小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホのスペック表示でよく見る「ROM」とは何のこと?

2022.10.13

スマートフォン端末のスペックには、『RAM』『ROM』と表記されています。ROMとは、いったい何を意味する言葉なのでしょうか?ROMの基礎知識やRAM・CPUとの違い、ROM容量の大きい端末を選ぶメリットとデメリットを解説します。

ROMの概要

スマートフォンのスペック表に、『ROM』という表記を見かけることがあります。ROMとは、どのような意味合いの言葉なのでしょうか?基本的な概要について解説します。

ROMの基礎知識

ROMは『Read Only Memory』の略で、読み出し専用の記憶装置のことです。EEP-ROMと呼ばれる、書き込みと消去ができるタイプもあります。

USBメモリ・SDカードなどには、EEP-ROMの一種であるフラッシュメモリが用いられています。そのほか、CD-ROM・DVD-ROMなどのあらかじめデータが書き込まれた状態で販売されているものもROMの一種です。

しかし、一部スマートフォンのスペック表では、ストレージ容量のことを『ROM』と表記しています。ストレージは、画像・動画・音楽などのデータを保存する領域です。

ROMは、使われる場所によってさまざまな意味を持っています。スマートフォン業界で使われる意味合いから、『保存領域を指す言葉』として使われることも多いようです。

ROMにはHDDとSSDの2種類ある

スマートフォンのストレージが『ROM』だとすると、パソコンの主なストレージはHDDとSSDです。

しかし、コンピューター用語でHDDやSSDのことを『ROM』と呼ぶことはあまりなく、スペック表でも『ハードディスク』『ストレージ容量』『SSD○○GB』のように記載されていることが多いでしょう。

HDDは保存できる容量が多く、比較的安価で手に入ります。ただし、データの読み書きにかかる時間が長く、速度を重視する場合には不向きです。衝撃に弱いことも特徴といえるでしょう。

SSDはHDDより後に普及したストレージで、読み出しが速く高速起動が可能です。HDDに比べると高価で、容量が少ない点はデメリットといえます。

ROMとRAMやCPUとの違い

スマートフォンやパソコンのスペック表には、『RAM』『CPU』という表記があります。特にスマートフォンではROMとRAMがセットで表記されることが多く、違いが気になる人もいるでしょう。RAMとCPUの意味を解説します。

RAMとは

RAMは、『Random Access Memory』の略です。メモリと呼ばれることもあります。

端末内で動くCPUが、作業するときに使う領域です。例えばWebサイトの閲覧やゲームをプレイしているときに、RAMに作業データが保存されます。保存されたデータは作業終了または電源を切ったときに消去され、その都度書き換わるのが特徴です。

RAMの容量が大きいと、一度に多くの処理ができます。複数の作業を並行して行うのも、難しくないでしょう。

CPUとは

CPUは、端末の中枢を担う部分です。マウスやキーボード、メモリなどから命令が入力されると、CPUが演算を行います。CPUの性能によって処理速度が変わり、高性能なCPUほど素早い処理と制御が可能です。パソコンの主なCPUには、Intelの『Coreシリーズ』やAMDの『Ryzenシリーズ』があります。

スマートフォンにもCPUが搭載されており、高いシェアを誇る『Snapdragon』・Apple社の『Aシリーズ』・Samsungの『Exynos』が有名です。パソコンに比べるとメーカーが独自に開発しているものが多く、機種によって搭載されているCPUは異なります。

ROMを増やすメリット

スマホを操作する手元

(出典) pexels.com

ストレージの意味合いで使われる『ROM』には、データを保存できます。端末内のストレージ容量が増えたときの主なメリットを見ていきましょう。

大容量のデータを保存できる

端末を選ぶときは、利用目的に応じたROM(ストレージ)が必要です。ROM容量が大きいほど、大容量のデータを保存できます。

パソコンで一般的な動画を保存する場合、256~512GBが目安です。Webサイトの閲覧や表計算ソフトの使用程度なら、128GBでも足りるでしょう。写真・動画撮影が多い場合は512GB以上の大容量モデルがおすすめです。

スマートフォンの場合、大容量モデルはパソコンと同程度の値段がします。通信会社のセット販売では、256GB程度までが主流です。写真・動画撮影が多い人は、128~256GB程度の中容量を選択しましょう。データをほとんど保存しない場合は、32~64GBの低容量を選ぶと価格を抑えられます。

外部媒体の使用を最小限に抑えられる

ストレージの容量が大きくと、外部媒体の使用を抑えられます。保存容量がなくなると、データの保存ができず外部媒体を使う必要が出てくるのです。データ保存以外に、端末の処理速度にも影響が出るでしょう。

パソコンの場合は、内蔵ストレージの交換か外付けストレージを別途取り付けます。Androidでは、SDカードの使用で保存容量を増やせるでしょう。iPhoneはSDカードの使用に対応していないため、Androidに比べて余裕を持ったストレージの端末を検討しましょう。

ROMを増やすデメリット

スマホのアプリ

(出典) pexels.com

ストレージの意味合いとして使われる『ROM』を増やすと、デメリットもあります。一般的なデメリットを見ていきましょう。端末選びの際は、コスト面も考慮して検討するのが重要です。

コストが高くなる

ストレージの容量が大きい端末は、その分コストが高くなります。パソコンの場合はHDDとSSDで価格の差があるため容量重視の選択もできますが、スマートフォンは容量が多くなるほど価格が上がります。使い切れないほどの大容量を選ぶのではなく、利用目的に合わせた選択がおすすめです。

動画の場合、フルHDや4K動画は多くの容量が必要になり、256~512GBの容量があっても数十時間分しか保存ができません。写真の場合は、同様の容量で数万枚は保存できます。保存したいものが多いときは外部媒体も活用し、容量とコストのバランスが取れたモデルを選択しましょう。

構成/編集部


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。