小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

朝目覚めると口元によだれ……よだれグセは直せますか?

2017.04.17

快眠を目指す皆さん、日々よく眠れていますか?今回は銀行勤務・近藤あかりさん(仮名・28歳)からの相談です。

「毎朝起きると、枕カバーによだれを垂らしている自分に気づきます。でも、寝ている間なので気をつけようにも気をつけられないし。でも、人に見られたら恥ずかしいし。彼に見られたら、ちょっとげんなりされそうです。直す方法、ありますか?」

よだれは直せるのか、どうなんでしょう?友野なおさんに聞いてみました。

よだれは口呼吸になっている証かも?

よだれが出るということは、口を開いて寝ているということですね。つまり昼間のように鼻呼吸ができていないということになります。

特に花粉症の方は、春先は鼻がつまって口呼吸になりがちです。花粉対策はいろいろありますが、基本は寝室に花粉を持ち込まないことが大事ですね。寝室には外で着た上着を持ち込まない、床をこまめにクリーニング、寝具もこまめに洗って部屋干しする、清潔なパジャマを着るなどなど、細かい作業ですが、それが一番の対策になります。

日中は鼻呼吸ができているのに、睡眠中は口呼吸になってしまう人も少なくなりません。この場合、枕の高さを見直してみましょう。高すぎても低すぎても、いびきや口呼吸の原因になりますから要注意です。

枕は首を支えるアイテムなので、横になったときの首の凹みをしっかり支えていることが重要です。凹みの高さや形は人それぞれですし、中の素材の好みもありますが、もし、今お使いの枕が首に合っていないようであれば、買い換えを検討してみてください。少し費用はかさみますが、やはりオーダーメイドの枕が理想です。

枕はよだれ対策のみならず、睡眠の質を高める大切なアイテム。健康のため、さらには美容のためにも、ぜひ自分の首にピッタリ合った枕を使っていただきたいと思います。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。