小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ疲れ解消需要の影響?ホテルのウェルネスリトリートプランが増えている理由

2022.06.19

今、ホテルやリゾート施設で、ヨガやピラティス、エクササイズ、ウォーキングなどのプログラムに加え、心身の癒しや健康を軸とした体験ができる“ウェルネスリトリート”プランが増えている印象だ。従来の旅行のように、ただ周遊し、くつろぎ、休息するだけでない効果が期待できそうだ。星のや富士、リソルの森、ウェスティン都ホテル京都の3つのプランを紹介する。

1.星のや富士「樹海リトリート」

●「樹海リトリート」とは

樹海イメージ

富士山麓に位置するグランピングリゾート「星のや富士」は、河口湖を見張らせる環境で高級グラピングを楽しめる場所だ。その富士の樹海で瞑想し、ウォーキングと身体を意識した食を1泊2日で存分に楽しめるのが“ウェルネスリトリート”を体験できる「樹海リトリート」だ。

一日目は高地順応を目的とした森のストレッチウォークでウォームアップ。手作りしたエナジーバーでの行動食や豆乳鍋の夕食の後は、指南書を参考に、入浴ストレッチで身体を緩める。二日目は、樹海のパワースポット竜宮洞穴の神秘的な雰囲気の中で瞑想。全身で樹海の自然を感じながら、溶岩大地を力強く歩くウォーキングを楽しむ。鹿肉や季節のサラダのブランチで心身ともに洗われ、アップデートできそうだ。

樹海での瞑想イメージ

「森のストレッチウォーク」イメージ

●「樹海リトリート」

期間:2022年4月1日~2022年9月30日(除外日あり)
料金:1泊2日
・1組1名の場合 65,340円(税・サービス料10%込)
・1組2名または3名の場合 50,820円/1名(税・サービス料10%込)

1ヵ月に、1~2件予約が入っており、経営者や、友人同士、40~60代のご夫婦での利用が多いという。

●開発背景

キャビン外観

キャビン内観

本プランの開発背景について、星のや富士 広報 水谷優希氏は次のように述べる。

「厚生労働省が実施した『新型コロナウイルス感染症に係るメンタルヘルス調査』において、神経過敏や気分の落ち込みなど心身の健康に不安を感じると回答した人が約65%を占める結果となりました。星のや富士では、そのような方々に向けて、星のや富士が位置する富士北麓の樹海独自の自然と文化を掛け合わせたウェルネスプログラムを提供することで、深い癒しを感じていただきたいと思い、本プログラムを開発しました」

●こだわりと目玉

クラウドテラス

盛りだくさんのプランだが、こだわったポイントと目玉はどこにあるだろうか。

「こだわりの一つは、樹海で深く癒しを感じていただくために、星のや富士施設内と樹海にて、アウトドアに精通したグランピングマスターのサポートがある点です。標高約920m~1300mの準高地に位置する樹海に行く前日には、高地順応を目的とした『森のストレッチウォーク』を行います。夕食にはしっかりとした栄養補給を目的に、身体を温める豆乳鍋をご用意します。樹海でのウォーキング後には、クールダウンのストレッチも行い、しっかりと筋肉を緩めます。普段は運動をする習慣のない方でも、グランピングマスターのサポートがあることで無理なくご参加いただけます。

一番の目玉ポイントは、より心身の浄化と深い癒しを感じられるよう、今年から新たに追加された、樹海のパワースポット・竜宮洞穴の神秘的な雰囲気の中で瞑想し、感覚を研ぎ澄ます時間です。早朝の清々しい空気が漂う竜宮洞穴で、木々の隙間から差し込む太陽の光や森の香り、鳥のさえずりなど全身で樹海を感じながら、心身をリフレッシュします」

●期待できる効果

樹海ウォーキングイメージ

本プランを通じて、どのような効果が期待できるだろうか。

「樹海瞑想や樹海の中でのウォーキングを通して、心身の浄化と深い癒しを得ることができます。樹海瞑想は、樹海にある溶岩洞穴の一つ、竜宮洞穴で神秘的な雰囲気の中で感覚を研ぎ澄まします。竜宮洞穴は、かつて人々が雨乞いのために訪れたとされる国指定天然記念物で、その入り口には水の神・トヨタマヒメの祠が祀られています。神聖な雰囲気のなか、この土地ならではの文化に思いを巡らせながら瞑想を行うことで、感覚を研ぎ澄まし、心身の浄化を感じます。

瞑想後に行うウォーキングでは、深い呼吸と体感を意識しながら、足裏でしっかりと地面を踏んで、速足で歩いて体温を上げ、身体を目覚めさせます。豊かな自然の中を歩くことで、樹海のエネルギーを全身で感じ、森林浴をしながら、深い癒しを得られます」

