小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

画面は大きくなってもサイズは一番小さな「iPad mini」はアップルの〝モバイル最強〟デバイスか?

2022.08.09

先代から劇的進化を遂げ、ホームボタンを廃し画面サイズが大きくなった、第6世代「iPad mini」。

もちろん、「iPad」や「iPad air」、「iPad Pro」も大画面で使いやすいし、「iPhone 13 Pro Max」の6.7インチも魅力的ですが、実際のサイズ感とコスパってどうでしょうか?

そこで、各モデルのサイズと比較、2022年8月初旬現在のアップルストアでの価格もチェックして、改めてiPad miniの実力を検証してみました。

iPad mini(第6世代)と旧モデル、現行iPadシリーズとiPhone 13シリーズのサイズを比較

ではここから、iPad miniのサイズを旧モデルとなったiPad mini(第5世代)と比較します。さらに、現行のiPadシリーズ、iPhone 13 Pro/ Pro Max、iPhone 13とも比較してみましょう。

iPad mini(第6世代)と旧iPad mini(第5世代)のサイズを比較

2019年3月に登場した「iPad mini(第5世代)」

まずは、iPad mini(第6世代)と旧iPad mini(第5世代)のサイズを比較してみます。

iPad mini(第6世代)と旧iPad mini(第5世代)のディスプレイサイズを比較

iPad mini(第6世代):8.3インチ
iPad mini(第5世代):7.9インチ

iPad miniは最新の第6世代で8インチを超えるディスプレイサイズを実現。これにはホームボタンの廃止を含むベゼルの狭額化が大きく貢献しています。

iPad mini(第6世代)と旧iPad mini(第5世代)のボディサイズ、重量を比較

iPad mini(第6世代):幅134.8×高さ195.4×厚さ6.3mm、重量293g(Wi-Fiモデル)/297g(Wi-Fi + Cellularモデル)
iPad mini(第5世代):幅134.8×高さ203.2×厚さ6.1mm、重量300.5g(Wi-Fiモデル)/308.2g(Wi-Fi + Cellularモデル)

第6世代はディスプレイサイズが拡大されたにも関わらず、サイズは高さが200mmを切り、しかも重量も軽減され300gを切っています。

ところでiPad mini(第6世代)のサイズ感ってどう? 紙のA5サイズって本当!?

ちなみに、iPad mini(第6世代)のサイズ感はどんな感じでしょうか?

紙のサイズで〝A5〟は幅148×縦210mmです。なので、ちょっと小さめのA5サイズという感じです。さらに、重量はWi-Fiモデルで293gなので、昨今のスマホが200gを超えるモデルが多くなっていることから、スマホ感覚で使えるiPadと言えるかもしれません。

iPad mini(第6世代)と現行iPad Proのサイズを比較

では続いて、iPad miniと現行iPadシリーズとサイズを比較してみます。まずは、現行iPad Proと比べてみましょう。

iPad mini(第6世代)と現行iPad Proのディスプレイサイズを比較

iPad mini(第6世代):8.3インチ
12.9インチiPad Pro(第5世代):12.9インチ
11インチiPad Pro(第3世代):11インチ

iPad mini(第6世代)と現行iPad Proのボディサイズ、重量を比較

iPad mini(第6世代):幅134.8×高さ195.4×厚さ6.3mm、重量293g(Wi-Fiモデル)/297g(Wi-Fi + Cellularモデル)
12.9インチiPad Pro(第5世代):幅214.9×高さ280.6×厚さ6.4mm、重量682g(Wi-Fiモデル)/685g(Wi-Fi + Cellularモデル)
11インチiPad Pro(第3世代):幅178.5×高さ247.6×厚さ5.9mm、重量466g(Wi-Fiモデル)/470g(Wi-Fi + Cellularモデル)

