小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バッテリーが2週間持続!7000円で心拍数・血中酸素・睡眠の計測までできるXiaomiのコスパ最強スマートウォッチ「Smart Band 7」

2022.07.28

健康管理や、ワークアウトのサポートが手軽にできるため、注目を集めている「スマートウォッチ」や「スマートバンド」。新型コロナの影響もあり、運動不足などが気になっている人にも、試してほしい製品です。

スマートウォッチと呼ばれる製品は、大画面ディスプレイやビジネスシーンにもなじみやすいデザイン、豊富な機能が搭載されている反面、数万円する製品が多いため、なかなか手を出しにくいという人もいるでしょう。

一方、スマートバンドは、健康管理機能やワークアウトモードに特化し、1万円未満で購入できる製品も多く登場しているため、スマートウォッチ初心者という人にもおすすめです。

そこで本記事では、2022年7月15日に発売、公式ストアでの販売価格が6990円の「Xiaomi Smart Band 7」を実際に試しながら、装着感や機能について紹介していきます。

シャオミ(Xiaomi)といえば、日本市場への参入後、コスパに優れたスマートフォンを多く展開していることで知られるメーカー。auやソフトバンク、楽天モバイルといった通信キャリアでもスマートフォンが取り扱われているため、見聞きしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

Xiaomi Smart Band 7もメーカーの特色通り、価格と機能のバランスが魅力的な製品です。初心者でも手を出しやすい価格と、わかりやすい機能になっているので、初めてのスマートバンドにもおすすめとなっています。

デザイン・ディスプレイ

ディスプレイサイズは、スマートバンドとしては比較的大きい1.62インチ。前モデル「Xiaomi Smart Band 6」よりも約25%表示領域が広くなっています。また、有機ELを採用しており、100段階に明るさを調節可能なので、屋外での視認性も高くなっています。さらに、ウォッチフェイスは100種類以上から切り替え可能となっているので、自分好みのデザインに気軽に変更できるのもポイントです。

本製品は、ディスプレイを上下左右にスワイプすることで、各機能を呼び出す仕組みになっており、本体にボタン類は一切搭載されていません。デザインがすっきりとする良さはありますが、ホーム画面に戻る、再起動をするといった操作のために、1つでもボタンがあると安心感が違うので、賛否の分かれる要素でしょう。

また、前モデルからの進化点として、常時表示ディスプレイ機能に対応しています。画面を見ていない時は簡素な表示になりますが、いつでもパッと時間を確認できるのは時計として重要。個人的には、スマートバンド、スマートウォッチに欠かせない機能と考えています。

本体質量は約13.5g(ストラップ除く)とかなり軽量。ストラップはシリコン素材となっています。若干分厚さはありますが、装着感は快適なので、長時間の着用でもストレスがありませんでした。

機能

スマートバンドらしく、多数の健康管理機能や、ワークアウトモードを搭載しているのも、Xiaomi Smart Band 7の魅力です。

健康管理機能としては、心拍数モニタリングや血中酸素レベルの測定、睡眠トラッキングといった、近年のスマートウォッチに搭載されることが多い機能が満遍なく備えられています。

特に睡眠トラッキング機能は、睡眠の質が計測できるだけでなく、睡眠中の呼吸品質の計測も可能。連日、継続してモニタリングすることで、睡眠時間や就寝時間に関するアドバイスもしてくれます。

ワークアウトモードは、ウォーキングやサイクリングといったメジャーな運動から、ウィンタースポーツ、水上スポーツ、ダンスといったスポーツまで、計110種類以上が収録されています。

本体には、3軸加速度計と3軸ジャイロスコープが搭載されているので、運動時も速度や距離を正確に測定可能。ランニングやウォーキングを行った際には、あとから「MI Fitness」アプリを使って、移動距離や消費カロリーを確認できます。

ワークアウト時には、トレーニングによって得られる効果や負荷、リカバリーにどれくらいの時間がかかるのかといった、細かい数値まで確認が可能。6990円のスマートバンドとしては、かなり多彩な機能を搭載しているといえるでしょう。

スペック

本製品をスマートバンド初心者にもおすすめしたい大きな要因が、バッテリー持ちの良さ。通常使用の場合14日間、ヘビーユースでも9日間の持続時間を確保しています。スマートバンドの充電は、習慣になるまではなかなか煩わしい作業なので、数日間バッテリーを気にせず使用できるのは、大切なポイントです。

充電は同梱の専用コネクタから行う

また、本体は5ATMの耐水性能を有しているため、スイミングやシュノーケリングといった運動時にも、そのまま着用しておけます。もちろん、シャワーを浴びる際などにも、気にせず着けておけるので、バッテリーが許す限り、肌身離さず利用できるでしょう。

そのほか、天気予報の確認や、接続したスマートフォンを探す機能なども利用可能。もちろん、スマートフォンに届いた通知や着信を確認することもできます。

豊富な機能を備えながらお手頃価格で購入できる、初心者にもおすすめのスマートバンド

Xiaomi Smart Band 7は、軽量でストレスのない装着感や視認性の高いディスプレイ性能や、長時間持続するバッテリー性能を有しながら、健康管理機能や、ワークアウト機能など、スマートバンドの基本ともいえる機能も豊富に搭載されています。

豊富な機能を搭載していながら、6990円で購入できるのもポイント。常時表示ディスプレイにも対応し、使い勝手に優れているので、スマートバンド初心者にも、手に取ってほしい製品です。

取材・文/佐藤文彦

DIME8月号はウエアラブルの大特集、豪華付録はLEDテープライト250

大特集は「仕事も暮らしもジブン最適化! 超快適!ウエアラブル」

ついに発表されたグーグル初のスマートウォッチ「Pixel Watch」から約130インチの映像をどこでも気軽に視聴できる「Nreal Air」まで、注目のウエアラブルデバイスが続々登場。中でも、単体で使える機能が充実し、スマホ全盛時代の終焉を告げる「ポストスマホ」の本命デバイスを、WATCH、MOBILE、HOME、SPORTS、WORK、HEALTH CAREのカテゴリーに分けて編集部がセレクト。その実力を検証した!

また、8月号の付録は、好きな場所に貼って使える便利なDIYアイテム「LEDテープライト250」。 床、壁、天井などに照射した光の反射で、空間をほんのりと明るくする、間接照明にピッタリのアイテムです!テープの長さは250㎝。設置したいスペースに合わせて、好きな長さに切って使えます。 電源はテープ端のUSB Type-A端子をUSB-ACアダプターやモバイルバッテリーなどに接続すればOK。

【Amazonで購入する】

www.amazon.co.jp/dp/B0B1Q3GW6L

【セブンネットショッピングで購入する】

  https://7net.omni7.jp/detail/1235504205


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。