小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

おサイフケータイ、防水対応!モトローラの日本専用モデル「moto g52j 5G」を使ってわかった〇と✕

2022.06.27

■連載/石野純也のガチレビュー

 “携帯電話の老舗”として今もその名を知られるモトローラだが、日本ではオープンマーケットを中心にミドルレンジのスマホを数多く投入している。コストパフォーマンスに優れた端末が多い一方で、おサイフケータイや防水といった、日本市場向けのカスタマイズは見送られてきた。そんなモトローラが、満を持して日本専用モデルとして発売したのが「moto g52j 5G」だ。

 同モデルは、グローバル版の端末をベースにしながら、基板から作り直し、日本専用モデルに仕立て上げた1台。コストパフォーマンスの高さはそのままに、モトローラのオープンマーケット版スマホとして、初めておサイフケータイに対応しているのが最大の特徴だ。防水・防塵仕様もIP68と高く、急な雨に降られがちな梅雨どきや夏場でも安心して利用できる。

 スペック的にはミドルレンジモデルで、その名の通り5Gにも対応しているmoto g52j 5G。価格は約4万円で、MVNOやオンライン専用ブランドの回線と組み合わせやすい。日本専用モデルながら、グローバルのコストメリットを生かせている印象だ。そんな同機を、短期間ながら試用することができた。ここでは、そのレビューをお届けしよう。

モトローラのオープンマーケットモデルとして初めておサイフケータイに対応したmoto g52j 5G

レスポンスのいい大画面を採用、トレードオフは持ちやすさか

 おサイフケータイやIP68の防水・防塵仕様が注目を集めがちなmoto g52j 5Gだが、スマホとしての基本性能もなかなか高い。まずはディスプレイから。画面サイズが6.8インチと大きく、映像を再生した際の迫力は抜群だ。液晶を採用しているため、有機ELのような高いコントラスト比は味わえないが、動画などのコンテンツが見やすいのはうれしい。

 液晶ながら、リフレッシュレートが120Hz駆動に対応しているのも、同モデルの特徴だ。この高いリフレッシュレートのおかげで、スクロールなどの操作をした際の動きが非常に滑らか。操作感のよさは、ハイエンドモデルかと思ってしまうほどだ。リフレッシュレートは60Hzと120Hzの2択だが、AIを使用して、自動で切り替える機能も用意されている。

ディスプレイのリフレッシュレートは最大120Hz。AIによる自動切り替え機能にも対応する

 ここ最近のハイエンドモデルには、リフレッシュレートを1から120Hzの間で可変するものもあるが、コストがかかることもあり、ほかのミドルレンジスマホと同様、moto g52j 5Gもこうした機能には非対応だ。一方で、120Hzに設定したままだと、不要な場面でリフレッシュレートが高いままになり、バッテリーの消費が激しくなる。60Hzと120Hzの切り替えだが、AIで自動制御できるのはうれしい機能と言えるだろう。

 ただし、トレードオフとしてボディのサイズが大きくなってしまっているため、片手での操作は少々しづらい。片手で持って親指で画面の上部をタッチしたり、ドラッグしたりするのは、よほど手が大きい人でないと難しいだろう。通知は画面下部を下方向にドラッグすれば開けるなど、ユーザーインターフェイス(UI)で補われている部分はあるものの、コンパクトな端末が好きな人には不向きかもしれない。

サイズが大きく、ディスプレイが見やすぶん、片手での操作がしづらい

 サイズが大きいため、重量が206gと少々重めなのも残念なポイントだ。また、ミッドレンジモデルゆえか、背面の素材が樹脂になっている。落下時にガラスのように派手に割れてしまう心配は少ないが、見比べてしまうと、わずかだがチープ感はある。価格なりと言えば価格なりだが、長く使っていくうえでは少々気になるポイントだ。ミドルレンジモデルならではの割り切った仕様と言えるだろう。

背面は樹脂でできている。よくよく見ないとわからないが、ややチープ感がある部分だ

ミドルレンジ上位に迫るパフォーマンス、5G対応もうれしい

 チップセットには、Snapdragon 695 5Gを採用しており、パフォーマンスはそれなりに高い。Snapdragon 695 5Gは、600番台のため、性能的には中級レベルのチップセットと思われがちだが、どちらかと言えばミッドハイのモデルに搭載される700番台のSnapdragonに近い。moto g52j 5Gも、通常のアプリであれば、特に重くなることなく、スムーズに動作する。ベンチマークアプリで取ったスコアも、まずまずの結果だ。

Geekbenchでのスコア。ミッドレンジモデル上位に迫る実力だ

 5Gに対応しているのも、このモデルの特徴。端末にはOCNモバイルONEのSIMカードを挿してみたが、5G接続時には数百Mbpsと高い速度が出ていた。アプリのダウンロードなど、サイズの大きなデータをやり取りする際には重宝しそうだ。デュアルSIMやeSIMに対応しているため、複数キャリアを同時に利用できるのもうれしい。通信機能に関しては、オープンマーケットの端末に求められている仕様を網羅している印象だ。

