小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

おいしいだけじゃない!ミネラル補給にも役立つシニアソムリエおすすめの夏ワイン6本

2022.07.16

お元気ですか?日本ソムリエ協会シニアソムリエのまみちゃんです。毎日暑い日が続きますね!今年はあっという間に梅雨明けしちゃいました。ぶどうなど植物にとって6月は成長期です。この時期の雨は作物が成長するためにはとても大切なので、暑すぎて成長が止まってしまわないか、少し心配です。

ワインデマミでも赤ワイン用ぶどう品種のメルローを3本、育てていますが、昨年はどれも実を付けなかったので、今年こそはと期待しています。

ROOF TOP CINEMA PARADISOという屋上での映画上映会でのグラスワインを販売中のまみちゃん

暑いと「ワインが吹く」状態に

さて、暑さに弱いのはワインも同じです。ワインは生きています。よく、「長期保存すると美味しくなる」と言われます。瓶に詰められた後も、瓶内で熟成して成長する、つまり、味わいが変わります。温度13~18度、湿度70%、光も蛍光灯も白熱灯もなく、薄暗くてひんやりしている場所に、ワインを保管してくださいね。

では、温度が高い場所に置くとどうなるでしょう?答えは、「熟成が早くすすみ、酸っぱくなる」です。私は(内心、かわいそうだな…と思いつつ)暑さの実験をしてみたことがあります。暑い日にワインを2本、車に置きっぱなしにしたら、瓶の口からワインが漏れていたのです。これを「ワインが吹いた」と言いますが、ワインが沸騰したのではなく、ボトルの中の空気が膨張してコルクの隙間から漏れたのだと思います。

吹いてしまったワインを夕食に1本目を飲んだら、なんと、濃くなって美味しく感じたのです!これはびっくりの体験でした!そしてしばらく置いた1か月後、2本目を飲んだら今度は、酸っぱくなっていました!

暑さと同時に、急激な温度変化も大敵です。冷蔵便で届いたワインを暑い場所に放置すると、一気に温度が上昇し劣化する恐れがあるので、冷蔵庫に入れるか、エアコンのきいたお部屋においてゆっくり温度を戻してあげてくださいね。

また、湿度が低いとコルクが乾いて収縮し、空気の透過量が増え、酸化が進んで劣化するので、多湿も重要です。

「ワインって、何だかいろいろ面倒だなあ」と思いますよね。すみません!でも、世界の生産者が愛情をこめて大切に作ったワインを、美味しく飲んでいただきたいのです!そのためにワインデマミでは美味しいワインを選び、インポーターを選び、物流を厳しくチェックし、店内を一年中薄暗く涼しい環境を保っています。

皆様も健康で美味しくワインを飲めるよう、体調管理にお気を付けくださいね!7月にお薦めするワインは暑さを吹き飛ばす、厳選の6本です。テーマは美味しくてミネラル補給にも役立つワインで「夏を乗り切る&スタープレーヤーなワインを楽しもう」です。

北欧では果物が採れないので、代わりにワインを飲んでミネラルを補給する、と言われています。白ワインには豊富なミネラル分が含まれています。夏は汗で体のミネラル分が失われるので、ワインで補給してください。さらに赤ワインは様々なコンクールで受賞歴のある、評価の高いワインを選びました。ワイン界の「スタープレーヤー」達です。

イタリアワインガイドで“ワイナリー・オブ・ザ・イヤー”も受賞!
伝統と革新を続けるサルデーニャの雄!

1.セッラ・エ・モスカ ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニャ 2020 (白ワイン)
生産地:イタリア / サルデーニャ
生産者:セッラ・エ・モスカ
ぶどう品種:ヴェルメンティーノ100%
味わい:辛口

セッラ・エ・モスカは、1899年サルデーニャ島北部サッサリ県アルゲーロに創業。所有するブドウ畑は500ヘクタールと自社畑としてはヨーロッパでも最大級の広さを誇ります。伝統を大切にしつつ、大規模な畑を維持し、そのブドウから品質の高いワインを生み出す挑戦をし続けています。

『ガンベロロッソ』2013年度版では、ワイナリー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、サルデーニャだけでなくイタリアを代表する造り手としてさらなる発展を続けています。ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニャは、サルデーニャ島のヴェルメンティーノならではの白い花の香りと軽やかでみずみずしく、爽やかな風味が特徴です。

★(2020)“SAKURA” Japan Women’s Wine Awards 2021 ブロンズを受賞しました

成長率全米No.1として走り続けるトップワインブランド!

