小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「iPhone」を海外で使う場合のローミングの設定方法

2022.09.20

日本ではあまり使わないので、〝ローミング〟という言葉は知っていてもその機能や使い方はよくわからない、そんな人は多いはず。そこで、ローミングの使い方や設定方法、キャリアごとの特徴をご紹介します。

iPhoneでも使えるローミングとは?

ローミングは契約しているキャリアの電波が届かない場合に、現地の通信事業者のネットワークを利用して通信を行うことです。この仕組みを利用すれば、契約しているキャリア以外の回線を使い、携帯電話が使用できます。

ローミングによって利用できる機能は、電話、SMS、SNS、メール、地図サービス、ネットブラウジングなどがあります。

ただし、キャリアとの契約によっては、ローミングがオンになっていると知らないうちにローミングを使っていることがあります。国内と同じ感覚で使っていたら、後で高額の請求が来てトラブルになるケースもあるので気をつけましょう。

ローミングを使わずWi-Fiに接続すれば、海外でも節約してiPhoneを使える

長期間海外に滞在する予定だったり、渡航先が定額サービス対象外のエリアだったりした場合は、請求額が高額になる恐れがあります。そんな時は、ローミングの設定を「オフ」にしてWi-Fiに接続すれば、料金をおさえることができます。現地の無料Wi-Fiを利用する方法もありますが、どの場所にでもあるとは限りませんし、セキュリティ面での不安もありますので、Wi-Fiルーターのレンタルサービスを利用するのもよいでしょう。

iPhoneで確認できる現在までのローミング合計とは?

ローミングで使用したデータ通信量を知りたい場合は以下で確認して下さい。動作環境は「iPhone XR」iOS 15.5です。

「設定」>「モバイル通信」をタップし、「モバイルデータ通信」項目の中の「現在までのローミング合計」を確認しましょう。

契約しているプランに利用できるデータ通信量の上限が設けられている場合、ローミング合計が上限を超えると、ローミングが行えなくなったりネットワーク速度が低速化したりする場合がありますのでご注意ください。

モバイルデータ通信の現在までの合計やローミング合計は、同じページの一番下にある「統計情報をリセット」をタップすることで、リセットできます。

iPhoneのローミング設定方法

海外でローミングを使う際は、事前に各キャリアが提供している海外対応のローミングプランに加入する必要があります。

現地に到着したら、「設定」>「モバイル通信」>「通信のオプション」を順にタップし、「データローミング」をオンにします。

【参考】iPhone や iPad のモバイルデータ通信のローミングオプションについて|Apple

ドコモでiPhoneを使っている場合のローミングの利用料金

契約しているキャリアがドコモの場合、海外対応のローミングプランは最大2980円/日の「海外パケ・ホーダイ」が適用されます。20万パケット(約24.4MB)までなら1980円/日の2段階定額で、テザリングも使用可能です。データ通信が必要なアプリをそれほど利用しない予定なら、使う時だけ細かくプランを組める「パケットパック海外オプション」もおすすめです。このプランでは、1時間プラン(200円)、24時間プラン(980円)、3日間プラン(2480円)、5日間プラン(3980円)、7日間プラン(5280円)の5タイプが用意されています。

【参考】
ドコモ 海外パケ・ホーダイ

ドコモ パケットパック海外オプション

auでiPhoneを使っている場合のローミングの利用料金

契約しているキャリアがauの場合、海外対応のローミングプランは「世界データ定額」になります。日本国内で事前予約すると、早割キャンペーンが適用されて490円/24時間で利用料金できます。ただし、早割キャンペーン対象外の国・地域で利用する場合は690円/24時間になります。事前予約しない場合の利用料金は、980円/24時間です。利用は国内での契約条件を満たしている必要があるので、あらかじめ契約前に確認しておきましょう。

【参考】au 世界データ定額

ソフトバンクでiPhoneを使っている場合のローミングの利用料金

契約しているキャリアがソフトバンクの場合、海外ローミングプランとしては「海外あんしん定額」を使うのが一般的です。利用料金は対象国・地域によって変わり、定額国Lの場合、1GBまでの使用が980円/24時間で、2022年8月現在は、ギガ増量中で3GBまで使用できます。さらに、2940円/72時間のプランも選べます。定額国Sの場合は3つのプランが用意されており、1980円/24時間・1MB、9800円/24時間・5MB、1万9600円/24時間・10MBから選べます。

なお、渡航先がアメリカやハワイであれば「アメリカ放題」プランが使えます。このプランが適用されると、データ通信を行うのに利用料金がかかりません。

【参考】
ソフトバンク 海外で使う

渡航先でもそのままスマホを利用できる!大手キャリア3社の海外ローミングサービスを徹底比較

楽天モバイルでiPhoneを使っている場合は国内でもローミングが使える?

楽天モバイルは、自社回線が国内全域をカバーしていないため、楽天回線が届かないところではau回線をローミングすることで通信できるようになっています。提供期間は2026年3月末までとしていますが、楽天回線エリアが広がるにつれて、ローミングエリアは徐々に減少しており、都市部では楽天回線を使用するところが多くなっています。
国内ローミングが利用できるエリアは、Rakuten Mobile公式サイトをご確認ください。

【参考】Rakuten Mobile サービスエリア

楽天モバイルでiPhoneを使っている場合のローミング設定

iPhone12以降に発売されたiPhoneシリーズで、かつiOS14.4以降のものであれば、ローミング設定は自動で切り替わります。自動で切り替わらない場合は、モバイルデータ通信を一旦オフにし、その後10分待ってから再びモバイルデータ通信をオンにしてください。

【参考】
楽天モバイルの4G人口カバー率が96%に到達、予定より4年前倒しで達成

楽天モバイルでiPhoneを使っている場合の、海外ローミング

楽天モバイルでは、世界66の国と地域で定額通信ができます。2GBまでは無料で利用でき、データ容量を追加したい場合は1GBごとに500円かかります。有効期限は購入日を含めて31日間です。

海外ローミングが利用可能な国・地域はRakuten Mobile公式サイトをご確認ください。

【参考】Rakuten Mobile ご利用可能な国・地域

海外へ行く前にローミングの準備を

海外ローミング専用の定額プランなどを契約せずに使うと、高額な料金が発生する場合もあります。海外へ出発する前に各種ローミングプランを契約し、ローミングの設定方法を確認しておきましょう。利用料によって契約するプランの内容を変えたりWi-Fiを利用したりすれば、費用をおさえることも可能です。利用条件によって最適なプランを選び、海外でも快適にネットが使えるようにしましょう。

※データは2022年9月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。