小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ケーブルを使ってスマホの画面をテレビに出力する方法

2022.05.21

スマホで手軽に楽しめる動画配信サービスが増えていますが、「折角ならより大画面で楽しみたい」……そんな人も多いのではないでしょうか。実はスマホの画面は、手軽にテレビに出力できる可能性があります。

スマホをテレビに出力する方法は大きく分けると「有線での接続」と、「無線での接続」の2つ。この記事では、ケーブルさえあれば簡単に接続できる「有線での接続」のメリットと、おすすめのケーブルを紹介していきます。

スマホの画面はテレビに出力できるの?

テレビ出力に対応しているスマホの画面は、専用のケーブルさえ用意してしまえば簡単にテレビと繋ぐことができます。

iPhone/iPadに繋ぐ場合と、Androidにつなぐ場合とで、必要なケーブルが異なるので、注意しながら確認してみてください。

スマホの画面を有線接続でテレビに出力するメリットとデメリット

スマホの画面をテレビに有線接続するメリットは、
・ケーブルで繋ぐだけなので出力が簡単
・ケーブルは比較的安価

といった点があげられます。詳細は後述しますが、100円ショップでもケーブルを購入できるので、とてもコスパがいいといえます。

反対に、スマホの画面を有線接続するデメリットは
・ケーブルの範囲内でしか使用できない
・スマホをケーブルで充電しながら使用できない場合は、充電が減っていく

などが挙げられます。短いケーブルでは長さが0.5mに満たないものもあるので、スマホを持って動き回れないのは不便といえるでしょう。

iPhoneとAndroidスマホではテレビへの出力に必要なケーブルが違う!?

スマホの画面は、ケーブルでテレビに繋げることで、出力ができると紹介しました。ただし、お使いのスマホによっては、ケーブルの種類に違いがあるので、購入前に確認しておきましょう。

iPhoneの場合、「iPhone 5」以降のモデルでは、「Lightning」といわれる接続端子が採用されています。そのため、テレビと接続するためのケーブルは、片側がLightning対応になっている必要があります。

Androidスマホの場合、多くは「USB Type-C」と呼ばれる接続端子になっています。数年前のモデルでは、「microUSB」を採用しているケースもあるので、お使いのスマホをよく確認し、対応しているケーブルを選ぶように心がけましょう。

また、iPhone、Androidスマホのどちらを使用していても、ケーブルと接続するために、対応の変換機を使用するのも手段の1つです。

例えば、Apple Storeからは「Lightning-Digital AVアダプタ」という、純正の変換ハブが6380円で販売されています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】アップル/Apple Store Lightning-Digital AVアダプタ

USB Type-Cを搭載したAndroidスマホの場合は、エレコムの「MPA-C35HDMIPDBK」のような製品が利用できるでしょう。こちらは公式オンラインショップで、8338円となっています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】エレコム/ MPA-C35HDMIPDBK

スマホとテレビの有線接続に使えるHDMIケーブルを紹介!

ここからは、変換器と併せてスマホとテレビの有線接続に使用できるHDMIケーブルを紹介していきましょう。

すっきり配線できるスリムタイプ! スマホとテレビの有線接続が可能なHDMIケーブル【エレコム/ CAC-HDPSS10BK】

エレコムの「CAC-HDPSS10BK」は、ケーブルの太さが約3.2mmとスリムな設計になっているため、配線をすっきりさせられるHDMIケーブル。デスク周りの整理が苦手という人にもおすすめの製品です。

映像出力は4K HDRに対応。18Gbpsの高速伝送が可能となっています。ケーブルの長さは1mです。

公式オンラインショップでの販売価格は5841円。ケーブルの長さが1.5mの「CAC-HDPSS15BK」は6622円、1.8mの「CAC-HDPSS18BK」は7205円で販売されているので、設置場所に適した長さを購入すると良いでしょう。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】エレコム/ CAC-HDPSS10BK

1mから8mまで! 用途に適した長さから選べるスマホとテレビの接続に便利なHDMIケーブル【パナソニック/RP-CHKシリーズ】

パナソニックの「RP-CHK」シリーズは、コードの長さが最短1m、最長で8mと、
幅広いラインアップが用意されているのが特徴。特にスマホとテレビを有線接続すると、ケーブルの長さに行動範囲を制限されてしまうので、長さに余裕のある製品もあるのは、うれしいポイントです。

画質は4K HDRに対応の高画質出力が可能。オープン価格の製品となっており、執筆時点(2022年4月下旬)では、ヨドバシ.comで、1mモデルが2680円、8mモデルが1万7850円となっています。

楽天市場での購入はこちらから

【参照】パナソニック/RP-CHKシリーズ

スマホとテレビの接続は取り回ししやすいフラットケーブルが吉!?【バッファロー/ BSHD3F10BK】

バッファローの「BSHD3F10BK」は、ケーブルが1.9mmで、平らになっているので、カーペットの下などに這わせての配線もしやすいHDMIケーブルです。

プラグ部分には金メッキを採用し、高いシールド特性を有することで、外部のノイズを軽減。安定した映像出力に期待ができます。

ケーブルの長さは1mで、執筆時点でのヨドバシ.comでの販売価格は1410円。1.5mモデルの「BSHD3F15BK」は1470円、2mモデルの「BSHD3F20BK」は1690円で販売されており、比較的安価に購入できるのもポイントです。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】バッファロー/ BSHD3F10BK

※データは2022年4月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。