小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

災害時に大活躍!これがあるだけで安心できるソーラーチャージャーを搭載したTraibowのモバイルバッテリー

2022.07.09

今やアウトドアでモバイルガジェットを維持・使用するのには必須なのがモバイルバッテリー。充電容量やサイズ、重量も大切な要素だが、ここ最近は様々な付加価値を多数搭載しているモデルが目につくようになってきた。

そこで今回は、災害時に便利な機能を追求し、防水防塵・ソーラーチャージャーを搭載した、Traibowのモバイルバッテリーについてレビューしていこう。

「モバイルバッテリー」は光ってワイヤレス給電とソーラー発電できるのが当たり前?

出張が多い筆者には、スマホやデジタルガジェットの充電にモバイルバッテリーと充電ケーブルの持参は必須だ。

しかし、必要以上に充電ケーブルを抜き差ししすぎて端子を壊した結果、再充電ができずに利用を断念したモバイルバッテリーを、意味なく持ち歩かざるを得なかった、そんな悲しいできごとが多々ある。空になった「モバイルバッテリー」の再充電をいかにして行えば良いのか。これは難題である。

しかしTraibowの「モバイルバッテリー」は、そんな筆者の悩みを一気に解決してしまったのである。

バッテリー運搬中に起こりうる、アクシデントやシチュエーションを想定して、安全重視に設計されたのが本機という訳だ。

Traibowの「モバイルバッテリー」は、地震・台風・豪雨などの災害に対応するべく、〝防災対策グッズとして何が一番大切か〟という真摯な設計思想に基づき設計された。その結果、防水・防塵は当然ながら、災害時に「あると便利」な機能を多数搭載するに至ったのだ。

これでもかと言わんばかりの多機能を搭載!

本体筐体はABS樹脂製につき、タフなデザインとともに、とても堅牢。落として壊れる姿が想像できない。筆者も撮影テーブルの高さである1m程度の高さから何度か手を滑らせて落としてしまったが、特に機能に影響はなかった。

また、防水機能もIP66なので端子のゴム蓋さえ閉めておけば、雨や水しぶきでも安心。抜かりがない。

さて、基本としてのモバイルバッテリーとしての性能をチェックしてみよう。

本体側面には、USB Type-A端子が4基も搭載されている。さらにMicro USBとUSB Type-C端子を合わせて、合計6台のスマホやタブレット、デジタルガジェットへ同時給電が可能だ。

実はUSB Type-C端子は、入力・出力両方に使える。残念ながら USB PD(USB Power Delivery)に対応しておらず、UMPC(ウルトラモバイルPC)の充電には使えないのは残念だが、まあそこまで求めるのは酷というものだろう。

実際、PD充電対応のノートPCに繋いでみたが、PD対応バッテリーではないので充電できなかった。これは残念。

そして、iPhoneとミニバッテリーを同時にUSBケーブルで繋ぎ給電してみたら、約2時間で満充電になった。

本体上面にはソーラーチャージャーが内蔵されているので、晴れた日に外に出しておけば、日光を受けて充電が可能。バッテリー自体に電源供給が難しい、アウトドアや災害対策用として、とても喜ばしい機能である。

本機の充電容量は5つのLEDランプの光で表示される。あくまで筆者宅環境下での実験結果だが、日光照射で数時間放置したところ、ランプ2~3つ分くらいは容量がアップしたので、実用性はあると判断できる。

そして本機の特徴は裏面にもある。この面ではワイヤレス充電が可能だ。

さらにLEDライトも裏面で点灯する。電源ボタンを2回押すとライトが点灯し、3回でライ卜が点滅。4回ではライトがすばやく点滅するので、SOSを発信する際にも活用できそうだ。

個人的にはここ最近Vlogにはまっているのだが、撮影用のランプ兼、カメラの充電用に最適ではないかと感じた。

Traibowのモバイルバッテリーの主な仕様

容量:2万mAh
サイズ(W×D×H):165×84×28mm
重量:540g
定格入力:Micro…5V/2A Type-C…5V/3A
定格出力:USB…5V/3A Type-C…5V/3A ワイヤレス…5V/1A
USB出力:4口

Traibowのモバイルバッテリーの価格は1万4800円だ。GREENFUNDINGなら2022年7月15日までの期間限定で9800円からの出資を募っている。

本機は、決して安いものではない。しかし災害時には何が起きるかはわからない。それならば万一に備え、ソーラーパネルやワイヤレス充電ができるバッテリーがあったら安心だ。いつぞや役に立つかも知れぬ。

むしろ今後は、多機能バッテリーこそがモバイルバッテリーのスタンダード仕様になるかもしれない。今、正にモバイルバッテリー界は、大幅な転換期を迎えようとしているのではないだろうか。

参考サイト
https://greenfunding.jp/lab/projects/6098

【FURUの本音ジャッジ】
堅牢さ     ★★★★★
多機能さ    ★★★★★
サイズ     ★★★★
重量      ★★★★
価格      ★★★★

文/FURU


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。