小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あなたは野球派?それともサッカー派? 好きな野球選手1位は大谷翔平、サッカー選手1位は?

2022.08.21

飲み会での会話や日々の雑談のなかで、「野球派」か「サッカー派」かという話題になることは少なくない。

このほどCCCマーケティング株式会社は「野球vsサッカー」をテーマに、野球やサッカーの試合を観戦することが好きな18~79歳の男女1504名を対象にオンラインでの調査を実施した。

「野球派」は5割 「サッカー派」は3割 「両方派」は2割

まず、野球とサッカーの観戦についてどちらが好きかを聞いたところ、「野球観戦」と回答をした人が48.2%、「サッカー観戦」と回答した人が28.0%、「どちらの観戦も好き」と回答をした人が23.8%となり、全体としてみるとサッカー派より野球派が多い結果に。年代別で見てみると、年齢層が高くなるほど野球派が多いことが分かった。

好きな理由、野球もサッカーも同じく「見ていて白熱したり感動したりするから」

また、野球派とサッカー派(両方派は野球派とサッカー派それぞれに含む。以下同様)に好きな理由を複数選択で聞いたところ、野球とサッカーともに1位は「見ていて白熱したり感動したりするから」(野球は32.0%、サッカーは24.9%)、2位は「試合の展開が面白いから」(野球は24.6%、サッカーは19.2%)が選ばれ、野球の3位は「応援しているチームがあるから」(24.3%)、またサッカーの3位は「スピード感があるから」(13.8%)となった。

この結果から、野球とサッカー共に「試合の展開が面白いから」を超えて「見ていて白熱したり感動したりするから」が選ばれていて、スポーツが持つ“人の心を動かす”という力が競技に関わらず影響を与えていることが分かる。

野球好きは家族からの影響も大きい

続いて、野球やサッカーを好きになった最大のきっかけを一つ選んでもらったところ、野球で最も多かった回答は「親や家族が好きで影響を受けて」(24.1%)、続いて「テレビで試合を見て」(21.4%)、「地元のチームだから」(9.7%)だった。

一方、サッカーで最も多かった回答は「テレビで試合を見て」(26.3%)、続いて「親や家族が好きで影響を受けて」(11.0%)、「友人・パートナーが好きで影響を受けて」(10.7%)だった。この結果から、90年代に本格化したサッカーに比べて、日本のスポーツ界で古くから親しまれている野球は歴史が長いこともあり、親や家族の影響を受けやすいことがうかがえる。

好きなカテゴリ、野球1位は「プロ野球」、サッカー1位は「日本代表チーム」

きっかけは違えども、選手がもたらす“感動”が野球やサッカーへの好きな気持ちを高まらせていることに変わりはない。そこで、野球派とサッカー派にそれぞれどのチームが好きであるかを複数選択で聞いた。

まず野球では、半数以上に選ばれた1位は「プロ野球」(63.0%)、2位は毎年歴史的な試合が繰り広げられる「高校野球」(42.2%)、そして3位は日本人の活躍が目覚ましい「メジャーリーグ」(23.7%)となった。

続いて、サッカーで選ばれたチームは、W杯が近づいてニュースを聞く日が増え始めている「日本代表チーム」(39.6%)、2位は若手選手の活躍が目立つ「Jリーグまたは国内サッカー」(25.3%)、そして3位は数々のスター選手で人気のある「海外サッカー」(19.3%)だった。

一年間に使う金額、野球「15,458円」、サッカー「15,770円」

コロナ禍でジワジワと入場制限が緩和されている野球やサッカー。野球派、サッカー派がそれぞれ年に何回ぐらい試合を観戦して、どのくらいのお金を使っているのかをはかるため、観戦回数と金額を自由回答で聞いた。

その結果、一年間に野球を観戦する回数は平均で「2.34回」、野球のために使うお金は年平均で「15,458円」となった。一方のサッカーでは、一年間にサッカーを観戦する回数は平均で「2.23回」、サッカーのために使うお金は年平均「15,770円」となり、野球もサッカーもどちらもそこまで大きく違いがないことが分かった。

人気No.1の野球選手は「大谷翔平」、サッカー選手は「久保建英」!

最後に、野球派の人に好きな野球選手と球団を、サッカー派の人に好きなサッカー選手とサッカーチームを自由回答で聞いた。

野球選手では、MLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属する二刀流で大人気の「大谷翔平」がNo.1に選ばれた。球団でNo.1に輝いたのは、セ・リーグで現在2位につける日本一熱いファンを持つといわれている「阪神タイガース」だった。

一方のサッカーでは、人気No.1に選ばれたのは、10歳で世界トップチームのバルセロナの下部組織でプレーし、現在はスペインのレアル・ソシエダードで活躍するMFの「久保建英」だった。サッカーチームでは、Jリーグや海外サッカーを抑えて、今年のW杯への期待が高まる「日本代表」がNo.1の人気チームに選ばれた。

【調査概要】
調査方法:インターネット (Tアンケート)
調査期間:2022年6月24日(金)~7月1日(金)
調査地域:全国
調査対象:18~79歳の男女(T会員)
サンプル数:1,504名

構成/オニザワミカ


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。