小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

本物の飛行機部品で作られた部屋に予約が殺到、東京ベイ東急ホテル×JALのコラボルームが本気だった!

2022.05.29

新浦安エリア「東京ベイ東急ホテル」の、ある客室に予約が殺到している。日本航空(JAL)とコラボレーションしたコンセプトルーム「ウイングルーム」だ。2022年4月28日(木)から販売をスタートし、現時点で2022年7月まで満室、8月・9月も残りわずかという、目覚ましい予約状況。なぜそんなにも好調なのか、人気の理由を取材した。

「本物」を使用。航空ファンに刺さった「ウイングルーム」

東京ベイ東急ホテルの「ウイングルーム」。

「ウイングルーム」は本物の航空機部品を使用し、空の旅の臨場感を味わえる1室限定のコンセプトルーム。退役したボーイング777-300型機の国内線シートやサイドウォールパネルが設置され、航空機ファンには堪らない空間だ。

機内でCAが機内食を運搬する「ミールカート」に触れられることもウイングルームの醍醐味。開閉・移動が可能で、動かしてみるとカート自体はとても軽いことがわかる。

サイドウォールパネルは本物のため、窓の開閉も可能。

ウイングルームが注目を集めた大きな理由は、「本物」の航空機部品が再利用されている点。カーペットも実際の飛行機で使われているもので、雲型のクッションもファーストクラスのレザーを活用している。実際に宿泊した人からは「全て本物の部品が使われているので、迫力満点。飛行機の中にいるようなワクワクをリアルに感じられる」といった声も上がっている。

ウイングルームのテラスから見える、海とJALの飛行機。

このコラボルームの企画は東京ベイ東急ホテルのマーケティング担当、三橋徹さんが発案者。2021年の秋に、JALがSDGsの観点から航空機部品の廃材を使ったアート展の開催や物販ビジネスを展開していることを知り、三橋さんがJALへオファーしたことがはじまりだ。そして新型コロナウイルス感染症の影響で航空産業、観光業、ホテル業含め新しい需要の創出が求められる中、両社が新たに事業展開をする方向性が合致したことで今回のコラボレーションが実現した。

ウイングルームが位置するのは10階の角部屋。テラスからは海が一望でき、羽田空港を離着陸する飛行機の往来も見ることができる絶好の客室だ。ここにJALエンジニアリングの矢田貝弦さんをはじめとするJALの整備士が実際に足を運び、客室のデザインや設置方法を検討。航空機部品はJALの整備士が搬入・設置も担当し、特に湾曲している「サイドウォールパネル」を真っ直ぐ設置することが大変だったと言う。

ウイングルームの宿泊者だけが手に入れられる「オリジナル宿泊証明書」。

宿泊客からも好評な「オリジナル宿泊証明書」は、JAL整備部門の若手のアイデア。飛行機の搭乗券のようなデザインで、宿泊者の名前、客室内に設置されているシートの番号「32ABC」、チェックイン時間の15:00などが記載されている。ウイングルームに宿泊しないと手に入らない、レアなアイテムだ。

多くが男性の宿泊者。新たな顧客層へのアプローチに成功

エンジン内のタービンブレードで作成したルームナンバープレート。

ウイングルームのメインターゲットは航空機ファン。東京ベイ東急ホテルではこれまで「マーメイドルーム」などで多くのZ世代の女性客を獲得してきたが、今回のウイングルームの宿泊者は多くが男性。結果として新たな顧客層へのアプローチに繋がった。

東京ベイ東急ホテルは立地柄、2018年のオープン当初は東京ディズニーリゾートへの観光客やインバウンドの宿泊比率が高く、コロナ禍で苦戦を強いられていた。しかしホテル自体の付加価値を高めるために、2021年より新たなコンセプトルームの販売やホテル全体の照明演出などさまざまな工夫を実施。ウイングルームもその一環で、多彩な仕掛けが実を結び2022年4月やGWは638室あるホテル全体の客室が高稼働で推移したという。

ウイングルームの宿泊料金は1室2人利用で13,200円~、1人あたり6,600円~(税サ込)。2023年4月25日(火)までの限定販売となっている。コロナ禍で大打撃を受けた観光業だが、今回のコンセプトルームのように消費者の想像を超えた「仕掛け」が成功の鍵となるだろう。

・東京ベイ東急ホテル「ウイングルーム」
住所:千葉県浦安市日の出7-2-3
HP:https://www.tokyuhotels.co.jp/tokyobay-h/information/87857/index.html

取材・文/小浜みゆ


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。