みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >多機能で高音質でカッコイイ! OPPO…

多機能で高音質でカッコイイ! OPPOのDAC内蔵ヘッドフォンアンプ『HA-1』(2014.06.24)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多機能で高音質でカッコイイ! OPPOのDAC内蔵ヘッドフォンアンプ『HA-1』

■Introduction

理想のヘッドフォンアンプについて考察してみると、まず、バランス入力と出力対応。ゲイン切り替えがある。高品質なボリューム機能。出力がスルーできる機能があればベスト。そんなシンプルな構成を考えていたら、アメリカのOPPOより、全ての条件を満たした製品『HA-1』が登場した。さらにESS/ES9018 Sabre32を採用したDAC内蔵で、PCM/384kHz、DSD/11.2kHz対応。Bluetooth接続対応、iPhoneで操作できるリモコンアプリがあり、赤外線方式のリモコン付属、4.3インチ液晶ディスプレイ搭載という多機能ぶりである。DACにES9018を採用しているのが興味深い。バランス出力には4ピンXLR端子を採用。豊富なデジタル入力+アナログ入力があるので、プリアンプとしての実力も知りたいと思い借用を申し込んだ。同社オンラインショップで15万5000円(税別)とスペックから見ると魅力的なプライスが付けられている。

■Design

デザインはクールでデスクトップに置きたくなるが、奥行きが333mmもあるのでちょっと厳しいかもしれない。ちなみに幅254mm、高さ80mm、重さ5.9kgである。まず最初に目を惹くのは大型の液晶ディスプレイだ。モノクロに見えるが、スペクトラム表示にするとピークが赤で表示された。VUメーターもピークと針は赤で表示される。ちなみにボリューム表示は青だ。左側にはSauceと書かれた、プッシュできるセレクターがあり、右側の大きなダイアルがボリュームとなる。回し心地は最初にわずかな抵抗感があり、その後、ククッと回る。もう少しなめらかさが欲しい。この時には液晶表示がボリュームのアイコンになり音量がマイナスdB表示される。トップパネルは手前がメッシュになっている。クラスAアンプ採用だけあって、この辺りはほんのりと温かくなる。放熱を妨げないようなセッテイングが必要だろう。消費電力はスタンバイで0.5W、作動時70Wとかなりの大食いだ。

1 2 3 4 5 6 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。