2. ジョッシュ・セラーズ シャルドネ 2020(白ワイン)
生産地:アメリカ / カリフォルニア
生産者:ジョッシュ・セラーズ
ぶどう品種:シャルドネ100%
味わい:辛口

ジョッシュ・セラーズは、世界トップクラスのソムリエとして従事するなどワイン業界で20年以上にわたり活躍してきたジョセフ・カー氏が、カリフォルニア ナパ・ヴァレーに創業した「ジョセフ・カー・ワインズ」が立ち上げた新ブランドです。

ジョセフ・カー氏は、“世界最高のワインを造る”という情熱のもと、畑とワイナリーは所有せず、カリフォルニアの銘醸地ナパ・ヴァレーのセント・ヘレナ、ラザフォード、スタッグス・リープ・ディストリクトソノマ・カウンティのアレキサンダー・ヴァレーからの優れたぶどうを使用し、傑出したプレミアムワインを産みだす“ナパワインのネゴシアン”として広く知られています。

ジョッシュ・セラーズ・シャルドネは、トロピカルフルーツ、シトラスにほのかな樽香のアロマ。フレッシュでジューシーな黄桃などの果実味に、レモンオイル、クレームブリュレのニュアンスが口中に広がります。口当たりはソフトで、長い余韻が感じられる美味しい白ワインです。

★(2020)“SAKURA” Japan Women’s Wine Awards 2022 ゴールドを受賞しました

ラインガウの中枢的役割を担う由緒ある修道院の醸造所!
ドイツ最大かつ著名な葡萄園を多数所有!

3. シュタインベルガー リースリング・トロッケン クロスター・エーベルバッハ 
2020( 白ワイン)
生産地:ドイツ / ラインガウ
生産者:クロスター・エーベルバッハ
ぶどう品種:リースリング100%
味わい:辛口

クロスター・エーベルバッハは、1135年創立され、1930年まではシトー派の修道院でした。現在は「エーベルバッハ修道院醸造場」としてラインガウの中枢的役割を担う醸造所になっており、ラインガウ流域に5つのドメーヌ(ブドウの栽培から醸造、熟成、瓶詰めまでを行う生産場所のこと)を所有しています。

シュタインベルガーは醸造所が単独所有する、ラインガウ地方を代表する由緒ある銘醸畑で、国章だった鷲のデザインを紋章とし、ラベルに畑名だけで表示できるという、数少ない畑でもあります。

土壌は主に石英やスレート状の土壌で構成され、この土壌がワインに独特なミネラルとエレガントなボディを与えています。洗練された香り、ミネラルが豊富で、余韻にもほどよい酸が長く続く、果実の風味に溢れる味わいです。

ラングドックのNo.1エノログのクロード・グロが認める若き才能!

4. シャトー・トレヴィアック コルビエール・ルージュ 2019 (赤ワイン)
生産地:フランス / ラングドック
生産者:アルノー・シェ
ぶどう品種:シラー80%、グルナッシュ20%
味わい:フルボディ

ワイナリーの設立は1988年。現在6代目のアルノー・シェが2000年に祖父からワイン造りを引き継ぎました。アルノー・シェは、フランス南部の人らしい底抜けに明るい性格で、造るワインのスタイルにもその明るい性格が感じられます。

コンサルタントを務めるクロ―ド・グロは、ラングドックNo.1のエノロジスト(注1)と言われ、ロバート・パーカー・Jr.が5ッ星を付けるシャトー・ラ・ネグリの醸造責任者でもあります。彼はアルノー・シェを、「とても頭が良く、教えた事を一回で覚えてしまう。とても優秀」と評しています。

シャトー・トレヴィアックは、アルノー・シェを代表するワインで、スパイシーな香り、深い味わいがあります。黒いベリーや黒胡椒のようなスパイシーな香り、口当たりは深く豊かです。しっかりとした構成で、長い余韻をお楽しみ頂けます。

★「ワインズ&スピリッツ2021.6」で93点、トップ100バリュー・オブ・ザ・イヤー、ラングドックのベストバイに選ばれました。

※まみちゃんワインワンポイント解説 注1)エノロジスト
エノロジスト(Oenologist、フランス語、Enologo:エネロゴ、イタリア語)とは、「醸造家」を意味する言葉です。 日本だと杜氏のような立場の人で、ワインの醸造のスペシャリストです。ワイナリー自体に醸造家を擁する場合もあれば、ワイナリーが外部からスター醸造家を迎え入れることもあります。

品質は折り紙付き!
クラスマン2006年度版から星付きで紹介された逸品!

