小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「デートDV」に該当するのはどんな行為?加害者の法的責任と被害を受けた時の相談先

2022.09.06

恋人を独占したい、思い通りにしたいなどの感情は、しばしば「デートDV」に発展します。

デートDVは、不法行為・ストーカー行為などの違法行為に該当するケースも多いです。もしご自身やご家族がデートDVの被害に遭っているようであれば、行政の窓口や警察へご相談ください。

今回はデートDVについて、問題行動の例・加害者の法的責任・相談先などをまとめました。

1. デートDVに当たる問題行動のパターン

デートDVとは、交際相手や元交際相手から受ける暴力のことです。

デートDVに当たる問題行動は、主に以下の4つに分類されます。

・精神的な暴力
・身体的な暴力
・経済的な暴力
・性的な暴力

1-1. 精神的な暴力

交際相手や元交際相手を人として尊重せず、暴言や行動制限などによって精神的なダメージを与える行為は、デートDVに該当します。

(例)
・大声で怒鳴る
・侮辱する
・交友関係を制限する
・無視する
・行動を監視、制限する
・メールなどをチェックする

1-2. 身体的な暴力

他人に対する暴力は、正当防衛などのごく限られた場合を除いて許されません。交際相手や元交際相手に対して暴力を働いた場合、デートDVに該当します。

(例)
・殴る
・叩く
・蹴る
・腕を掴む
・髪を引っ張る
・物を投げつける
・刃物を突きつける

1-3. 経済的な暴力

交際相手に不合理な経済的負担を強いる行為や、自分に対して経済的に依存させようとする行為などは、デートDVに該当します。

(例)
・借りたお金を返さない
・不本意に仕事を辞めさせる、働くことを禁止する
・お金があるのに、デート費用を全く払おうとしない
・(同棲中の場合)お金があるのに、生活費を渡さない
・貯金を勝手に使う

1-4. 性的な暴力

恋人同士であっても、相手と性的な行為をするかどうかは、自分自身で決めるべき事柄です。交際相手や元交際相手に対して、性的な行為を強要した場合はデートDVに該当します。

(例)
・性行為を強要する
・避妊に協力しない
・アダルトビデオなどの視聴を強要する
・嫌がっているのに裸体などを撮影する
・人工妊娠中絶を強要する

2. デートDVが該当し得る違法行為

デートDVは、以下に挙げる各種の違法行為に該当する可能性があります。

2-1. 不法行為

デートDVによって精神的なダメージを受けたり、うつ病や急性ストレス障害に罹患したりした場合は、加害者に不法行為が成立します(民法709条)。

被害者は加害者に対して、デートDVにより被った損害につき、不法行為に基づく賠償を請求することができます。

2-2. つきまとい等・ストーカー行為

恋愛感情などを充足する目的で、交際相手や元交際相手に対して以下のような行動を取った場合は「つきまとい等」に当たります(ストーカー規制法2条1項)。

・つきまとう
・待ち伏せする
・家の付近をうろつく
・行動を監視している旨を告げる
・拒否されているのに面会を要求する
・著しく粗野、乱暴な言動をする
・無言電話をかける
・拒否されているのにメールを送り続ける
など

つきまとい等は公安委員会による禁止命令等の対象となるほか(同法5条)、繰り返した場合は「ストーカー行為」に該当し、刑事罰の対象となります(同法2条4項、18条)。

2-3. 各種の犯罪

デートDVは、以下に挙げる犯罪に該当するケースもあります。

①侮辱罪
公の場で交際相手や元交際相手を侮辱した場合、侮辱罪として「1年以下の懲役もしくは禁錮もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料」に処されます(刑法231条)。

②暴行罪・傷害罪
交際相手や元交際相手に暴力を振るった場合、暴行罪として「2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料に処されます(刑法208条)。
また、暴力によって交際相手や元交際相手にケガをさせた場合、傷害罪として「15年以下の懲役または50万円以下の罰金」に処されます(刑法204条)。

③窃盗罪・横領罪
交際相手や元交際相手のお金を勝手に盗んだ場合、窃盗罪として「10年以下の懲役または50万円以下の罰金」に処されます(刑法235条)。
また、交際相手から管理を任されていたお金を、委託の趣旨に反して使い込んだ場合、横領罪として「5年以下の懲役」に処されます(刑法252条1項)。

④強制わいせつ罪・強制性交等罪
交際相手や元交際相手に対して、暴行または脅迫を用いてわいせつな行為をした場合、強制わいせつ罪として「6か月以上10年以下の懲役」に処されます(刑法176条)。
また、交際相手や元交際相手に対して、暴行または脅迫を用いて性交・肛門性交・口腔性交のいずれかを行った場合、強制性交等罪として「5年以上の有期懲役」に処されます。

3. デートDV被害の主な相談先

ご自身やご家族がデートDVの被害に悩んでいる場合、すぐに「DV相談ナビ」や警察へご相談ください。

①DV相談ナビ
全国共通の電話番号(#8008)にダイヤルすれば、最寄りの相談機関の窓口に相談することができます。
参考:DV相談について|男女共同参画局

②警察
犯罪に当たるデートDVについては、警察に相談すれば取り締まってもらえる可能性があります。

取材・文/阿部由羅(弁護士)
ゆら総合法律事務所・代表弁護士。西村あさひ法律事務所・外資系金融機関法務部を経て現職。ベンチャー企業のサポート・不動産・金融法務・相続などを得意とする。その他、一般民事から企業法務まで幅広く取り扱う。各種webメディアにおける法律関連記事の執筆にも注力している。東京大学法学部卒業・東京大学法科大学院修了。趣味はオセロ(全国大会優勝経験あり)、囲碁、将棋。
https://abeyura.com/
https://twitter.com/abeyuralaw


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。