特に都会に住む人々にとっては、滞在中の深い自然の中での瞑想やウォーキングで、心身ともに日常では得られない何かが得られそうだ。

2.Sport & Do Resort リソルの森「森のサーカディアンリズム」

●Sport & Do Resort リソルの森「森のサーカディアンリズム」とは

テラスハウス

リソルの森は、千葉県長柄町にあるグランピングエリアを中心に、多様な宿泊施設や天然温泉、レストラン、ゴルフ場、スポーツ施設等を備えたアウトドアリゾートだ。その場所で、“ウェルネスリトリート”を楽しめるのが、滞在型のウェルネスプログラム「森のサーカディアンリズム」だ。

本プランは、太陽とゆかりのある森で、身体に自然のリズムを取り入れる3泊4日プランとなっている。

「サーカディアンリズム」とは、体温や血圧、ホルモンの分泌など、基本的な身体の働きを約24時間のリズムで変化させている身体のリズムのこと。日常の生活で乱れてしまいがちなこのリズムを、「レイライン」と称される神聖なる太陽の通る道に位置する房総の海のミネラルが豊富に染み込んだ大地で、太陽のエネルギーを肌に感じ、本来の心身の健やかさを取り戻す。

テラスハウス

滞在中の4日間で、フィットネス・アセスメント、コンサルテーション、フィットネスワークアウト、オイルトリートメント、栄養コンサルテーション、森のお散歩、ふさのくにウォーク/ライド、モーニングヨガ、カウンセリング、ヘルシーウェルネスミール、紅葉乃湯入浴、長柄カルナの湯入浴、メディテーションのすべてのプログラムが体験できる。

宿泊は、木のぬくもりあるテラスハウス、または、晴れた日には、太平洋や房総半島を一望できる16階建てのホテルトリニティ書斎のいずれかを選べる。

スポーツ施設

森の中でメディテーション

●「森のサーカディアンリズム」

期間:2022年6月1日~2023年3月31日(除外日あり)
料金:3泊4日 1名 186,000円(税込)

互いの健康を気遣っている50代~60代くらいの夫婦や、デジタルデトックスが必要と感じている30代ビジネスパーソン、デトックスを希望する1人旅の女性などに多く利用されているという。

●開発背景

本プランの開発背景について、リソルの森 広報宣伝部広報課 兼 ホテル運営部リゾート販売課 北川あかり氏は次のように述べる。

「心に栄養を与える“遊び”“レジャー”としての休み方だけでなく、自分のために過ごす休み方のご提案、休暇明けに今まで以上のリフレッシュした状態を体験してもらえるような休み方のご提案をしたく、開発しました。森の中で過ごす自然のリズムとともに“休む”“動く”を体験していただけるよう工夫しています」

●こだわりと目玉

充実するプログラムがそろうプランだが、こだわったポイントと目玉はどこにあるだろうか。

「クリニックを併設するトレーニングセンタースタッフによる、フィットネス・アセスメントやコンサルテーションで身体の悩みや、活動量、食事状況などを伺い、ご利用者様の身体のコンディションと目的に合うお食事内容、運動内容を盛り込んだプログラムをご提案します。各プログラムは自然や四季を感じる環境で行われ、ご自身の身体の変化、心の変化への気づきを体験していただけます。

個人のコンディション・目的に応じ、森の中散策やサイクリングなどを組み込んだスポーツアクティティのプログラム提供は、中房総の自然豊かな森の中に位置する当施設ならではのウェルネスリトリートプランです」

●期待できる効果

紅葉乃湯

本プランを通じて、どのような効果が期待できるだろうか。

「自然環境の中での気づきは、五感(味覚、聴覚、触覚、嗅覚、視覚)が研ぎ澄まされ、不規則な生活、デジタルに囲まれて乱れた自律神経を整え、からだに必要な自身が持つ快適な体内リズムを取り戻します」

本格的なウェルネスリトリートが体験できそうだ。

今後、滞在型ウェルネスプログラムとして「森のサーカディアンリズム」以外にも、心と身体を良い状態に戻す・保つサポートとなるようなプランを展開予定だという。

3.ウェスティン都ホテル京都「Le Jardin Sothys」宿泊パッケージ

●「Le Jardin Sothys」宿泊パッケージとは?

