小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone 13に続いてiPhone 14でも採用されることはなかった「指紋認証」の行方

2022.09.16

新型「iPhone 14」シリーズに期待された機能のひとつに〝指紋認証〟があります。しかし、2022年9月8日に発表されたiPhone 14シリーズに指紋認証は搭載されませんでした。

指紋認証は2021年9月に登場した「iPhone 13」シリーズへの搭載も期待されていましたが、実装されませんでした。果たして今後、新しいiPhoneには指紋認証が採用されないのでしょうか?

最初に指紋認証機能「Touch ID」を搭載したiPhoneは「iPhone 5s」

iPhoneで最初に指紋認証が使えるようになったのは、2013年9月に発表された、「iPhone 5s」でした。

「iPhone 5s」

指紋でロック解除ができ、さらにセキュリティ機能、Apple IDを使ったコンテンツ決済に対応した指紋認証機能「Touch ID」は、ユーザーの高い支持を集めました。同時発表の「iPhone 5c」には残念ながら搭載されませんでしたが、以後のiPhoneのホームボタンには、指紋認証機能「Touch ID」を搭載するのがスタンダードになったのです。

「iPhone 5c」

最初に顔認証機能「Face ID」を搭載したiPhoneは「iPhone X」

〝iPhoneの顔〟とも言えた丸くて大きなホームボタン。これをなくした最初のiPhoneは、2017年9月に登場した「iPhone X」でした。

「iPhone X」

「iPhone X」は次世代型のiPhoneとして数々の新機能を採用しました。有機ELの画面周囲にあるベゼルを細くし、スッキリしたデザインを採用。そして、画面上部に〝ノッチ〟と呼ばれる切り欠きを持たせ、そこにTrueDepthカメラを使って、ロック解除、認証、支払いができる「Face ID」を搭載しました。

ユーザーが自分の顔を登録すると、画面を見るだけでロック解除などができる顔認証機能「Face ID」は、以降のiPhoneのスタンダードな仕様となり、ホームボタンがないiPhoneが当たり前になっていきました。

現行のiPhoneで指紋認証機能「Touch ID」を搭載するのは「iPhone SE(第3世代)」

「iPhone 8/8 Plus」以来途絶えていた、指紋認証機能「Touch ID」搭載のiPhoneですが、2020年4月に登場した「iPhone SE(第2世代)」で復活しました。

「iPhone SE(第2世代)」

そして、コロナ禍で世界的にマスクが常用されるようになり、マスクを外さずロック解除などが可能な指紋認証機能「Touch ID」の利便性が見直され、2022年3月に登場した現行の「iPhone SE(第3世代)」にも搭載。引き続き人気を博すことになりました。

「iPhone SE(第3世代)」

iPadの指紋認証機能「Touch ID」はどうなってる?

ところで、iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズに指紋認証機能が搭載されると期待されたのは、「iPad mini(第6世代)」「iPad Air(第5世代)」のTouch IDを搭載した〝トップボタン〟が理由の1つです。

iPad Air(第5世代)のボタンとコネクタ。②がTouch IDを搭載したトップボタン

両モデルとも前面にホームボタンを持ちませんが、トップボタンに指紋認証機能「Touch ID」を搭載しています。この機能をiPhoneに応用してくるのでは……そんな期待が膨らんだのです。

「iPhone 15」(仮)シリーズ、「iPhone SE(第4世代)」(仮)は指紋認証機能「Touch ID」を搭載する?

少し気が早いですが、2023年9月、2024年3月に登場が期待される「iPhone 15」(仮)シリーズ、「iPhone SE(第4世代)」(仮)は、指紋認証機能「Touch ID」を搭載するのでしょうか?

こちらについては微妙です。というのも、iPadシリーズのトップモデル、「iPad Pro」シリーズは顔認証機能「Face ID」を搭載しますが、指紋認証機能「Touch ID」は非搭載。つまり、アップルは今のところ1つのモデルに「Face ID」と「Touch ID」を併用しない方針だからです。そのため、iPhone 15(仮)は「Face ID」のみとなる可能性が高いです。

一方、iPhone SE(第4世代)ですが、ホームボタンを搭載する現行のボディは、2014年9月に登場した「iPhone 6/6 Plus」の流れを汲むもので、2024年で10年が経とうとするロングセラー。そろそろ新しいデザインの採用が、商品力として必要になってくるのではないかと思われます。筆者的には「iPhone 13 mini」をベースにするのではないか? と予測しています。その場合は「Face ID」搭載が順当ではないでしょうか?

「iPhone 6」

「iPhone 13 mini」

iPhone 14シリーズが搭載を見送ったことで、指紋認証機能「Touch ID」がホームボタンを持たないiPhoneに採用される可能性は、かなり低くなったと思われます。しかし、アップルは世間の期待とは違う製品を登場させ、ユーザーを驚かせてきた歴史を持つメーカーです。ボタンとは異なる手法で指紋認証機能が復活する可能性はゼロとは言えないでしょう。今後のiPhoneの進化に期待しましょう。

※データは2022年9月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。