12.9インチiPad ProはiPad miniの2倍強の大きさ、11インチiPad Proは1.5倍の大きさというイメージです。重量もほぼその違いになります。

iPad mini(第6世代)とiPad Air(第5世代)のサイズを比較

続いて、M1チップを搭載した、一番新しいiPadとなるiPad Air(第5世代)とサイズを比較してみます。

iPad mini(第6世代)とiPad Air(第5世代)のディスプレイサイズを比較

iPad mini(第6世代):8.3インチ
iPad Air(第5世代):10.9インチ

iPad mini(第6世代)とiPad Air(第5世代)のボディサイズ、重量を比較

iPad mini(第6世代):幅134.8×高さ195.4×厚さ6.3mm、重量293g(Wi-Fiモデル)/297g(Wi-Fi + Cellularモデル)
iPad Air(第5世代):幅178.5×高さ247.6×厚さ6.1mm、重量461g(Wi-Fiモデル)/462g(Wi-Fi + Cellularモデル)

iPad Airは、幅と高さが11インチiPad Proと同寸法。厚さは0.2mm増えますが、重量は5〜8g軽量となっています。

iPad miniと比べるとiPad Airは約1.5倍のサイズ、重量とイメージしてください。

iPad mini(第6世代)とiPad(第9世代)のサイズを比較

iPadの最廉価版、iPad(第9世代)とのサイズ比較もしてみましょう。

iPad mini(第6世代)とiPad(第9世代)のディスプレイサイズを比較

iPad mini(第6世代):8.3インチ
iPad(第9世代):10.2インチ

iPad mini(第6世代)とiPad(第9世代)のボディサイズ、重量を比較

iPad mini(第6世代):幅134.8×高さ195.4×厚さ6.3mm、重量293g(Wi-Fiモデル)/297g(Wi-Fi + Cellularモデル)
iPad(第9世代):幅174.1×高さ250.6×厚さ7.5mm、重量487g(Wi-Fiモデル)/498g(Wi-Fi + Cellularモデル)

iPadはiPad Airよりも幅が4.4mm小さく、高さは逆に3mm大きく、厚さは1.4mm厚いモデルです。ディスプレイサイズが0.7インチ小さいこともあり、iPad Airよりややボテッとした印象を受けます。

iPad miniに対してはサイズ・重量とも約1.5倍といったところです。

iPad mini(第6世代)とiPhone 13 Proシリーズのサイズを比較

iPad miniとiPadシリーズを比較してきましたが、ここからはiPhone 13シリーズと比較して、iPad miniとスマホの相関を確認してみます。まずは、iPhone 13 Proシリーズとサイズを比較します。

iPad mini(第6世代)とiPhone 13 Proシリーズのディスプレイサイズを比較

iPad mini(第6世代):8.3インチ
iPhone 13 Pro Max:6.7インチ
iPhone 13 Pro:6.1インチ

iPad mini(第6世代)とiPhone 13 Proシリーズのボディサイズ、重量を比較

iPad mini(第6世代):幅134.8×高さ195.4×厚さ6.3mm、重量293g(Wi-Fiモデル)/297g(Wi-Fi + Cellularモデル)
iPhone 13 Pro Max:幅78.1×高さ160.8×厚さ7.65mm、重量238g
iPhone 13 Pro:幅71.5×高さ146.7×厚さ7.65mm、重量203g

小さいと思われるiPad miniですが、さすがにiPadの名を冠するだけあって、iPhoneと比較するとかなりの大きさです。iPhone 13 Pro Maxと比べると2倍、iPhone 13 Proと比べると2.5倍というサイズ感です。

ただし、重量はそこまでの差が無く、iPhone 13 Pro Maxに対しては1.25倍、iPhone 13 Proに対しては1.5倍といったところです。

iPad mini(第6世代)とiPhone 13のサイズを比較

最後に、iPhone 13ともサイズを比較してみましょう。

iPad mini(第6世代)とiPhone 13のディスプレイサイズを比較

iPad mini(第6世代):8.3インチ
iPhone 13:6.1インチ

iPad mini(第6世代)とiPhone 13のボディサイズ、重量を比較

iPad mini(第6世代):幅134.8×高さ195.4×厚さ6.3mm、重量293g(Wi-Fiモデル)/297g(Wi-Fi + Cellularモデル)
iPhone 13:幅71.5×高さ146.7×厚さ7.65mm、重量173g

iPhone 13はiPhone 13 Proとサイズは同一です。そのため、iPad miniはiPhone 13の2.5倍のサイズ感です。ただし、iPhone 13の重量はiPhoneの中でかなり軽量なので、1.7倍ほどの差に収まっています。

