小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電気自動車に興味がある人は7割、メーカー別は日産、トヨタ、テスラが人気

2022.06.15

まもなくEVはクルマ購入時の選択肢の一つになるのか?

各自動車メーカーから電気自動車のラインアップが徐々に増えてきて、身近な存在となりつつある中、消費者はどのようなクルマ選びを考えているのだろうか?

そんな中、日本政府は2030年までの次世代自動車の国内普及目標として50~70%を掲げており、そのうち、電気自動車に関しては20~30%の国内普及を目指している。

さらに経済産業省が発表した令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」では、電気自動車(軽自動車を除く)において最大80万円、軽電気自動車では最大50万円の補助金支給が提示された。

こうした政府の動きに加え、2022年は国内外のメーカーから電気自動車の新車種発売が予定されており、今後ますます電気自動車への注目度は高まると予想される。

というわけで今回、「ズバット」を中心とした比較サイトを展開するウェブクルーが、「最新の“車購入事情”調査」を実施。その調査結果を発表したので紹介しよう。

Q. あなたは2021年1月~2022年2月現在のあいだで、自動車を購入しましたか?

まずは、「2021年1月~2022年2月現在のあいだで、自動車を購入しましたか?」という質問には18%の人が「はい」と回答した。

Q. 「あなたは2021年1月~2022年2月現在のあいだで、自動車を購入しましたか?」に「はい」と答えた方にお伺いします。購入したのは、新車ですか?それとも新車以外(中古車・新古車・未使用車)ですか?

 

「自動車を購入した」と回答した人のうち、新車を購入したのは52%、新車以外(中古車・新古車・未使用車)を購入したのは48%という結果になった。

Q.「新車」と答えた方にお伺いします。新車を購入した理由を教えてください。(複数回答)

新車を購入した理由においては「最新の車に乗りたかったから」(39%)、「新車でしか購入したい車がなかったから」(27%)、「長期間乗りたいから」(27%)が上位を占める結果となった。

Q.「新車以外(中古車・新古車・未使用車)」と答えた方にお伺いします。「新車以外(中古車・新古車・未使用車)」を購入した理由を教えてください。(複数回答)

 

一方で、新車以外(中古車・新古車・未使用車)を購入した理由においては「車両価格が安いから」(52%)という理由のほか、「新車では買えない価格の車でも、中古なら買えるから」(26%)、「乗りたい車が中古車でしか購入できなかったから(見つからなかったから)」(23%)が上位を占める結果となった。

Q.あなたが購入する車を選ぶ際の基準を教えてください。(複数回答)

次に、自動車を購入する際の基準を調査したところ、最も重要視されるのは「価格」(81%)のほか、「デザイン(外装・内装)」(65%)「燃費」(53%)などが上位となった。

Q.あなたは電気自動車(EV)に興味はありますか?

さらに、電気自動車(EV)における興味の有無について調査を行ったところ、67%の人が「所有していないが、興味がある」と回答、2%の人が「興味があり、すでに所有している」と回答。

Q.「電気自動車(EV)に興味がある」と答えた方にお伺いします。その理由を教えてください。(複数回答)

 

「電気自動車(EV)に興味がある」人に、その理由を調査したところ、「ガソリン車より維持費やメンテナンスのコストが低いから」(52%)、「環境に配慮したいから」(47%)、「各種の補助金・減税が受けられるから」(36%)という回答が上位を占める結果となった。

特に興味がある(もしくは所有している)メーカーや車名を教えてください。(複数・自由回答)

 

さらに、電気自動車(EV)において特に興味がある(もしくは所有している)メーカーや車名を自由に回答してもらったところ、「日産(リーフ、アリアなど)」「トヨタ(MIRAI、bZ4Xなど)」「テスラ(モデル3、モデルSなど)」「ホンダ(Honda eなど)」「三菱(アウトランダーPHEVなど)」をはじめ、多くのメーカー、車名が挙げられた。

Q.「電気自動車(EV)に興味がない」と答えた方にお伺いします。その理由を教えてください。(複数回答)

一方で、「電気自動車(EV)に興味がない」と答えた人にその理由を調査したところ、「充電場所・設備が身近にないから」(63%)、「充電に時間がかかるから」(47%)「走行可能距離が短いイメージがあるから」(45%)という回答が上位を占める結果となった。

約7割が興味を示すが、充電インフラ拡充に対する課題も

今回の結果より、車購入時に新車を選ぶ人においては「最新の車に乗りたい」「長期間乗りたい」というニーズが上位を占め、新車以外(中古車・新古車・未使用車)を購入した人においては「車両価格」を最も重要視するということがわかった。また、新車・新車以外(中古車・新古車・未使用車)いずれの購入者においても、「新車であることを問わず、乗りたい車を購入する」ことを重要視する人が一定数見られた。

加えて、電気自動車(EV)における興味の有無について調査を行ったところ、「維持費・メンテナンスコスト」「環境配慮」「補助金・減税」などの観点から67%の人が「所有していないが、興味がある」と回答、2%の人が「興味があり、すでに所有している」と回答した。

日本自動車販売協会連合会による2021年の「燃料別販売台数(乗用車)」ではEVの販売台数は全体の0.88%という割合であることから、本調査の回答対象となった「ズバット 車買取比較」「ズバット 引越し比較」「保険スクエアbang! 自動車保険」の利用者は、EVへの興味・関心度がより高い傾向にあることがわかった。

一方で、「電気自動車(EV)に興味がない」と答えた人からはその理由として「充電場所・設備が身近にないから」、「充電に時間がかかるから」、「走行可能距離が短いイメージがあるから」などの回答が多く、電気自動車の充電インフラ拡充に対する課題も見られた。

【調査概要】
・調査期間:2022年2月2日~2月7日
・調査対象:「ズバット 車買取比較」「ズバット 引越し比較」「保険スクエアbang! 自動車保険」の過去利用者
・有効回答数:1,916件
・男女比率:男性1,572人(82%)、女性324人(17%)、無回答20人(1%)
・年代比率:10代1人・20代 36人・30代 92人・40代 381人・50代 717人・60代以上 689人
・平均年齢:56歳

関連情報:https://www.zba.jp/car-kaitori/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。