小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソンの4人に1人が「晩酌は平日週5日」

2022.06.23

 

仕事帰り、頑張った自分へのちょっとしたご褒美にと、途中のスーパー・コンビニでおつまみともにビールやチューハイを買う……そんなふうに、仕事終わりのリセット方法として“おうち飲み”を日頃楽しんでいる人は多いに違いない。

では、ビジネスパーソンにとって平日どれくらいの頻度で晩酌するのがスタンダードなのだろうか?

サッポロビールはこのほど、全国の25~49歳の働く男女500名を対象にした「ビジネスパーソンの飲酒事情調査」の結果を発表した。

仕事終わりのリセット方法1位「お酒を飲む(44.6%)」

平日、仕事終わりにどのように日常をリセットしているのか聞いたところ、「お酒を飲む(44.6%)」に最も多くの回答が集まった。「美味しいものを食べる(43.4%)」と回答した人も多く、お酒や食事を楽しむことで日常をリセットしている人は多いことがわかった。

次いで「お風呂に入る(41.0%)」、「ネットサーフィン(40.0%)」、「睡眠(39.4%)」といった自宅で楽しめることに多くの回答が集まった。また、自宅で飲むお酒の種類は「ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンルを含む)(67.0%)」「サワー・チューハイ(59.4%)」が特に人気だった。

コロナ禍で約4割「量は変わらず、ゆっくり飲むように(38.8%)」

コロナ以前と比べたお酒の飲み方の変化を聞くと、「あまり変わらない酒量をゆっくり味わうようになった(38.8%)」という人が最も多い結果に。また、1ヶ月あたりの自宅用のお酒にかける金額を聞いたところ、コロナ禍前は平均5,138円、現在は平均5,493円と若干増加。“家飲み”需要の高まりがうかがえる。

お酒を飲むタイミングやシーンは、コロナ禍前も現在も変わらず「リラックスタイム(コロナ禍前56.0%/現在54.8%)」が多いことがわかった。「ひとりでゆっくり楽しみたい時(コロナ禍前17.2%/現在18.6%)」「だらだらしたい時(コロナ禍前10.6%/現在11.2%)」「味わいを楽しみたい時(コロナ禍前8.8%/現在11.0%)」は、コロナ禍を経て増加傾向にある。

仕事終わりに日常のリセットとしてお酒を飲んでいる人が多いことを受け、平日の晩酌の頻度についても調査。4人に1人が、平日は毎日(週5日)晩酌をしていることがわかった(コロナ禍前23.4%/現在26.2%)。お酒は、ビジネスパーソンの日々によりそう存在であると考えられる。

チューハイ・サワーといえば柑橘系のイメージが強い

約6割の人が自宅でよく飲むチューハイ・サワー。思い浮かぶフレーバーを聞いたところ「レモン(85.0%)」「グレープフルーツ(56.8%)」と、柑橘系のフレーバーに特に多くの回答が集まった。グレープフルーツサワーは8割以上の人が「好き(37.0%)」または「どちらかというと好き(43.8%)」と回答し、レモンサワーに次いで実はファンが多い、もう一つの定番サワーと言える。

レモンサワーは「スッキリ」感、グレープフルーツサワーには「果実感」が求められる傾向

レモンサワーとグレープフルーツサワーに、どのような味わいが求められているかを調査。その結果「スッキリ(レモンサワー42.2%/グレープフルーツサワー38.2%)」「爽やかさ(レモンサワー28.8%/グレープフルーツサワー25.6%)」は、グレープフルーツサワーよりもレモンサワーに求められていることがわかった。

一方で、「果実感(レモンサワー45.6%/グレープフルーツサワー46.4%)」「ジューシーさ(レモンサワー34.2%/グレープフルーツサワー36.2%)」は、レモンサワーよりもグレープフルーツサワーにより強く期待されている。爽快感を求める人はレモンサワーを、果実感を求める人はグレープフルーツサワーを選んでいるという傾向がうかがえる。

さらに「グレープフルーツサワーが好き」と回答した人を対象に、どんなタイミングやシーンでグレープフルーツサワーを飲みたいか質問した。その結果「リラックスタイム(67.6%)」「リフレッシュタイム(47.0%)」「くつろぎたい時(27.6%)」と回答した人が特に多くなった。

グレープフルーツサワーは、お酒を飲むタイミングとして定番の、リラックスタイムやくつろぎの時間にぴったりだ。次いで「味わいを楽しみたい時(16.8%)」と回答した人も多く、コロナ禍で増加傾向にある、お酒の味わいをゆっくり楽しみたいシーンにもマッチすると考えられる。

<調査概要>
調査期間:2022年3月15日~3月17日
対象:全国の、月に1回以上飲酒をする25~49歳の働く男女 500名
調査方法:インターネット調査
調査会社:株式会社ネオマーケティング

出典元:サッポロビール株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。