ディスプレイサイズ1インチあたりいくらか? 重量と併せて計算してみた

ここで、iPadシリーズ、iPhone 13シリーズのディスプレイサイズ1インチあたりのコストを比べてみました。

携帯電話であるiPhoneには当たり前ですがWi-Fi版がないので、iPad全モデルは〝Wi-Fi + Cellularモデル〟をセレクト。容量は全モデル共通サイズとなる256GBでチェック。

それでは、全ラインアップの256GBモデルの価格とディスプレイサイズ、1インチあたりのコスト、1インチあたりの重量を比較してみましょう。

iPad mini(第6世代)

Wi-Fi + Cellularモデル256GBの価格:11万6800円

ディスプレイサイズ:8.3インチ

Wi-Fi + Cellularモデルの重量:297g

1インチあたりのコスト:1万4072.3円

1インチあたりの重量:35.8g

12.9インチiPad Pro(第5世代)

Wi-Fi + Cellularモデル256GBの価格:19万6800円

ディスプレイサイズ:12.9インチ

Wi-Fi + Cellularモデルの重量:685g

1インチあたりのコスト:1万5255.8円

1インチあたりの重量:53.1g

11インチiPad Pro(第3世代)

Wi-Fi + Cellularモデル256GBの価格:15万4800円

ディスプレイサイズ:11インチ

Wi-Fi + Cellularモデルの重量:470g

1インチあたりのコスト:1万4072.7円

1インチあたりの重量:42.7g

iPad Air(第5世代)

Wi-Fi + Cellularモデル256GBの価格:12万8800円

ディスプレイサイズ:10.9インチ

Wi-Fi + Cellularモデルの重量:462g

1インチあたりのコスト:1万1816.5円

1インチあたりの重量:42.4g

iPad(第9世代)

Wi-Fi + Cellularモデル256GBの価格:9万1800円

ディスプレイサイズ:10.2インチ

Wi-Fi + Cellularモデルの重量:498g

1インチあたりのコスト:9000円

1インチあたりの重量:48.8g

iPhone 13 Pro Max

Wi-Fi + Cellularモデル256GBの価格:17万4800円

ディスプレイサイズ:6.7インチ

重量:238g

1インチあたりのコスト:2万6089.6円

1インチあたりの重量:35.5g

iPhone 13 Pro

Wi-Fi + Cellularモデル256GBの価格:15万9800円

ディスプレイサイズ:6.1インチ

重量:203g

1インチあたりのコスト:2万6196.7円

1インチあたりの重量:33.3g

iPhone 13

Wi-Fi + Cellularモデル256GBの価格:13万2800円

ディスプレイサイズ:6.1インチ

重量:173g

1インチあたりのコスト:2万1770.5円

1インチあたりの重量:28.4g

iPad mini(第6世代)は〝アップルモバイル最強〟なのか?

ここまで、iPad miniとiPadシリーズ、iPhone 13シリーズと比較してきました。iPad miniはサイズ・重量差ではiPadの半分〜7割のイメージ。iPhoneに対しては、サイズ差は2〜2.5倍、重量差で1.25〜1.7倍と、いった結果となりました。

1インチあたりのコストと重量で比較すると、iPadの9000円が図抜けていますが、iPad Proよりもコストダウンといえそうです。さらに、1インチあたりの重量が35.8gと、iPadというよりはiPhoneに近いレベルです。

総括すると、iPadシリーズのコスパを発揮しながら、重量はスマホのiPhone 13シリーズ級というのがiPad miniの立ち位置になります。

A15 Bionicは、iPhone 13シリーズと共通の最新チップであることも考慮すると、iPad mini(第6世代)は〝アップルモバイル最強〟のバランス感を持つ端末と呼べるのでは? という検証結果と言えそうですが、みなさんはいかがでしょうか?

※データは2022年8月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。