小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「仕事辞めたい病」になる理由と克服するヒント

2022.05.08

仕事においては、できる限り充実した時間を過ごしたいと思う人が多いのではないでしょうか。しかし、ひとたび仕事辞めたい病になると、会社へ行くことが嫌になり、さまざまな困難が生じます。仕事辞めたい病になる理由や、克服法などをチェックしましょう。

仕事辞めたい病はどんな状態?

程度の差はあるかもしれませんが、多かれ少なかれ「仕事を辞めたい」と思ったことがある人は多いはずです。仕事辞めたい病とは、どんな状態にある人を指すのか見ていきましょう。

常に仕事を辞めたい気持ちが頭から離れない

「仕事辞めたい病」は、仕事を辞めたくて仕方がない気持ちが継続している状態です。仕事が順調なときもそうでないときも、辞めたい気持ちが頭から離れずモチベーションが回復しません。

多少仕事が嫌になっても、気晴らしをすると「また頑張ろう」と思えるのが通常ですが、何をしても仕事への意欲が回復せず、辞めたい気持ちから逃れられなくなってしまうのです。

それまでできていた仕事に集中できずミスが増えたり、何をしていても「いつ辞めよう」という考えが浮かんだりします。『仕事を辞めることにとりつかれている』と、言い換えてもいいでしょう。

仕事辞めたい病になりやすい人の特徴

(出典) photo-ac.com

仕事辞めたい病になりやすい人には、共通する特徴があるようです。どんなタイプが多いのか、見ていきましょう。

仕事を頑張りすぎてしまう

仕事辞めたい病になる人は怠け者とは限らず、どちらかというと仕事を頑張りすぎる傾向があります。『高い目標や理想を持っていて、かなえようと努力している人』が少なくありません。

しかし、あまりにも理想が高すぎると、ほどほどの結果では満足できず、常に満たされない状態になります。頑張っても理想をかなえられないことに嫌気がさしてしまうでしょう。

仕事を頑張りすぎる人は気晴らしをしている最中にも、ふと仕事のことが頭をよぎってしまい気が休まらないので、ある日突然限界が来て「もう辞めるしかない」という気持ちに支配されてしまうのです。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションをとることが苦手な人も、仕事辞めたい病になりやすい傾向があります。仕事内容によって多少の違いはありますが、仕事をする際は職場の人と協力し合って業務を完結させることが一般的です。

チームで仕事をする場合、報告・連絡・相談は欠かせません。多くの人と接する職種の場合、コミュニケーションが不足すると、仕事の悩みは多くなります。人間関係の悩みは、大きな問題に発展しがちです。

コミュニケーションをとることが得意な人は、職場に気が合わない人がいたとしても関係が悪くならないように立ち回れますし、仕事上の悩みを相談できる人を確保しやすいので、仕事辞めたい病にはなりにくいようです。

責任感が強すぎる

仕事辞めたい病になる人は、責任感が強すぎる特徴もあります。何事に対しても責任を持って取り組むことは、社会人として必要なことです。

しかし、責任感があまりにも強すぎると、うまくいかなかったときに『自分のせい』だと考えてしまい、思いつめる原因になります。

行き詰まっても「自分1人のせいではない」「どうにかなるだろう」という楽観的な思考を持てる人の方が、気楽に仕事をできる傾向にあります。「1人で何とかしなければ」と思い込みすぎると精神的な負担が大きくなり、逃げ場がないと感じてしまうのです。

なぜ仕事辞めたい病になってしまうのか

(出典) photo-ac.com

仕事辞めたい病になる理由がわかれば、対策もしやすくなります。なぜ、仕事を辞めたい気持ちが頭から離れなくなってしまうのか、見ていきましょう。

仕事が忙しすぎる

仕事が忙しすぎるとリフレッシュの時間を作れず、仕事辞めたい病になりやすいようです。仕事熱心で頑張り屋な人ほどたくさんの案件を抱え込み、休みをとらない傾向にあります。

頑張りすぎてしまう人や責任感が強い人は、働き続けていないと不安で「休んでいられない」と思いがちなのです。

でも、休むことでパフォーマンスが上がるなら、休むことも仕事のうち。忙しいからと休まずにいると、リフレッシュできないだけでなく、プライベートまでをも犠牲にすることになります。

職場の人間関係が険悪

職場の人間関係の悪さは、仕事辞めたい病になる大きな理由の一つです。人間関係が険悪だと、スムーズに仕事を進められませんし、居心地が悪いので会社に行きたくないと感じてしまいます。

どんな職場にも1人くらいは相性が悪い人がいるものですが、仕事を進める上では苦手な相手とも必要なコミュニケーションをとらなければなりません。ギスギスした空気の中では、その場にいるのが嫌になりがちです。

プレッシャーが大きい

入社したばかりの頃はプレッシャーを感じず、気楽に働けたという人は多いはずです。もし、40~50代になり『責任のある立場』になってから仕事辞めたい病になったのであれば、プレッシャーが原因かもしれません。

責任のある立場になると、マネジメントの仕事が増えたりこれまでよりも多くのノルマをこなしたりしなければならず、心身に大きな負担がかかります。仕事が好きで頑張りすぎてしまったり、経営陣と部下との板挟みでストレスが大きかったりする人にありがちな要因です。

