小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

保有枚数、審査通過率、ブランドシェア、数字で読み解くクレジットカードの利用実態

2022.06.11

クレジットカード

この数年で生活に変化が生じた人が多い一方で、「クレジットカード」を見直した人はほとんどいないのではないだろうか。毎日使うからこそ、自分にぴったり合ったクレカを見つけ出すことができれば、生活をもっと豊かにできる。

【TIPS1】日本のキャッシュレス比率はクレジットカードが圧倒的

日本のキャッシュレス比率はクレジットカードが圧倒的

QRコード決済が何かと話題だがキャッシュレス決済は全体の約3割にすぎず、そのうちクレジットカード決済が約8割を占めている。
出典/三菱UFJリサーチ&コンサルティング

【TIPS2】ブランド別のクレジットカードブランドシェアは国内・海外ともにVisaがNo.1

ブランド別のクレジットカードブランドシェアは国内・海外ともにVisaがNo.1

国内ではVISAに次いで、国内発のJCBのシェアが高い。海外では中国発のUnionPay(銀聯カード)のシェアが高いが、実際には中国の人口が押し上げている。
出典/イプソス(国内)、NILSON REPORT(海外)

【TIPS3】国内におけるクレジットカードの審査通過率は約75%

国内におけるクレジットカードの審査通過率は約75%

審査可決率は意外と低い

クレジットカードを持つために必須の審査は発行元によって基準が異なるので、人によって、厳しい、甘いなど様々なイメージがあるだろう。申し込みに対する契約件数の割合が約75%となるので、4人に1人は審査に落ちている計算となる。
出典/日本クレジットカード協会

【TIPS4】日本国内において20歳以上は平均で約2.5枚のクレジットカードを保有

日本国内において20歳以上は平均で約2.5枚のクレジットカードを保有

出典/日本クレジットカード協会

アフター・コロナの社会で欠かせない決済手段

 カード決済ブランドの最大手、VISAが2021年8月31日に発表した調査結果によれば、コロナ禍を境に約2割の人が、「キャッシュレス利用が増えた」という。その最たる手段のクレジットカードの発行枚数は右肩上がりだ(上掲TIPS4)。キャッシュレスと聞けば、高還元率×大規模キャンペーンの印象が強い「QRコード決済」を思い浮かべるかもしれないが、クレジットカードは引き続き定番の決済手段であり続けそうだ。

 実際、国内外のあらゆる決済シーンで利用でき、QRコード決済と紐づけできるクレジットカードのほうが、汎用性、利便性ともに高いといえるだろう。ポイント還元をはじめ、様々なお得な仕組みもあるので、最低でも1枚はクレジットカードを保有しておきたいところだが、新しい生活様式が定着した今、より自分のライフスタイルに合ったクレジットカードへの見直しを提案したい。

 クレジットカードの選び方やシーン別に使えるクレジットカードをまとめたので、自分にぴったりな1枚を見つけてほしい。

取材・文/久我吉史

※掲載している情報は2022年4月28日時点のものとなります。

DIME最新号の大特集は「今こそ大チャンス!2022下半期・逆襲の資産運用プラン」「一番お得なクレジットカード番付」

2022年上半期はオミクロン株の大流行やウクライナ情勢など波乱の幕開けとなった。年初から下落基調だった日経平均株価は依然として不安定な値動きが続いている。下半期に向けても円安や原油高など、先行き不透明な状況の中、今後の投資方針を決めかねている個人投資家も多いだろう。この先の資産運用はどうすればいいのか?

DIME最新号の特集では厚切りジェイソン、テスタ、天野ひろゆき、AKB48武藤十夢、里崎智也、投資系YouTuber、エコノミストなど15人の賢者たちに、2022年の下半期に着実に資産を増やすヒントを徹底取材。さあ、逆襲の時が来た!

豪華付録「Qi対応ワイヤレス充電器」はカバンに常備しておくと便利!

DIME最新号には豪華付録「Qi対応スマホのワイヤレス充電器」が付いてくる。しかも、USB端子のあるノートPCやモバイルバッテリーにつないで使えるので、外出先する時にカバンにしのばせておくと、電池残量が切れそうになっても安心だ。

※主要オンライン書店は完売しています。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

また、USB端子のあるクルマやコンセント、ベッドなどでも使えるのは便利! スマホを充電端子につなぐ必要がなく、置くだけですぐに充電が始まるのはストレスがなく、とても快適です。1台持っておくと便利な今号の付録、ぜひ、ご活用ください。

※主要オンライン書店は完売しました。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

 

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。