小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

海外に行くなら一番安いのはどこ?日本発の最強コスパLCCを調べてみた

2022.10.30

ZIPAIR

コロナ禍の落ち着きが見えてきたものの、航空券や燃油サーチャージの高騰など、海外旅行を考える人にはかなりの負担がかかる。そんな中、心強い味方になるのが2020年に就航した国際線LCC「ZIPAIR」だ。コスパ抜群の和製LCCを利用した鳥海さんがその安さと魅力を徹底解説!

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2022年6月30日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

ZIPAIRとは?

2018年7月にJALが国際線中長距離LCCとして設立。ボーイング787型機で2020年5月に成田~バンコク線でデビュー予定だったが、コロナ禍で貨物専用便として異例の初便に。その後、ソウル線で旅客便の運航を開始。太平洋を越える初のLCCとして昨年12月にロサンゼルスに就航した。

ZIPAIRとは?

安さのワケ

座席数をJAL時代より4割増やすことで安さを実現!

1席当たりの稼働率を上げたことが安さの秘密で、JAL時代は同型機で206席だったのを290席に。ギャレー(CAの作業ルーム)を1か所減らし、座席配置を工夫したことで、シートピッチを確保したうえで座席数を増やせた。

注意ポイント

一度予約をしたら変更・キャンセルは不可!

ZIPAIRの航空券は予約・決済した後の払い戻しは、韓国線の一部を除いて原則不可(空港税などのみ払い戻し)。日付変更・名義の変更もできない。記名式のコンサートやスポーツチケットと同様のスタンスで購入する必要がある。こうして売り切ることにより、安い運賃を提供する。

就航路線は5つ!

すべて成田空港発着でホノルル、ロサンゼルス、ソウル、バンコク、シンガポールの5路線を運航する。今年12月にアメリカのサンノゼにも就航予定。燃油サーチャージは運賃に含んでおり、機内食・座席指定などのオプションはすべて有料だ。

ZIPAIR

※運賃はオプションを含まない片道の最安値(2022年6月30日調査)

鳥海さんが使って納得!ZIPAIRで行く超コスパLA紀行

ZIPAIRでロサンゼルスまでLCCとは思えないほど快適

 JALグループの国際線LCC「ZIPAIR」で4月上旬、エンゼルスの大谷翔平選手の開幕戦を見ることを目的にロサンゼルスへ飛んだ。片道単位での購入となり、エコノミークラス相当の「Standard」は約4万円、ビジネスクラス相当の「ZIP Full-Flat」は約10万円(ともに片道)だったので今回は「ZIP Full-Flat」を利用。ビジネスクラスでも機内食は有料で、座席だけがグレードアップ。機内食は私が利用したLCC史上で最もおいしかった。

 また、何よりも機内インターネットサービスが無料なのだ! Wi-Fiを使った機内エンタメも含め、シートモニターがなくても快適だった。エコノミーにも座ってみたが、それほど狭くなく十分に快適といえる。〝自分に合った空旅〟として選択肢に入れてみては?

ZIPAIR

フルフラットシートのビジネスクラス、ロサンゼルスまで片道10万円台で利用。機内食もすべて有料だったがシートの快適さはフルサービスと同じ。

ZIPAIR

シートモニターはないが、無料Wi-Fiを使ってネット接続ができるのはうれしい。さらにWi-Fiの機内コンテンツも充実しており、映画やビデオプログラムを楽しめる。

ZIPAIR

ZIPAIRの機内食で一番高額な「国産うなぎのふっくら鰻丼」(2600円)。ひいき目なしにLCCの中で最も高クオリティーなので、オプションにして頼む価値がある。

ZIPAIR

機内食はオプション制のおかげで充実している。さっぱりした機内食を楽しみたい人に「彩鮮やか鮭ご飯のちらし寿司」(1700円)がおすすめ。また「広げて楽しむ13品目のサラダ」(1400円)も人気だ。

取材・文/編集部

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2022年6月30日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

DIME9・10月号は空旅VS鉄旅の大特集、豪華付録「卓上型USBパワフル扇風機」も付いてくる!

DIME9/10月号の付録は、卓上型USBパワフル扇風機! 卓上に置いて使ってもよし、大型のクリップで挟んで使ってもよしの、実用性の高いアイテムです。 扇風機の羽根部分は、縦横360度、好きな角度にできるため、デスク、パソコン、作業場、テント、キッチン、洗面所、クルマ、寝室など、好きな場所に設置して使えるのが便利。 特に、テントや倉庫、ガレージなど、部屋の冷房が届かない場所で使うと、とても重宝します。
また、モバイルバッテリーがあれば、リュックやカバンに固定して移動することもできるので、暑い日のハイキング、ウォーキング、通勤に携帯することも可能です。 そして、風力は3段階で調節可能。最大風速5m/sのパワフルな風で涼むことができる本格派です。 雑誌の付録とは思えないクオリティーの「卓上型USBパワフル扇風機」、ぜひご活用ください。
そして、最新号の大特集は、編集部イチオシの超満喫プランを大公開!!「空旅VS鉄旅 新しい旅へ!」
●旅ガチャ143路線の航空サブスク
●アニメツーリズム、リフトオフ!
●お得度満点!国内LCC&MCC最新トピックス
●快適テレワーク鉄道
●全国「得旅鉄道」マップ
●「海外いつから?」Q&A
●鉄道ポイ活必勝法 and more!

エアラインや鉄道で行く旅の最新情報を完全網羅! 旅行の新しい楽しみ方を徹底解説します。

【購入できる書店を探す】

https://honto.jp/netstore/pd-store_0631803473.html


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。