小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インストール前にチェックしたい「Windows 11 互換性チェックプログラム」の使い方

2022.09.13

IB Photography / Shutterstock.com

 Windows 11は、Windows 10までと比べて動作要件が多岐にわたっており、PC上級者でも手持ちのPCが要件を満たすかどうかの判断が難しくなっている。こういった状況に対応するためマイクロソフトは、手持ちのPCがWindows 11の動作要件を満たすかどうか、誰でも簡単に確認できるように、「Windows 11 互換性チェックプログラム」を配布している。そこで、Windows 11 互換性チェックプログラムの使い方を紹介する。

Windows 11 互換性チェックプログラムのインストール手順

 Windows 11 互換性チェックプログラムは、マイクロフトのホームページ内にあるWindows 11情報ページからダウンロードできる。そのページにアクセスすると、ページの下方に「互換性の確認」と書かれた項目がある、そこにある「PC 正常性チェック アプリのダウンロード」と書かれたリンクをクリックすると、Windows 11 互換性チェックプログラムがダウンロードされる。

Windows 11 互換性チェックプログラムは、マイクロソフトのホームページからダウンロードできる

「PC 正常性チェック アプリのダウンロード」と書かれたリンクをクリックすると、Windows 11 互換性チェックプログラムがダウンロードされる

手順1 Windows 11 互換性チェックプログラムを起動する

 ダウンロードされたファイルは、Windows 11 互換性チェックプログラムのインストーラで、ファイル名は「WindowsPCHealthCheckSetup」。そのファイルを起動することで、Windows 11 互換性チェックプログラムがPCにインストールされる。通常、ダウンロードしたファイルは、「ダウンロード」フォルダに保存されるので、エクスプローラでダウンロードフォルダを開き、WindowsPCHealthCheckSetupをダブルクリックして起動する。

ダウンロードフォルダに保存されている「WindowsPCHealthCheckSetup」ファイルをダブルクリックして起動する

手順2 Windows 11 互換性チェックプログラムのインストール

 WindowsPCHealthCheckSetupファイルを起動すると、Windows 11 互換性チェックプログラムのインストールが開始される。ただ、インストール中に何か入力などを行う必要は一切なく、自動的にインストールが進んでいく。そのため、インストールが終了するまで待っているだけでいい。無事にインストールが完了すると、Windows 11 互換性チェックプログラムが自動的に起動する。

Windows 11 互換性チェックプログラムのインストールは、入力作業が発生することなく、自動的に行われる

インストールが完了すると、Windows 11 互換性チェックプログラムが自動的に起動する

手順3 Windows 11 互換性チェックプログラムを利用した互換性チェックの方法

 Windows 11 互換性チェックプログラムを利用した互換性チェックの方法は、非常に簡単だ。起動したWindows 11 互換性チェックプログラムの上部にある「今すぐチェック」と書かれたボタンをクリックする。するとプログラムがPCの情報をチェックし、互換性があるかどうかすぐに表示される。

 「このPCはWindows 11の要件を満たしています」と表示された場合は、PCがWindows 11の動作要件を満たしており、Windows 11が動作することを示す。この表示が確認できれば、そのPCをWindows 11にアップグレードして利用可能だ。

起動したWindows 11 互換性チェックプログラムの上部にある「今すぐチェック」と書かれたボタンをクリック

手順3 Windows 11 互換性チェックプログラムで「このPCではWindows 11を実行できません」と表示された場合

 「このPCではWindows 11を実行できません」と表示された場合は、そのPCが動作要件を満たしておらず、Windows 11が動作しないことを示す。

 ただ、実際はそのPCがWindows 11動作要件を満たしているにも関わらず、BIOSでセキュリティ機能の設定がオフになっていたりすると、要件を満たしていないと判断され、「このPCではWindows 11を実行できません」と表示されてしまうことがある。

 多くの場合、利用しているPCの製造メーカーが、それぞれのホームページで対処方法を詳しく公開している。そちらを参考にしつつ対処することで、問題が解決する場合もある。

「このPCではWindows 11を実行できません」と表示された場合は、そのPCが動作要件を満たしておらずWindows 11が動作しないことを示すが、対処できる場合もある

 

Windows 11 互換性チェックを回避してWindows 11にアップグレードする方法

 基本的に、Windows 11 互換性チェックプログラムで要件を満たさないと表示されたPCでは、Windows 11へのアップグレードが行えなくなっている。しかし、そういった要件を満たさないPCでも、無理やりWindows 11にアップグレードする方法がある。

 その方法とは、「レジストリ」の内容を編集する、というものだ。レジストリには、PCの様々な情報が登録されており、その中に、Windows 11の要件に関する情報も登録されている。その情報を編集して、実際は要件を満たしてない部分を、要件を満たすと書き換えることで、Windows 11へのアップグレードを可能にするというものだ。

 ただし、この方法でWindows 11にアップグレードした場合には、利用時に不具合が発生する可能性がある。また、マイクロソフトがこの方法でインストールしたWindows 11をサポート対象外とする可能性もある。

 そしてなにより、レジストリを編集するというのは、非常に危険な行為だ。もし間違った編集をしてしまうと、最悪Windowsが正常に起動しなくなってしまう場合もある。

 これは、PC上級者向けの方法なので、ここではあえて詳しい手順は紹介しない。加えて、この方法のWindows 11へのアップグレードは、すべて自己責任となる。そのため、少しでも不安があるなら、試さない方が無難だ。

※データは2022年9月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/平澤寿康


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。