小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

紙やタブレットに書いたメモをクラウドにアップできるB-Pad+DIGIPEN+DIGIPADの使い勝手が最高だった!

2022.08.18

多くのビジネスパーソンが抱える悩みとして、

・議事録に時間を費やしてしまう
・大量のノートや紙の管理、持ち運びが大変
・従来のノートのデジタル化商品は重くて書き味がもうひとつの製品があった
・毎日モニターを見続けていると目が疲れてしまう

が挙げられるかと思います。

筆者もそのひとり。最近は仕事のメモを取ることもおっくうになり、誰か代わりに書いてくれないかなあ、と思う日々です。

ここだけの話、iPad mini第5世代とApple Pencilを持っていますので、それでメモを書けばいいのですが、いざ急にメモを取ろうとすると、iPadのスリープをいちいち解除してすぐにメモを取ろう……と思ったらApple Pencilのバッテリーの方が空だった、なんてシチュエーションがあります。

もしもの時にも素早くメモが取れて、書かれた内容をAIが自動的に検知して記録を残し、おまけに自動でテキスト化や翻訳をしてくれる、高性能で高機能なメモやペン&パッドは存在しないでしょうか……?

……ということで、早速そういったものがあるかどうかを調べてみることとなりました。そしてついに見つけました。

紙やPADに書いたメモがデジタル化する「N-Pad+DIGIPEN+DIGIPAD」とは?

2022年8月中旬現在、クラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGで支援募集中の「right DIYが提供する「B-Pad+DIGIPEN+DIGIPAD」は……。

・スマートノート「B-Pad」
・スマートペン「DIGIPEN」
・デジタルバッド「DIGIPAD」

が三位一体攻撃で、使う人のハートを直撃するハイテク世代のメモ系ガジェットです。

その結果……。

・リモート会議
・オンライン学習
・手書きをしたい
・毎日のTo-do-listを保存したい

人に最適です。では実際に使って試してみましょう。

紙に書いたメモがデジタル化する「N-Pad+DIGIPEN」でお絵描きしてみた!

専用のスマホアプリをインストールしてみましょう。アプリ名がしばらくわからずに焦りましたが、GREEN FUNDINGの商品サイトの下の方にQRコードが表示されていました。

スマホとスマートペンをアクティベートしておきましょう。何と言ってもこのDIGIPENは……。

・手書き文字のデジタル変換
・キーワード検索機能あり
・60言語対応
・1024レベル筆圧センサー
・大容量内蔵ストレージ
・長時間バッテリー
・録音機能
・多種ファイル出力対応

……な優れものです。

ほぼ間違いなく認識ができました。これは驚異です。

では次に、「N-Pad+DIGIPEN」にて、紙のメモに書いたイラストが本当にデジタルで取り込まれるのか実際に試してみましょう!

まずは描きはじめ。ちゃんと取り込めています。

どんどん書き進めていきましょう。ペンの中には1000ページ分のデータを保存可能です。スマホとアクティベートする時間もヒマもない時には助かりますね!

だいぶできあがってまいりました。

できた! 可愛いでしょ。これなら自筆のアナログコンテンツを全てデジタル化するのも夢ではありません。そのためには専用のノートとペンとスマホとスマホを操作する人が必要ですが……。

デジタルパッドで書いたメモがデジタル化(ある意味アタリマエ)する「DIGIPAD+DIGIPEN」でお絵描きしてみた!

では次に「DIGIPAD+DIGIPEN」にて、デジタルパッドに書いたイラストが本当にデジタルに取り込まれるのかどうか試してみましょう。 まあ紙のメモをデジタル化するよりは「しきい値」が低そうです。まずはペン先をボールペンの芯から、スタイラスの芯に取り替えます。

さて描きはじめ。ちゃんと取り込めています。

どんどん書き進めていきましょう。

できました! 画面下の方のボタンを押すと、ペンの色や線の細さや太さなども変えられます。「DIGIPEN」には1024段階で筆圧を感知するセンサーと、毎秒200フレーム以上で手書きした内容を撮影するカメラが搭載されているので、この描画再現度の正確さが保たれているのです。

手書き文字を文字認識してみました。

「手書き認識」ボタンをポチッと押します。

見事に手書き文字が認識されました! お見事! ちなみにこのアプリからは……。

・タグ検索機能
・単語検索機能

が利用可能なので、データの内容を検索しまくれば、色々と役に立つこと受け合いです。しかもクラウドストレージにも自動的にアップロード可能なのは喜ばしいですね。これならテレワークやDX、SDGsにも最適です。数式も認識可能ですし、翻訳機能まであります。至れり尽くせりですね!

デジタルによる業務効率化が叫ばれている中、メモ書きについてもこれまでのスタイルを見直し、ハイテク化を心がけ、来るべき新時代に備えたいものですね。

「B-Pad+DIGIPEN+DIGIPAD」の主な仕様

DigiPen
接続:省エネBluetooth 4.2
サイズ:16.35×1.33×1.33cm
プレッシャーレベル:1024
メモリ:32MB(A5サイズ1000ページまで)
充電時間:2.0時間
使用時間:8.2時間
重量:20g

B-Pad
ページ:64ページ
サイズ:A5・3号:210×148mm
仕様:図や表が書きやすい5mm方眼罫

DigiPad
サイズ:10インチ
重量:207g

参考動画

参考サイト
https://greenfunding.jp/lab/projects/6249

【FURUの本音ジャッジ】
サイズ・重量   ★★★★★
操作性      ★★★★
利便性      ★★★★★
動作速度     ★★★★
価格       ★★★★★

文/FURU

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。