小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

静電気を防いで乾燥時間を短縮するウソみたいな洗濯グッズ「アルミニウムランドリーボール」を発見!

2022.05.12

洗濯機・乾燥機に入れるだけ!

洗剤が不要となるグッズなど、洗濯関連のちょっとしたイノベーションを、最近よく見かけるようになった。

今回紹介する「アルミニウムランドリーボール」も、その1つ。柔軟剤要らずで、静電気を防ぎ、乾燥機の乾燥時間が短縮されるという。

「ボール」というだけに見た目は球体。それに黒い突起がたくさんついている。手のひらサイズで、持ってみると思いのほか軽い。光沢のある本体はアルミニウム製で、突起はシリコンである。

使い方は超簡単。洗濯の際には洗濯機に入れ、乾燥の際には乾燥機に入れるだけ。

洗濯槽の中では、衣類の隙間を通過しながら、絡みつきを軽減する。その結果、洗剤の回りが良くなり、洗浄効果がアップする。同時に、アルミニウムの力で蓄積した静電気を放電し、チクチクを防止するという仕組みだ。

特に「マイクロファイバー、フリース、合成素材を使った布地」には最適だという。いずれにしても、これを使うことで柔軟剤は要らなくなるそうだ。

一方、乾燥機の中では、ころころと転がりながらアルミニウム素材が熱を反射し、洗濯物の乾燥を加速させる働きがある。洗濯物の量・素材にもよるが、最大で35%もの時短効果を発揮する。

■実際に使ってみると…

では、効果のほどを確認すべく、実際に試用してみた。

検証材料となった洗濯物は、洗うたびに不快な静電気を発生するバスタオルやシーツばかり。

洗濯洗剤は一般的なものを使い、水量もいつもどおり。乾燥機で乾燥する時間は、15分ほど縮めた。他に変えたのは、そこに「アルミニウムランドリーボール」があるということだけ。

乾燥機から取り出してみると、通常であれば生乾きの状態であるはずが、分厚いシーツも含めて完全に乾いていた。

懸念していた静電気もない。いつもは、洗濯物同士でくっついたり、手に嫌な刺激があるほど静電気が発生したが、それがまったくないのは意外なほど驚きであった。

一般販売価格は8800円とそれなりにするが、柔軟剤要らず、静電気なし、乾燥時間短縮(電気代節約)を考えれば、十分にコスパの高いグッズといえそう。毎日使っても耐用年数が5年もあり、リサイクルが容易というのも好ポイント。

この「アルミニウムランドリーボール」は、「アタラシイものや体験の応援購入サービス」のMakuakeにて、5月16日まで早期割引にて予約販売中となっている。

編集部注:記事掲載時には、記載のリターンが売り切れてしまっている場合があります。クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。出資に当たっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願い致します。

文/鈴木拓也(フリーライター)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。