また、人の生命や財産にかかわる職種の人は、職務上のプレッシャーが大きく精神的な負担がかかりすぎる傾向にあります。一瞬も気が抜けないような仕事が連続すると気持ちが切り替えづらくなり、思いつめやすくなるのです。

将来性に不安がある

現在の職種や勤めている会社の将来性に対する不安も、仕事辞めたい病になる理由の一つです。

仕事内容や職場の人間関係に何も問題がなかったとしても、将来性に不安を感じた途端に頭の中が辞めたい気持ちでいっぱいになってしまう人もいます。

勤務年数を重ねているのに給料が全く上がらなかったり、業績不振の噂を耳にしたりなど『将来への不安を感じる出来事』があると、「ほかの仕事に変えた方がいいのでは」という気持ちが強くなるのです。

「業界的に不振が続いている」「その会社の上層部の不祥事などで一時的に伸び悩んでいる」など、さまざまな状況が考えられます。

仕事辞めたい病の克服法

(出典) photo-ac.com

仕事辞めたい病を克服する方法には、さまざまなものがあります。平穏な気持ちを取り戻すために、どのような克服法があるのかチェックし実践してみましょう。

休息をとる

仕事辞めたい病だと感じたなら、まずはしっかりと休んで心身ともにリフレッシュすることが重要です。仕事が忙しく疲れ切った状態では、自分の気持ちにしっかりと向き合えません。

疲れが蓄積してくると、判断力も鈍ります。思い切って有給休暇を利用して、長期休暇をとってみるのも手です。場合によっては休職も視野に入れましょう。仕事から離れて『自分を客観的に見つめる時間』を作ることが大事です。

自分の気持ちと向き合った結果、辞める以外の考えが浮かぶ場合もあります。できれば、気持ちに余裕が出てくるまでじっくりと休暇をとりましょう。

仕事だと割り切る

職場で何か嫌なことがあったときや絶望してしまったときは、「仕事だ」と割り切るのも一つの考え方です。仕事をしたくない気持ちが高まったときに、『給料を得るためには仕方がない』と思えば気持ちが楽になることもあります。

仕事辞めたい病は『職場の人間関係』が大きく関わっていることが多いものですが、どんな場所でも人が集まる限り多少は人間関係のもめ事があります。

人間関係への理想が高すぎると、職場が変わってもまた同様の悩みが出てくるでしょう。何事もないように思える職場でも異動や退職などで人員配置が変わった途端に、何らかの問題が起こるケースは珍しくありません。

環境だけでなく、自分の気持ちの持ち様にも問題が潜んでいる場合は、職場を変えてもまた同じ結果にならないとも限りません。仕事だと割り切れる柔軟さを持った方が働きやすくなります。

周囲に相談する

どんな悩みも人に相談すると気持ちが楽になりやすいものです。信頼できる人に話を聞いてもらうのもよいでしょう。アドバイスをもらうのが目的ではなく『話を聞いてくれる人がいる』と感じて、前向きな心境になれることが重要です。

1人で思い悩んでいると、答えが出ずに考えが堂々巡りになってしまいますが、思い切って人に打ち明けてみると問題を客観視できることもあります。

案外まわりの人も似たような悩みを経験していることがあるものです。人の話に耳を傾けると、「自分1人が悩んでいるわけではないのだ」と感じられ、気持ちが楽になるかもしれません。

転職も視野に入れよう

(出典) photo-ac.com

仕事辞めたい病のまま働き続けるのは苦しいものです。克服方法を試してもどうにもならない場合は、やはり転職も視野に入れましょう。後悔がないように、転職前にやるべきこともあわせて紹介します。

辞めたい理由を明らかにする

仕事辞めたい病になると今すぐにでも辞めたい気持ちが強くなりますが、結論を急ごうとせずに『辞めたい理由』をはっきりとさせることから始めましょう。

まずは、辞めたいと感じる不満の理由を紙に全て書き出し、強く不満に感じる順に並べます。すると、辞めたい理由がはっきりするでしょう。人間関係が原因なら、「仕事だと割り切れないか」「接し方を変えられないか」など、できそうな対策も書き出してみましょう。

「ミスが多い」「役に立てていない気がする」など、自分の能力に関することが問題なら、自分に足りないものは何かを掘り下げスキルアップを目指す方法もあります。

仕事を辞めれば収入が不安になりますし、すぐに新しい仕事が見つかるとは限りません。辞めるのは最後の手段と考え、やはり辞めたい気持ちを克服する方法から試してみるのが得策です。

理由次第では異動や転職を

仕事を辞めたい理由を全て挙げた結果、『労働条件の悪さ』や『仕事内容が自分に合っていない』などの理由がメインの場合、自分でできる対策には限りがあります。

工夫してもどうにもならないと判断した場合、異動を申し出たり上司に相談したりしてみましょう。異動の希望は簡単に通るとは限りませんが、上司に相談することで改善への道を探りやすくなるケースは少なくありません。

やるべきことに全て取り組んだ上で、どうしても転職の必要があると感じるなら転職を視野に入れましょう。自分の適性に合った業界に巡り会えば、転職後にうまくいく可能性があります。

構成/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。