小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

デノンがDolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhancedなど最新のサラウンドフォーマットに対応したAVアンプ3モデルを発売

2022.09.18

デノンは、AVアンプの新製品として、「9.4ch AVサラウンドレシーバー AVR-X3800H」と「7.2ch AVサラウンドレシーバー AVR-X2800H」を10月下旬、「5.2ch AVサラウンドレシーバーAVR-X580BT」を9月下旬に発売する。価格は「9.4ch AVサラウンドレシーバー AVR-X3800H」が181,500円、「7.2ch AVサラウンドレシーバー AVR-X2800H」が121,000円、「5.2ch AVサラウンドレシーバーAVR-X580BT」が58,300円。

9.4ch AVサラウンドレシーバー AVR-X3800H

9chアンプ内蔵により、単体で4chのハイトスピーカーを含むサラウンドシステムを構築

9chアンプを搭載し、Dolby Atmos、DTS:X、MPEG-4 AACに加え、IMAX EnhancedおよびAuro-3Dにも対応したモデル。9chアンプ内蔵により、単体で4chのハイトスピーカーを含むサラウンドシステムを構築することができる。さらに11.4chまでのプロセッシングに対応しているため、外部パワーアンプを追加すれば最大6chのハイトスピーカーを使用することが可能だ。

また、最大4台のサブウーハーを接続することができ、それぞれのサブウーハーに近くのスピーカーの低域成分を割り当てることができるため、低音の指向性、移動感も正確に再現することができる。

プリアウトは11.4chを装備しており、プリアンプと内蔵アンプを切り離す「プリアンプモード」を使用すれば、内蔵アンプの動作の影響を受けない純度の高い音声信号を外部パワーアンプに出力することが可能。プリアンプモードは全チャンネルを一括で切り替えられるだけでなく、チャンネルごとに個別に設定することもできる。

最大40Gbpsの8K/60Hz、4K/120Hz映像信号のパススルーに対応

さらに、HDMI入力端子6基とHDMI出力端子2基を備え、いずれも最大40Gbpsの8K/60Hz、4K/120Hz映像信号のパススルーに対応しているため新4K8K衛星放送や動画配信サービス、最新ゲーム機の超高精細かつ滑らかな映像美をハイクオリティなサウンドとともに楽しむことができる。

もちろん、ただ単に8Kに対応しただけではなく、明るさと色の表現力を高め、映像のリアリティを向上させるHDR(ハイダイナミックレンジ)については、HDR10、Dolby Vision、HLGに加え、HDR10+やDynamic HDRにも対応。TVからのマルチチャンネルリニアPCM信号やDolby Atmos、DTS:Xなどのイマーシブオーディオ信号の入力を可能にするeARC、ゲーミング&VR体験を革新するALLM、VRR、QFTなどの最新機能もサポートする。

ネットワーク面では、「HEOS」に対応しており、「Denon Homeシリーズ」のスマートスピーカーやサウンドバーなどのHEOS Built-inデバイスをシステムに追加すればワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築することが可能。音楽ストリーミングサービスは、ロスレスやハイレゾに対応するAmazon Music HDをはじめ、AWA、Spotify、SoundCloudをサポート。AirPlay 2にも対応する。

Bluetoothは受信と送信の両方に対応し、Wi-Fiは2.4/5GHzのデュアルバンド、MIMOおよびIEEE 802.11 a/b/g/n/acをサポートする。

そのほか、ローカルネットワーク上のミュージックサーバー(PC / Mac / NASなど)やUSBメモリーに保存したDSDファイルやハイレゾ音源の再生も可能。Amazon Alexaによる音声コントロールにも対応する。

本体サイズはW434×H237×D341mm、質量は12.5kg。

7.2ch AVサラウンドレシーバー AVR-X2800H

Dolby Atmos、DTS:XおよびMPEG-4 AACに対応

7chのアンプを内蔵し、AVR-X2800HはDolby Atmos、DTS:XおよびMPEG-4 AACに対応したモデル。7chアンプにより、2chのハイトスピーカーまたはサラウンドバックスピーカーを含むサラウンドシステムを構築することが可能で、サブウーハーは2台まで接続することができる。

また、HDMI入力端子6基、HDMI出力端子2基を搭載し、そのうち入力端子3基と出力端子2基が最大40Gbpsの8K/60Hz、4K/120Hz映像信号のパススルーに対応。HDRはHDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+、Dynamic HDRをサポートする。

さらに、「HEOS」にも対応し、Amazon Music HD、AWA、Spotify、SoundCloudなどの音楽ストリーミングサービスをサポート。AirPlay 2、Bluetoothによる送受信にも対応する。

加えて、NASやPCなどのミュージックサーバーやUSBメモリーに保存したDSDファイル、ハイレゾ音源の再生も可能。Amazon Alexaによる音声コントロールにも対応する。

本体サイズはW434×H167×D341mm、質量は9.5kg。

5.2ch AVサラウンドレシーバーAVR-X580BT

ホームシアターのエントリーモデルとして最適なモデル

ロスレスサラウンドフォーマットDolby TrueHDおよびDTS-HDに対応した、ホームシアターのエントリーモデルとして最適な1台。サブウーハーは2台まで接続することができる。

また、HDMI入力端子4基とHDMI出力端子1基を装備し、いずれも最大40Gbpsの8K/60Hz、4K/120Hz映像信号のパススルーに対応。HDRはHDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+、Dynamic HDRをサポートする。

さらに、Bluetoothの受信機能を搭載。USBメモリーに保存した音楽ファイルの再生にも対応し、WAV、FLAC、AIFFファイルは192kHz/24bitまで、Apple Losslessファイルは96kHz/24bitまで再生することができる。

本体サイズはW434×H151×D330mm、質量は7.6kg。

関連情報
https://www.denon.jp/ja-jp

構成/立原尚子


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。