5Gに対応しており、エリア内からの通信速度は非常に速い

 ただし、5Gの対応周波数にはやや注意が必要になる。特にドコモやドコモからネットワークを借りるMVNOの回線で使用する場合、4.5GHz帯である「n79」に非対応な点がネックになる。ドコモは、衛星通信との干渉調整の必要がないn79で5Gのエリアを広げているため、この周波数帯に非対応だと、5Gでつながらない箇所が多くなるからだ。実際、OCNモバイルONEのSIMカードでも、5Gで通信できるエリアは狭かった。

 逆に、1.7GHz帯(n3)や700MHz帯(n28)といった、低い周波数の5Gには対応している。そのため、4Gの周波数を5Gに転用して、エリアを広げているKDDIやソフトバンクのネットワークでは使い勝手がいい。5Gに接続するケースが多く、通信速度も高くなりやすい。5Gのエリアは今後さらに広がっていくことを踏まえると、moto g52j 5GではKDDIやソフトバンクの回線を使うようにした方がよさそうだ。

 メモリは6GB、ストレージは128GBで、バッテリーは5000mAh。メモリやストレージは、ミドルレンジモデルとしてはごく普通の仕様だが、バッテリーは多めだ。15Wの急速充電に対応しているため、チャージのスピードもまずまずの速さと言えるだろう。いずれもハイエンドモデルと比べると見劣りする部分はあるが、必要十分な性能には達している印象を受ける。

ストレージは128GB。microSDカードにも対応するため、写真や動画などを頻繁に撮る人にも安心だ

必要十分なカメラとシンプルなUIで、使い勝手がいい1台

 必要十分という点では、カメラも同じだ。同モデルは、背面にトリプルカメラを搭載しており、メインカメラの画素数は5000万画素と高い。撮影時には、いわゆるピクセルビニングで画素を束ねて感度を上げるため、暗所での写りも上々。標準モードで撮影すると、1200万画素相当の写真として記録される。AIによる被写体の判別機能も備えており、料理の写真などでは温かみを増した仕上がりになる。

カメラはトリプルカメラで、メインカメラの画素数は5000万画素

解像感があり、色味のバランスも悪くない。AIによる補正は控え目だ

 メインカメラ以外は、800万画素の超広角カメラ兼深度センサーを備える。こちらは、画素数が800万とやや低いこともあって、解像感はメインカメラより落ちる。もう1つは、200万画素のマクロカメラ。被写体に接近して、ディテールをクッキリ映し出せる半面、画素数が低いため等倍で見るのがやっとといったところだ。メインカメラと超広角カメラは実用的だが、マクロカメラはオマケ程度に捉えておいた方がいいかもしれない。

マクロカメラで撮った写真。確かに寄れてはいるものの、解像感が低く、暗めの仕上がり

 モトローラは、ピュアAndroid戦略に基づき、ソフトウエアのカスタマイズを最小限に抑え、AndroidならではのUIを踏襲している。中国や韓国のメーカーが、UIまで含め、大幅に手を加えているのとは対照的だ。カスタマイズが少なめのAndroidから乗り換えても、操作に迷うことはないだろう。一方で、モトローラならではのひと工夫が加えられているのも、同社のスマホの特徴だ。

UIは、Android標準に近い

 例えば、電源ボタンをダブルタップすると、アプリのショートカットが出現する。ダブルタップの判定がかなりシビアで、失敗することが多いのは難点だが、よく使うアプリをまとめておけるので便利だ。本体を素早く2回ひねるとカメラが起動する「クイックキャプチャー」といった機能も、モトローラなではのカスタマイズになる。見た目は標準的なAndroidに近いが、ゼスチャー操作などで独自性を出しているというわけだ。

電源ボタンをダブルタップすると、ショートカットが現れる

ゼスチャーでカメラを起動したり、3本指のタップでスクリーンショットを取ったりすることが可能

 こうした機能や仕様に加え、冒頭で述べたように本モデルはおサイフケータイやIP68の防水・防塵に対応している。ほかのおサイフケータイ対応スマホと同様、moto g52j 5GでもモバイルSuicaやiD、QUICPayといった各種電子マネーやクレジットカードを利用可能。タイプA/BのNFCも搭載しており、Google PayでVISAのタッチ決済などを使用することもできる。おサイフケータイは日々の支払いに欠かせない機能なだけに、道具としの使い勝手が高まった印象を受ける。

おサイフケータイに対応しており、各種電子マネーに対応する

 パフォーマンスが高く、大画面で5G対応。しかもおサイフケータイと防水・防塵に対応しながら、moto g52j 5Gはわずかながら4万円を下回る価格で販売されている。円安傾向の中、かなりがんばった価格設定と言えるだろう。必要十分で、値ごろ感のあるスマホを探していた人には、いい選択肢になりそうだ。

【石野’s ジャッジメント】
質感        ★★★
持ちやすさ     ★★★
ディスプレイ性能  ★★★★
UI         ★★★★
撮影性能      ★★★★
音楽性能      ★★★★
連携&ネットワーク ★★★★
生体認証      ★★★★
決済機能      ★★★★★
バッテリーもち   ★★★★
*採点は各項目5点満点で判定

取材・文/石野純也

慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。