小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

11インチか?12.9インチか?「iPad pro」のベストサイズはどっち?

2022.08.01

アップル純正の「M1」チップを搭載し、最大では2TBの容量を持つモデルが選べる「iPad Pro」。

「M1」チップ(イメージ)

タブレットとしての機能に優れるだけではなく、Apple Pencil(第2世代)と組み合わせてアナログ的に使ったり、

マグネットでiPad Proに取り付けられるApple Pencil(第⁠2世代)

トラックパッドが使える「Magic Keyboard」と組み合わせればPC同様の使い勝手で人気です。

iPad Pro用Magic Keyboardとセットアップが可能

そんなiPad Proですが、多くのユーザーを悩ませてきた問題があります。それは……「iPad Pro」のベストサイズは11インチモデルなのか、それとも12.9インチモデルなのかという悩みです。

そこで改めて両モデルのサイズを徹底比較。これを読めばあなたにとって最適なiPad Proが選べるかもしれませんね。

iPad Proの11インチモデルと12.9インチモデルのサイズを比較

それでは、iPad Proのサイズを比較してみましょう。

11インチiPad Pro:幅178.5×高さ247.6×厚さ5.9mm
12.9インチiPad Pro:幅214.9×高さ280.6×厚さ6.4mm

となっています。

参考までに、紙の「A4サイズ」は横210×縦297mm、「B5サイズ」は横182×縦257mmです。両モデルのサイズは11インチiPad ProがB5サイズよりやや小さめ、12.9インチiPad Proは高さがやや小さいA4サイズとイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

重量はどうでしょうか。

11インチiPad Pro:466g(Wi-Fiモデル)/470g(Wi-Fi+Cellularモデル)
12.9インチiPad Pro:682g(Wi-Fiモデル)/685g(Wi-Fi+Cellularモデル)

となります。

Wi-Fiモデルで216gの差、Wi-Fi+Cellularモデルでは215gの差。これはやや重めのスマートフォン1台分に匹敵する違いがあります。ざっくり、12.9インチiPad Proは11インチiPad Proの1.5倍ほどの重さといったイメージでしょうか。

購入で比較対象となり得る「iPad Air」とサイズを比較

ここまでiPad Proの選択では、11インチのサイズと12.9インチのサイズの違いが悩みとなる……そうご紹介しましたが、アップルには実は、さらに悩みの種となるモデルが存在します。それは……「iPad Air(第5世代)」です。

iPad AirはiPad Pro同様に「M1」チップを搭載。ディスプレイサイズは10.9インチで容量は64GBと256GBの2タイプ。背面カメラはシングルタイプとなりますが、64GBモデルのWi-Fi版は8万4800円となり、11インチiPad Proの128GBモデルのWi-Fi版が11万7800円、12.9インチiPad Proの128GBモデルのWi-Fi版が15万9800円と比較すると、かなりお買い得になっているのです。

価格面でiPad Proの強力なライバルとなるiPad Airですが、サイズと重量をチェックしてみましょう。

サイズ:幅178.5×高さ247.6×厚さ6.1mm
重量:461g(Wi-Fiモデル)/462g(Wi-Fi+Cellularモデル)

となっています。

何と、11インチiPad Proと厚さが0.2mm違い、重量で5g(Wi-Fiモデル)/8g(Wi-Fi+Cellularモデル)iPad Airが軽いだけ……と僅差でしかありません。

そう考えると、11インチiPad Proのコスパが問われるところ……。カメラ機能やストレージにそこまでハイスペックを求めないのなら、11インチiPad Proを選ぶよりも、iPad Airを購入する方がスマートかもしれないですね。

結論。iPad Proをサイズで選ぶならどっちがいいの?

ここまでiPad Proのサイズを確認してきました。

iPad Airの参戦で結論が出たかもしれません。iPad Proは12.9インチモデルに分があると思われます。11インチiPad Proを選ぶなら、iPad Airの方がコスパが高いと言えそうです。

ただ、2022年秋頃にはiPad Proは新型が出るのでは? という噂があります。その際には「M2」チップの搭載やQiワイヤレス充電への対応などが期待されているようです。

しかし、全体的な変化は小粒と言われ、有機ELディスプレイを搭載したモデルへのモデルチェンジが2023年になるのでは? などという噂もちらほら……。こればかりは予想なので、真偽の程はその時にならないとわかりません。

また、円安傾向により、製品価格のさらなる値上がりも懸念されています。そう考えると、現行品で満足なスペックが得られるなら、自分の用途にあったiPadをセレクトするのが正解なのではないでしょうか。

11インチか12.9インチか……iPad Pro購入で大いに悩ませる問題です。iPadの初代モデルから見続けてきた筆者の判断としては、大画面&大容量&高性能を求めるなら12.9インチiPad Pro。サイズは小さくても高画質な撮影とストレージ容量が必要なら11インチiPad Pro。高性能をお得な価格でというユーザーにはiPad Airをおすすめしたいと思います。

※データは2022年7月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。