小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「今年、芸能生活50周年」と知って驚いた芸能人TOP3、3位松任谷由実、2位ビートたけし、1位は?

2022.06.30

新しい才能が次々と生まれる芸能界。そんな世界で長年にわたり活躍するレジェンドたちがいる。なかには今年で芸能生活50周年を迎えるという大御所も。

「gooランキング」は、今年で50周年と知って一番驚いた芸能人は誰なのかについてアンケートを行い、結果をランキング化した。誰が上位に選ばれたのか? さっそくランキングを見ていこう。

1位「郷ひろみ」

1972年1月に大河ドラマ『新・平家物語』(NHK)で俳優デビューし、同年8月にシングル『男の子女の子』で歌手デビュー。その後は西城秀樹(故人)や野口五郎と共に“新御三家”として人気に。

以降も『よろしく哀愁』や『お嫁サンバ』などのヒット曲をリリースし、1999年には「第41回 日本レコード大賞」で最優秀歌唱賞を受賞。歌手デビュー50周年を迎える2022年8月には、通算108枚目となるシングルが発売予定。

60代後半を迎えた現在もなお、ステージで切れのあるダンスを観客に披露している郷ひろみが、1位となった。

画像はイメージです

2位「ビートたけし」

1972年に東京・浅草で芸人として活動を開始。その後、ビートきよしと漫才コンビを結成し、「ツービート」として漫才ブームをけん引した。現在では“お笑いBIG3”の一人としておなじみだ。

漫才ブーム後も、お笑い番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)などで人気を不動のものにし、1989年には本名の北野武名義で映画監督としてもデビュー。「ベネチア映画祭」をはじめ数々の映画祭で賞を獲得している。

芸歴50周年となる2022年には、イタリアの映画祭で監督として生涯功労賞にも輝いた。

3位「松任谷由実」

14歳で作曲家として活動を始め、大学在籍中の1972年にシングル『返事はいらない』で歌手デビュー」。以降も女性シンガーソングライターの草分け的存在として、長年にわたって第一線で活躍している。

2022年で歌手デビュー50周年を迎える彼女、デビュー当時から続くラジオパーソナリティー活動も今年で50周年。今秋には、全国の民放ラジオ99局でリクエストされた曲を元にしたベストアルバムの発売も予定されているとのこと。

2022年6月現在も全国63公演に及ぶ全国ツアーで精力的にライブ活動を行っている。

【調査概要】
調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したもの。
投票合計数:有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査日:2022年5月9日

関連情報
https://ranking.goo.ne.jp/column/8099/

構成/オニザワミカ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。