小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タッチパッドとFnキーがない!?デルのスタイリッシュノートPC「XPS 13 Plus」は本当に使いやすいのか?

2022.08.10

ノートPCを選ぶ基準には、ディスプレイサイズや本体の質量、搭載スペックといったポイントがありますが、各メーカーが様々なモデルを展開しているのに加え、近年のノートPCが高性能化していることもあり、ある程度条件を決めて製品を探しても、いまいち絞り切れないということもあるでしょう。

本記事では、コンパクトで持ち運びやすいサイズ、高性能に加え、スタイリッシュさを追求した独自デザインが魅力のノートPCである、Dellの「XPS 13 Plus」を実際に試しながら、使用感をご紹介します。

Dellの「XPS」は、軽量かつ高性能を特徴とする、Dellを代表するシリーズ。最新世代のチップセットを搭載しているほか、購入時には、メモリやストレージの容量を、ある程度自身でカスタマイズできるようになっているため、使用用途に合わせた構成を選びやすいのもポイントです。

中でも、今回試したXPS 13 Plusは、一般的なノートPCにある「タッチパッド」が一見、どこにあるかわからない構造や、整理整頓されたキーボードなど、パッと目を引くデザインも大きな魅力。ノートPCに性能やサイズ感だけでなく、“カッコよさ”を求める人には、ぜひ試してほしい製品です。

デザイン・キーボード

冒頭でも触れている通り、スタイリッシュなデザインこそ、XPS 13 Plus最大ともいえる特徴。中でも、キーボード周辺のデザインは、ほかに類を見ないスッキリとした仕上がりとなっています。

天板を開いてまず驚くのが、ノートPCなのに、タッチパッドが見当たらない点。これは、ガラス製のタッチパッドをパームレスト部分とフラットなデザインにし、段差をなくすことで、“目に見えないタッチパッド”となっているためです。

見えないとはいえ、タッチパッドは一般的なノートPCと同様の位置に配置されているため、操作は問題なく行えます。反応する範囲は比較的幅広く設計されているため、使っていてストレスに感じることはありません。

キーボードは、「ゼロラティス キーボード」という、縁がなく、統一感のある四角いキーが、タイルのように敷き詰められたデザイン。隣のキーとの隙間がほぼないデザインなので、タイプミスの心配もありましたが、実際に試した感覚としては、キーに凹凸がない分、スムーズなタイピングが行える印象。キーストロークも浅めなので、軽快な打ち心地が欲しいという人におすすめです。また、購入時には、日本語配列、英語配列のいずれかが選べるのも、ポイントでしょう。

また、キーボードの上部に配置されている「Fn(ファンクション)キー」は、ボタンではなく、静電容量式のタッチセンサーとして搭載しています。XPS 13 Plusのスタイリッシュさを強調させている1つの要素でもありますが、物理的に押しこんでいる感覚がないので、慣れるまでは扱いが難しい印象。タッチの際には、フィードバックがあると、より使いやすかったかもしれません。

個人的には、文字入力の際に頻繁に使用するバックスペースキーの上部に、デリートキーが配置されているため、意図せず文章を消してしまうことがあるのが気になっています。また、バックスペースキーの右側には、ログインのための指紋認証センサーが備えられていますが、これも文字を消す時につい触ってしまうので、なれるまでは苦労する人がいるかもしれません。

底面には、バータイプの滑り止めが備えられているので、安定して作業が行えるのもうれしいポイント。スタイリッシュなデザインを損なうことなく、使い勝手も追及されています。

本体質量は約1.23㎏(最小構成)。サイズを考えると、若干ずっしりとした印象もありますが、カバンに入れて持ち運ぶ程度であれば、特別問題はない重さです。厚さは約15.28mmと、かなり薄型の設計になっているため、かさばらないのも魅力でしょう。

ディスプレイ

ディスプレイは13.4型となっており、比較的持ち運びやすいコンパクトな仕上がりです。標準構成での解像度は、FHD+(1920×1200)ですが、オプションでタッチ操作が可能なUHD+(3840×2400)や、3.5K(3456×2160)が選択可能。また、3.5Kモデルは、有機EL素材となっています。

今回は、非タッチパネルのFHD+モデルを使用していますが、画面の見え方にストレスはありません。最大輝度も500ニットと、比較的明るく表示できるため、屋外での作業も快適です。ディスプレイは非常に薄く設計されているため、片手でも天板を開け閉めしやすいのも、便利なポイントとなっています。

ディスプレイ上部には、720p(30fps)のHD RGBカメラ、400p(30fps)のIRカメラ、デュアルアレイマイクが搭載されていますが、画面の縁はかなり細く設計されているため、迫力ある映像を再生できるようになっています。

スペック

搭載CPUは、第12世代インテルのCore i5、Core i7から選択可能。現時点での最新チップセットの中でも、上位モデルが選択できるため、性能的にも満足できる人がほとんどでしょう。

また、メモリ容量は16GB、32GBのいずれか、ストレージ容量は512GB、1TB、2TBから選択可能となります。最小構成のメモリ16GB+ストレージ512GBでも、一般的なビジネス用途であれば十分な構成といえるでしょう。

インターフェースは、左右にUSB Type-Cポートが1つずつのみ。拡張性という面ではやや不安もありますが、本製品のデザイン性やスタイリッシュさを助長させる1つの要素ともいえます。また、購入時にUSB-C・USB-A 3.0の変換アダプター、USB Type-C・3.5mmヘッドセットアダプターが同梱されるため、有線キーボードや有線イヤホンの接続も難なく行えます。

変換アダプター2種類に加え、充電ケーブル、ACアダプターが同梱される

標準の搭載OSはWindows 11 Homeですが、Windows 11 ProやWindows 10 Proも選択可能。最新ノートPCながら、Windows 10をインストールして購入できるので、使い慣れたOSを継続して利用したいという人でも安心でしょう。

スタイリッシュなデザインと高性能が魅力の「XPS 13 Plus」は20万円強から購入可能

“見えない”タッチパッドや、整ったキー配列、薄型の筐体といった、スタイリッシュなデザインに加え、最新のチップセットを搭載した、高性能が魅力のXPS 13 Plus。ディスプレイ解像度や搭載メモリ、ストレージといった構成を、ある程度自分でカスタマイズできるのも、Dellならではの特徴です。

公式ストアでの標準価格は25万9000円から。ただし公式ストアでは、お得に購入可能なクーポンも配信されており、執筆時点では20%OFFクーポンが利用可能なので約20万円で、最新ノートPCが購入できます。

キー配列や、静電容量式のFnキーなど、慣れるのに時間を要する部分もありますが、それを差し引いても、未来を感じさせるデザイン性の高さは魅力。ほかとは少し違う、唯一無二の高性能ノートPCを探しているという人は、ぜひ試してみてください。

取材・文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。