小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

米国で起こった父親殺害事件の裏側に迫るNetflixのドキュメンタリー「今、父を殺しました-ある虐待少年の叫び-」

2022.08.24

家庭は、本来子どもにとって安全基地でなければならないはずの場所だ。しかし一部の子どもにとっては、危険な場所でしかない。

他人の目が届きにくい家庭の中で、子どもが自分の身を親から守る方法は、非常に限られている。

2022年8月9日よりNetflixで独占配信中の『今、父を殺しました -ある虐待少年の叫び-』は、アメリカで製作されたドキュメンタリー。

監督は『白昼の誘拐劇』のスカイ・ボーグマン。

あらすじ

2019年6月3日。アメリカの閑静な住宅街に住んでいた17歳の少年アンソニー・テンプレットは、実父バートを銃で殺害後に自ら警察に通報、逮捕された。

アンソニーには継母がいたが、事件の半年前から別居しており、事件当時はアンソニーと父親の二人暮らしだった。

警察の捜査と裁判によって明らかになったのは、アンソニーの過酷な生い立ち、そして数世代にわたる虐待の連鎖。

なぜアンソニーは、殺人事件を起こすまで追い詰められたのか。

どこにも逃げ場はなかったのか。誰からも救いの手は差し伸べられなかったのか。

本作では、アンソニー本人とその家族、警察、検察、弁護士、その他専門家らへの独占インタビューを中心に事件の背景を掘り下げている。

見どころ

「もの静かで行儀のいい若者」「感情が分かりにくい」

これが、第三者から見たアンソニーの印象だ。

事件当時、現場である家の中にいたのはアンソニーと父親の2人だけ。

密室の中、実際にどのような経緯で父親が殺害されたのかを知るのは、加害者であるアンソニーのみ。

本当に強い殺意がアンソニーにはあったのか、それとも自分の命を父親から守るためにやむを得ず発砲した“正当防衛”だったのか。

限られた証拠から専門家が推測するしかないのだが、アンソニー本人は事件後のインタビューの中でも改めて殺意を否定している。

暴力的で感情をコントロールできない父親から長年にわたって精神的・肉体的に虐待されてきたアンソニーにとって、事件は2019年6月3日だけに起こったものではないのだろう。

そして実はこの事件の背景には、“実子誘拐”という衝撃的な事実があったことも明らかになる。

学校に通わせてもらえず、母親の名前も顔も知らず、父親によって何台もの防犯カメラやGPSで常に監視されていたアンソニー。

息子に対する異常なまでの執着心と独占欲は、“子の幸せを第一に願う”本物の愛情とは明らかに異なる。

アンソニーが「子ども時代を父に盗まれた気がする」と心情を吐露する場面は、淡々とした口調だけに余計に痛々しく感じられた。

Netflixシリーズ『今、父を殺しました -ある虐待少年の叫び-』
独占配信中

文/吉野潤子

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。