小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4大キャリアの「経済圏」利用実態、最もユーザーが多いのは?

2022.06.17

この記事で言う「経済圏」とは、docomo、au、SoftBank(Yahoo!)、楽天など1つの会社が運営している様々なサービス群(ECサイト、通信会社、決済サービス、金融サービス、エンタメ系サービスなど)を指す。これらの経済圏では、共通するポイント、アカウントを利用することで利便性が高く、またよりお得にサービスを利用することができる。

MMD研究所では、そんな「経済圏」のサービス利用に関する調査を実施。予備調査で18歳~69歳の男女25,000人、本調査で6つの経済圏のメイン利用者2,988人を対象に行われたもので先日、その結果が発表された。

メイン利用の大手4キャリアの経済圏ユーザー、利用している通信会社とポイントはそれぞれの経済圏内のサービスがトップ

18歳~69歳の男女25,000人を対象に、現在利用しているスマートフォンについて聞いたところ、91.6%がスマートフォンを持っていると回答した。

次に、スマートフォンを持っている22,899人を対象に、現在利用しているスマートフォンを契約している通信会社を聞いたところ、上位4キャリアは「docomo(29.0%)」「au(17.4%)」「SoftBank(11.1%)」「Rakuten UN-LIMIT (8.4%)」となり、オンライン専用プランの「ahamo(4.5%)」「povo(2.8%)」「LINEMO(1.1%)」を合わせると4キャリアのシェアは74.3%となり、そこにキャリアサブブランドの「Y!mobile(8.7%)」「UQ mobile(5.6%)」を合わせると88.7%、「MVNO」は9.8%となった。

最も意識している経済圏別に見ると、ドコモ経済圏(n=1,941)とイオン経済圏(n=929)は「docomo」、au経済圏(n=1,267)は「au」、ソフトバンク経済圏(n=554)とPayPay経済圏(n=1,346)は「SoftBank」、楽天経済圏(n=5,534)は「Rakuten UN-LIMIT」がそれぞれトップとなった。

次に、18歳~69歳の男女25,000人を対象に、現在最も利用しているポイントを聞いたところ、「楽天ポイント」が34.6%と最も多く、次に「dポイント」が13.4%、「Tポイント」が10.3%となった。

最も意識している経済圏別に見ると、ドコモ経済圏(n=2,004)は「dポイント」、au経済圏(n=1,317)は「Pontaポイント」、ソフトバンク経済圏(n=584)は「Tポイント」、楽天経済圏(n=5,843)は「楽天ポイント」、イオン経済圏(n=1,017)は「WAON POINT」、PayPay経済圏(n=1,370)は「PayPayポイント」がそれぞれトップとなった。

メイン利用の経済圏ユーザーの利用している決済サービス、大手3キャリアとPayPay経済圏はQRコード決済がトップ

スマートフォンを持っている22,899人を対象に、現在利用しているQRコード決済を複数回答で聞いたところ、「PayPay」が41.7%と最も多く、次に「d払い」と「楽天ペイ」が19.1%、「au PAY」が14.0%となった。

最も意識している経済圏別に見ると、ドコモ経済圏(n=1,941)は「d払い」、au経済圏(n=1,267)は「au PAY」、ソフトバンク経済圏(n=554)と楽天経済圏(n=5,534)とイオン経済圏(n=929)とPayPay経済圏(n=1,346)は「PayPay」がそれぞれトップとなった。

続いて、現在利用しているスマートフォン非接触決済を複数回答で聞いたところ、「モバイルSuica」が10.1%と最も多く、次に「iD」が7.7%、「楽天Edy」が5.5%となった。

最も意識している経済圏別に見ると、ドコモ経済圏(n=1,941)は「iD」、au経済圏(n=1,267)とソフトバンク経済圏(n=554)と楽天経済圏(n=5,534)とPayPay経済圏(n=1,346)は「モバイルSuica」、イオン経済圏(n=929)は「モバイルWAON」がそれぞれトップとなった。

次に、18歳~69歳の男女25,000人を対象に、現在利用しているクレジットカードを複数回答で聞いたところ、「楽天カード」が41.4%と最も多く、次に「イオンカード」が15.6%、「PayPayカード」が12.8%となった。

最も意識している経済圏別に見ると、ドコモ経済圏(n=2,004)は「dカード GOLD」、au経済圏(n=1,317)は「au PAY カード」、ソフトバンク経済圏(n=584)とPayPay経済圏(n=1,370)は「PayPayカード」、楽天経済圏(n=5,843)は「楽天カード」、イオン経済圏(n=1,017)は「イオンカード」がそれぞれトップとなった。

メイン利用の経済圏ユーザーの利用している総合ECサイト、ドコモ、au、イオン経済圏は「Amazon」がトップ

18歳~69歳の男女25,000人を対象に、現在利用している総合ECサイトを複数回答で聞いたところ、「楽天市場」が59.3%と最も多く、次に「Amazon」が53.4%、「Yahoo!ショッピング」が31.9%となった。

最も意識している経済圏別に見ると、ドコモ経済圏(n=2,004)とau経済圏(n=1,317)とイオン経済圏(n=1,017)は「Amazon」、ソフトバンク経済圏(n=584)とPayPay経済圏(n=1,370)は「Yahoo!ショッピング」、楽天経済圏(n=5,843)は「楽天市場」がそれぞれトップとなった。

メイン利用している経済圏で最初に利用したサービスのトップ、ドコモ、ソフトバンク経済圏は「ポイント」

予備調査から6つの経済圏のメイン利用者2,988人を抽出し、メイン利用の経済圏で最初に利用したサービスを聞いたところ、ドコモ経済圏(n=500)とソフトバンク経済圏(n=488)は「ポイント(ポイントカード作成)」、au経済圏(n=500)は「通信会社」、楽天経済圏(n=500)は「買い物する場所」、イオン経済圏(n=500)は「非接触決済」、PayPay経済圏(n=500)は「QRコード決済」がそれぞれトップとなった。

※ソフトバンク経済圏にはYahoo!が入り、PayPay経済圏とは別として扱っている。
※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差が生じる場合がある。

<調査概要>
調査期間:2022年4月15日~4月19日
有効回答:予備調査25,000人、本調査2,988人
調査方法:インターネット調査
調査対象:<予備調査>18歳~69歳の男女
     <本調査>6つの経済圏のメイン利用者
※ドコモ経済圏(n=500)、au経済圏(n=500)、ソフトバンク経済圏(n=488)、楽天経済圏(n=500)、イオン経済圏(n=500)、PayPay経済圏(n=500)
設問数 :予備調査15問、本調査10問

出典元:MMD研究所

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。