「Awaken SPA Ritual」(ヨガ)イメージ

京都・東山にたたずみ、広大な敷地と多くの自然を有する高級ホテル ウェスティン都ホテル京都には、SPA「華頂」や、併設されたリトリートサロン「Le Jardin Sothys(ル ジャルディン ソティス)」が備わり、ラグジュアリーなリトリートが体験できる。

滞在イメージ

そのスパとリトリートサロン、ホテル敷地内にある華頂山を散策する探鳥路や、季節の花々が美しい屋上庭園などの充実した施設を活用した心身の癒し体験が一度に得られる「Le Jardin Sothys」宿泊パッケージプランが、2021年6月15日から提供スタートした。

プランは2泊3日から4泊5日まで選択でき、各プログラムが体験可能だ。

所要時間5~6時間の「Awaken SPA Ritual (アウェイクン スパ リチュアル)」では、日の出と共にヨガを楽しめる。ホテル敷地内にある「野鳥の森・探鳥路」でのバードウォッチングや森林浴「華頂山 探鳥路散策」や、SPA「華頂」でのスパ体験、「Le Jardin Sothys」での全身トリートメントもある。

SPA「華頂」

「Le Jardin Sothys」イメージ

食も充実している。朝食は、ホテルシェフが考案した3種類から選択できる。「Eat Well Breakfast」は栄養価の高い料理の数々を柔軟なポーションと厳選された食材を用いるなど、細やかな配慮の行き届いたメニュー。「Rest & Recuperate Breakfast」は回復力を高める食材で、疲れた身体の休息と回復を促進するメニュー。「Energize & Motivate Breakfast」は一日を通してパワー持続を手助けする、厳選された高エナジー食材を用いたメニューだ。

「Eat Well Breakfast」イメージ

●「Le Jardin Sothys」宿泊パッケージ

期間:2021年6月15日~
料金:1名
・2泊デラックスプラン 141,780円 / 2泊ラグジュアリースイートプラン 318,313円
・3泊デラックスプラン 236,977円 / 3泊ラグジュアリースイートプラン 507,469円
・4泊デラックスプラン 268,380円 / 4泊ラグジュアリースイートプラン 575,907円
すべて(税・サービス料込)。

顧客層は幅広く、一人での利用以外に、ご夫婦や友人同士で利用されることが多いという。

●開発背景

本プランの開発背景について、ウェスティン都ホテル京都のセールス部 客室予約課長 小林篤子氏は次のように述べる。

「2021年4月のグランドリニュ-アルに際し、大規模リニュ-アルの特徴を生かし、デスティネ-ション京都の新たな観光資源となりうる新しい滞在価値が求められました。

またウェスティンホテル&リゾ-トは、旅先であってもゲストに健康でより良い滞在をご提供することを掲げたプログラム『ウェスティン・ウェルビ-イング』に取り組んでおり、ブランドが掲げるウェルビ-イングを構成する6つのwell(eat well, sleep well, move well, work well, feel well, play well)を体感いただく、滞在の提案として開発に取り組んでおります」

●こだわりと目玉

贅沢で充実のプログラムが揃うプランだが、こだわったポイントと目玉はどこにあるだろうか。

「滞在効果を高めるために、連泊型の商品としての設定にこだわり、『一日の始まり』と『一日の終わり』に最適化したリトリ-トプログラムを、自由に選択いただけるようなご提案にしております。ホテルの恵まれた自然環境と、植物に秘められたエナジーを身体に取り組むことで、大地の恵みを生かしたスパリチュアルを展開するLe Jardin Sothysのシグネチャ-トリ-トメントの融合した体験が、最大の魅力です」

●期待できる効果

「野鳥の森・探鳥路」散策イメージ

本プランを通じて、どのような効果が期待できるだろうか。

「例えば、Awaken SPA Ritualにおいては、新たな一日の始まりに、五感を丁寧に目覚めさせ、その日の体調や気分に合わせたヒーリングアクティビティーを通して、エネルギーの潜在性や集中力を徐々に高めていきます。ゆっくりと心・身体・脳が活性化されることで、一日を通してのエネルギーバランスが整えられ、活力に満ち溢れたパワフルな一日をお過ごしいただけます。疲れやすい方はもちろん、夕方近くに感覚が鈍くなるなど、不調が出やすい方にもおすすめのプログラムです」

ラグジュアリーなスパ&エステ体験は、今やどの高級ホテルでも得られるようになっているが、京都・東山の地で、大自然と共にウェルネスリトリートが贅沢に体験できるのは大きな特徴といえそうだ。

コロナ禍による環境や状況の変化により、心身が疲労回復や健康向上、メンタル面でのリフレッシュなどを求めているのなら、これらのウェルネスリトリートプランを利用して滞在してみるのもいいのではないだろうか。

【参考】
星のや富士「樹海リトリート」
Sport & Do Resort リソルの森「ウェルネスリトリート」
ウェスティン都ホテル京都「Le Jardin Sothys」宿泊パッケージ

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。