5. サン・ニコラ キュヴェ・ルフレ・ルージュ 2019(赤ワイン)
生産地:フランス / ロワール
ぶどう品種:ピノ・ノワール85%、ネグレット5%、カベルネ・フラン5%、ガメイ5%
味わい:ミディアムボディ

ドメーヌサン・ニコラは仏、ミュスカデの南、大西洋に面した緩やかな斜面を持つフィエフ・ヴァンデに33haの葡萄園を持つ生産者で、ティエリー・ミションが現在の当主です。93年から「ビオディナミ」をスタートし、95年には全ての畑を「ビオディナミ」での栽培に変更しました。

彼は「ビオディナミは人生だ」と語るほど「ビオディナミ」に心血を注いでいます。また、全ての本質はテロワールであると語り、この土地にしか表現できない味わいを追及し続けています。

サン・ニコラ キュヴェ・ルフレ・ルージュは、2019年ヴィンテージからピノ・ノワールの比率が高くなり、フィエフ・ヴァンデの村名を名乗ることができず、ヴァン・ド・フランスでのリリースになりましたが、その味わいは果実味が濃密でまろやか、香り豊かで大変バランスが良く上品で長い余韻を楽しむことのできる、とても素晴らしいワインに仕上がっています。

★レ・メイユール・ヴァン・ド・フランスに1ツ星掲載されました

デキャンター・ワールド・アワード2021ベスト・イン・ショー受賞97pts!
まさにスタープレイヤーの飲みごたえ

6. シャトー・ド・ラ・シャペル 2018(赤ワイン)
生産地:フランス / ボルドー
生産者:シャトー・ド・ラ・シャペル
ぶどう品種:メルロー85%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%
味わい:フルボディ

シャトー・ド・ラ・シャペルは、仏ジロンド河右岸のブライ村に位置し、シュヴァイツァー家が経営する家族経営のシャトーです。リュック・シュヴァイツェル氏が所有し、二人の息子とともに情熱をもって、丁寧な栽培とワイン造りを行っています。

ブライ(フランスワイン)のテロワール(風土・土地の個性)を味わいに表現し、高品質なワインづくりを目指しており、評価誌でも高得点を獲得るすなど、高く評価されている、今注目の生産者です。その味わいは、とても濃厚!凝縮したプラム、カシス、ブルーベリーのジャムのような香り。ジューシーでパワフルな果実味とバニラやオークの風味。力強く複雑味を感じる飲みごたえのある1本です。

★(2018)デキャンター ワールド・ワイン・アワード 2021 ベスト・イン・ショウ 97点(エントリーワインのわずか0.33%に該当!!)

以上がまみちゃんお薦めの厳選6本です。ワインの価格はお店によっても異なりますが、ワインデマミでは6本をセットで ¥15000(税込み・送料別)で販売しています。ミネラル補給に、暑さを吹き飛ばす美味しいワインで、元気に夏を乗り越えましょう。

水戸商工会議所の企画で茨城県内の観光地をロードバイクで90キロ走るイベントに参加しました!

Wine des Mami(ワインデマミ)代表取締役 植田真未
平成30年度 優良経営食料品小売店等表彰事業最優秀賞 農林水産大臣賞 受賞 (茨城県初、ワインショップとして日本唯一)
日本ソムリエ協会前茨城支部長、日本ソムリエ協会認定シニアソムリエ、ワインインストラクター、利き酒師、マスター・オブ・チーズ、パーティーコーディネーター、インターナショナルバーテンダーの資格を取得。WebやFacebookなどでワインを楽しむイベントなどを随時開催中。

前回の記事はこちらから。
シニアソムリエまみちゃんのイチオシ!水戸市のワイン選手権で決定した「日本で一番納豆に合うワイン

Wine des Mami(ワインデマミ)オフィシャルサイト
https://wine-des-mami.net/
所在地: 〒310-0912 茨城県水戸市見川2丁目49−2
電話029-224-4301
LINE公式アカウント
Instagram
植田真未Facebook
YouTubeチャンネル登録

文/植田真未・柿川鮎子

編集/inox.


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。