com

APN設定方法は、iPhone・Androidで異なります。

まずはiPhoneでの設定方法を見ていきましょう。

設定前の準備

iPhoneでAPN設定を行う場合は、iPhoneとSIMカードを用意しておきましょう。SIMが台座に付いたままなら、丁寧に外しておきます。このときくれぐれも金属端子部分に触れないよう注意が必要です。

またiPhoneのSIMトレイを開けるには、付属のSIMピンが必要です。本体に付属しているはずなので、購入したときのケースなどを探してみましょう。

万が一SIMピンをなくした場合は、ゼムクリップや安全ピンで代用する手もあります。とはいえiPhone本体を傷つけるリスクが高いので、あまりおすすめできません。SIMピンをなくした場合は、家電量販店などで購入した方が安心です。

SIMカードを挿入しWi-Fiに接続

iPhoneの電源を切り、SIMピンで側面にあるトレイを開けます。SIMカードを正しい方向にセットし、本体内に収納しましょう。

iPhoneにSIMカードを入れたら電源を入れて、起動後はすぐにWi-Fiに接続します。iPhoneでAPN設定をするときは、APN構成プロファイルのダウンロードが必要です。途中でダウンロードが止まらないように電波状況のよい場所で作業を開始することが必要となります。

APNを設定

APN構成プロファイルをダウンロードするときはSIMカードの種類やiOSのバージョンによって異なるため、情報を確認しながら進めることが大切です。

APN構成プロファイルのダウンロードに必要なページのURLは、各格安スマホ会社が提供しています。ページを見つけ出せないときは「キャリア名 APN設定」などと検索すると希望のページがヒットするはずです。

URLや二次元コードからAPN構成プロファイルをダウンロードしたら、iPhoneの『設定』を開き、インストールまで進めましょう。インストール後に『完了』を押すと、データ通信できるようになります。

Androidでの設定手順

スマホを操作する手

(出典) photo-ac.com

Androidの場合は、iPhoneよりもやや設定が面倒です。事前準備をきちんと行い、スムーズにアクセスポイントを設定しましょう。

設定前の準備

Androidの場合は実際に設定を始める前に、「格安スマホ会社の名称」「どのキャリアの回線を使うのか」を明確にしておきましょう。

日本で自社回線を持っているのは、『docomo』『SoftBank』『au』『楽天モバイル』です。たとえ格安スマホ会社と契約しているとしても、スマホはいずれかの回線を使っています。

どのキャリアの通信回線を使っているかでAPN設定方法が変わるため、事前に調べてメモを取っておく必要があるのです。

APN設定準備の流れそのものは、基本的にiPhoneと変わりません。使用予定のSIMカードを台紙から外し、すぐにスマホに挿入できるようにしておきます。

なおAndroidは、設定画面からそのままAPN設定が可能です。iPhoneのようにWi-Fiに接続する必要はありません。

SIMカードを挿入

Android端末の電源を切り、側面にあるSIMトレイを引き出します。台座から外しておいたSIMカードをセットし、そのまま挿入しましょう。

挿入時の注意点は、SIMカードの端子部に手を触れないことです。万が一傷や汚れが付くと、端末がうまく起動しなくなる恐れがあります。

またSIMカードを入れる向きや表裏は、機種によって異なります。必ず事前に説明書を読み、挿入の方向・表裏を間違えないようにしなければなりません。

SIMカードを正しく挿入したら、再び端末の電源を入れましょう。

APNを設定

まず『設定』をタップし、画面を開きます。続いて、「ネットワークとインターネット」から「モバイルネットワーク」を選択していくだけです。端末によっては表示名が異なるケースもありますが、同じ意味の表示をタップして進めましょう。

モバイルネットワークを開いたら、『アクセスポイント名』をタップします。契約している格安スマホ会社のアクセスポイントが見つかったら、それを選択すればOKです。

一方、一覧に該当するものがなかった場合は、手動での設定が必要です。『新しいAPN』をタップして、必要な情報を入力しましょう。『保存』を押すとアクセスポイント一覧に追加されます。

APNの設定をする際には

スマホを操作する手元

(出典) photo-ac.com

APN設定は難しいものではありません。しかしスムーズに設定を終わらせるためには、事前の準備が必要です。APN設定を行う際、注意したいポイントを紹介します。

不明点は事前に解消

初めて格安スマホを使う場合など、聞き慣れない言葉・意味の分からない言葉に出くわすことがあるかもしれません。APN設定を始めてから慌てずに済むよう、不明な点は事前に格安スマホ会社のホームページや説明書などでクリアにしておきましょう。

AndroidはWi-Fi接続が不要であり、設定時にはWi-Fiをオフにして作業します。インターネットにつながらない状態で「分からない」となった場合、それ以上先に進むのは難しくなります。

Wi-Fiにつながっているうちに、必要な情報を収集しておくのがベターです。

APN情報に入力ミスがないか確認

Androidスマホで格安スマホ会社を利用する場合、ネットワークのリストに上がってこないケースが多々あります。必然的に手入力することとなりますが、入力ミスには注意しましょう。

APN情報を誤入力すると、APN設定が終わってもネットワークに接続できません。おかしいと思ったら再度設定画面を開き、入力からやり直すのがおすすめです。

手入力のミスで多いのは、APNアドレスの入力ミスです。アルファベットを一つひとつチェックして、順番や大文字・小文字が合っているかなどをチェックしましょう。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。