小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ノッチは廃止?指紋認証はどうなる?気になる価格は?「iPhone 14」を予想してみた

2022.07.12

例年9月前後に発表される、iPhoneのナンバー付きシリーズの新型モデル。

2021年は、9月15日に「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」「iPhone 13」「iPhone 13 mini」が発表されて、大きな話題となりました。

「iPhone 13 Pro Max」(左)「iPhone 13 Pro」(右)

「iPhone 13」(左)「iPhone 13 mini」(右)

2020年から2021年は世界中がコロナ禍に苦しんでいたため、「iPhone 13は2021年中には登場しないのでは!?」というウワサが立つ中、アップルは例年のスケジュール通り、新型「iPhone 13」シリーズを発表しています。

2021年9月に開催されたAppleのイベントの様子

さて、2022年の新型「iPhone 14(仮)」シリーズはスケジュール通り登場するのでしょうか? 編集部で予想してみました。

iPhone 13シリーズの後継機「iPhone 14(仮)」シリーズの発表日、発売日を予想

例年通りであれば9月の2週目、3週目前後が発表日となり、10日〜30日後をめどで発売されるケースが想定されます。

2022年の「iPhone 14(仮)」の場合は、2022年9月12日〜23日あたりが発表日、発売日は最速で9月26日、遅い場合は10月28日くらいになるかもしれません。

しかし、今年は半導体不足が世界的な問題となっており、その影響が懸念されています。生産が追いつかない状況となれば、発表日が10月以降に、発売日がその2か月〜3か月後となる可能性もあります。

iPhone 13からiPhone 14(仮)で変化がありそうなウワサまとめ

それでは、iPhone 14(仮)シリーズについてのウワサを簡単にまとめてみました。あくまで予想なので当たり外れがあるかと思いますが、発表までのお楽しみとしてご覧下さい。

ノッチを廃止してパンチホールになる?

各種センサー、カメラをディスプレイ側に搭載するため、「iPhone 13」シリーズ各モデルには〝ノッチ〟と称される画面の切り欠きがあります。

iPhoneの特徴的なシルエットですが、2022年登場のライバルに比べて切り欠き部分が大きすぎる……そんな意見も多くなっています。

そこで、切り欠き部分を円、もしくは楕円などで囲み小さくする〝パンチホール〟形状に変更するというウワサがあります。

せっかくの大画面を余すところなく楽しむためにも、画面の切り欠きは小さい方がいいですね。

iPhone 13ではパスされた指紋認証を搭載する?

TrueDepthカメラによる顔認識「Face ID」は、iPhone自慢の機能ではありますが、コロナ禍でマスク着用の機会が増えた中、指紋認証の復活を望む声は根強いです。

例えば、iPad airなどのトップボタンに搭載された「Touch IDセンサー」のように、物理ボタンへ指紋認証機能を搭載することは可能かもしれません。

iPad AirのTouch IDセンサー

しかし、執筆時点(2022年7月上旬)で、海外ではマスク着用の機会が減少している国も増えています。iPhoneはグローバルで販売するモデルなので、指紋認証が復活するかどうかは、微妙な感じでしょうか。

ただし、MacBookの充電用に磁石で固定する「MagSafe」を復活させたAppleです。Tocuh IDセンサーの復活もあるかもしれませんね。

Lightningコネクタを廃止してUSB-Cに変わる?

EUはスマートフォンやノートパソコンの充電機器の規格を統一することで大筋合意しました。その規格では、「USB-C」(USBタイプC)を端子とする方向になっています。

義務化は2024年秋までに行われる予定です。そのため、iPhoneも欧州市場を考えるとUSB-C対応を迫られるかと思われます。

2022年発表予定のiPhone 14(仮)シリーズで対応するか、翌2023年発表予定の「iPhone 15(仮)」シリーズで対応するかはわかりませんが、いずれUSB-Cに統一される可能性は高いと思われます。

もしかしたら、ProシリーズでUSB-C化を先行させる可能性もありますね。

USB-C - Lightningケーブル

新型チップセット「A16」は全モデルに搭載されない?

発表日、発売日の項目でもご紹介しましたが、半導体不足の影響と、シリーズ内での差別化もあり、iPhone 14(仮)シリーズでは、Proシリーズには最新の「A16 Bionic(仮)」チップを搭載し、通常モデルには従来の「A15 Bionic」チップもしくはその改良版を搭載するかもしれません。

Proシリーズに「M1」「M2」チップを搭載する?

先日、アップル最新のチップ「M2」を搭載した「MacBook Pro」「MacBook Air」が発表されました。また、「iPad Pro」「iPad Air」にも「M1」チップが搭載されるなど、「M」系のチップが活躍するフィールドは広がっています。

iPhoneもシリーズ内の差別化を図るため、Proシリーズでは「M1」もしくは「M2」チップを搭載する可能性はあります。

ただし、「M」系のチップと、「A」系のチップでは、AI対応、消費電力などへの設計が異なる可能性があり、本体サイズの影響で電池容量に制限があるiPhoneシリーズには搭載されないかもしれません。

iPhone 13 miniで、〝mini〟は廃番。代わりに「iPhone 14 Max(仮)」が登場する?

手のひらに収まるコンパクトサイズが魅力のiPhone 13 miniですが、「iPhone SE(第3世代)」とのバッティングからか、販売好調とは言えないようです。

「iPhone SE(第3世代)」

そこで、iPhone 14(仮)シリーズではminiの販売が行われない可能性があります。代わりに大画面の「iPhone 14 MAX(仮)」が登場するウワサがあります。「iPhone 14 Pro Max(仮)」と画面を共有すれば量産効果も期待できますし、iPhone SEと市場を分けることも可能なので、こちらの戦略は現実的なものと考えられます。

新型「iPhone 14(仮)」シリーズの価格はいくら?

昨今の円安状況で、iPhoneシリーズも価格の見直しがあり、現行iPhoneシリーズ最高価格のiPhone 13 Pro MAXの1TBモデルは、アップルストアで23万4800円となっています。

新型ではそれ以上の価格設定になるかもしれません。また、iPhone 14 Pro(仮)シリーズには2TBモデルがラインアップするウワサもあり、その場合には価格が27〜8万円になるのでは? というウワサもあるようです。今後の情報に注目です!

※データは2022年7月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。