小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ペン内蔵にコンパクトモデルも登場!最新スマホ「Galaxy S22シリーズ」の注目ポイントを動画で解説

2022.04.20

今回は日本で発売になるサムスンのフラッグシップモデル「Galaxy S22」「Galaxy S22 Ultra」を紹介する。また合わせて発表された「Galaxy A53 5G」「Galaxy M23 5G」も簡単に紹介しよう。

ITジャーナリスト富永彩乃と、携帯電話研究家の山根康宏"博士"がモバイルの最新製品をビデオで解説

サムスンの2022年上半期フラッグシップモデルとなる「Galaxy S22」「Galaxy S22 Ultra」、そしてミドルハイレンジの「Galaxy A53 5G」、SIMフリーモデル「Galaxy M23 5G」が日本で発売になる。本記事ではそれぞれの特徴を説明する。また動画ではGalaxy S22とGalaxy S22 Ultraの外観を中心に紹介する。

Galaxy Sシリーズはカメラ性能を重視したハイスペックな製品だ。チップセットにSnapdragon 8 Gen 1を搭載しており、高いパフォーマンスを提供するだけではなくAI処理の能力にも優れている。AI処理はたとえばカメラの画像処理に使われており、Galaxy S22シリーズは夜景の撮影性能も大きく高めている。

6.8インチの大型ディスプレイを搭載した「Galaxy S22 Ultra」

2つの新製品のうち、Galaxy S22 Ultraは6.8インチの大型ディスプレイを搭載している。本体の左下には専用のスタイラス「Sペン」が収納されており、画面に自在に手書きができる。買いたい文字を日本語のテキストに変換したり、ブラウザや検索時に文字を打たなくともペンで手書きしたり、さらにはカメラのシャッターを切るときにペンのボタンを押してリモコンにするなど、他のスマートフォンではできない様々な機能が利用できる。撮影した写真の加工や動画の編集時にもペン操作は便利だ。本体カラーは落ち着いた色合いのバーガンディー、ファントムブラックの2色。

Galaxy S22 Ultraの背面。全体は動画記事を参照

コンパクトなボディーに強力なパワーが魅力の「Galaxy S22」

一方、Galaxy S22は6.1インチのコンパクトなボディーサイズで、女性など手の小さい人でも楽に持つことができる。本体サイズは小さいがGalaxy S22 Ultraと同じ高速チップセットを搭載し、カメラの処理性能も変わらない。小さい本体に強力なパワー、これがGalaxy S22の特徴でもあるのだ。本体カラーは春を感じさせるさわやかなピンクゴールド、ファントムホワイトに加え、シックなファントムブラックの3色展開となる。

Galaxy S22の背面。全体は動画記事を参照

スマートフォンのカメラはハイエンドモデルであればもはや日常的な撮影には十分な性能を持っている。Galaxy S22 Ultraは1億800万画素の超高画質カメラに加え、1200万画素の超広角カメラでスナップ写真も楽にこなす。さらに1000万画素の3倍望遠、1000万画素10倍望遠という、2つの望遠カメラを追加。デジタルでは100倍前撮影可能だが、望遠倍率を20倍以上にするとAIが被写体をロックして、三脚がなくとも手振れを抑えた撮影が可能だ。

実際に100倍で月の撮影をしてみた。これはGalaxy S22 Ultraのカメラの画面だ。右上に見える黄色い枠は空のどのあたりを写しているか、10倍程度のプレビューを小型の枠で写し、高倍率でも被写体を見失わないようにしてくれるのだ。そして月の表面も思ったよりもしっかり写してくれる。

Galaxy S22 Ultraで100倍ズーム撮影の画面の様子

Galaxy S22は5000万画素と1200万画素超広角、1000万画素3倍望遠という3つのカメラを搭載する。Galaxy S22 Ultra程の望遠は取れないものの、3倍でも美しい撮影が可能だ。さてこの2つの製品は前述したように夜景撮影性能を大幅に高めた。とはいえ単純に夜の風景を明るくするだけではなく、人物を写すときは顔も明るくしてくれるのだ。夜間撮影時にフラッシュをつけると顔だけが明るくなり、光の反射でてかってしまうなど満足いく撮影ができないことがある。しかもフラッシュを使うと背景が写らないことが多い。

実際にGalaxy S22 Ultraで撮影した、夜の屋外の写真を見てみよう。写真ではわかりにくいが、夜空の下の薄暗い場所でフラッシュ無しの撮影だ。ところがまるで室内で撮影したような明るさで写してくれる。比較でフラッシュ撮影の写真も合成してみた。信じられないほどの仕上がりだが、これもAI処理のなせる技である。

Galaxy S22 Ultraでナイトモード撮影。夜とは思えない明るさだ。左上はフラッシュ撮影

撮影した写真も従来モデル同様に不要なものを消してくれる「オブジェクト消去」機能が標準で利用できる。さらに新しい機能として、手や木の陰などが写ってしまった時に自動的に消去してくれたり、お店のショーウィンドウなどガラス越しに撮影したときに、ガラスに反射してしまった自分の姿などを消す機能も加わった。

Galaxyシリーズで初のSIMフリーモデルも!

さて残りの2つの製品についても簡単に紹介しよう。「Galaxy A53 5G」は6400万画素カメラを搭載し、防水に対応、さらにおサイフケータイも利用可能な万人向けのスマートフォンだ。スマートフォンを日常的なツールとして手軽に使いたい、という人をターゲットにしている。なおGalaxy S22、Galaxy S22 Ultraはドコモとauから発売になるが、Galaxy A53 5Gはこの2社に加えUQ mobileからも発売となる。

Galaxy A53 5G

Galaxy M23 5Gは一般販売されるGalaxyシリーズで初のSIMフリーモデルとなる。アマゾンなどのオンライン販売限定品で、MVNOの格安SIMを使っている人や、スマートフォンの本体代金と通信料金をきっちり分けて払いたい、という人向けの製品だ。キャリア販売ではないため保証は独自の「Galaxy Care」が提供され、1年に1回、手ごろな値段で新品同様品と交換するサービスも用意されている。カメラは5000万画素とこちらも十分な性能を持つ。

Galaxy M23 5G

スマートフォン世界No.1ブランドのGalaxy製品はどれを買っても外れはない、と言えるほど信頼性の高い製品が揃っている。スペック重視で大画面とペンが使えるGalaxy S22 Ultraはビジネスやクリエイティブ用途に向いているし、小型のGalaxy S22は持ち運びやすくストレスなく使える上に、カメラ性能も申し分ない。高価なスマートフォンだけに長い期間使いたいのであれば、この2機種を選んでおけば間違いはないだろう。

各モデルのスペックまとめ

以下に4モデルの主なスペックをまとめておく。

Galaxy S22

Snapdragon 8 Gen 1/6.1インチディスプレイ/メモリ8GB/ストレージ256GB/カメラ3眼(5000万画素/1200万画素/1000万画素)/フロントカメラ1000万画素/3700mAhバッテリー

Galaxy S22 Ultra

Snapdragon 8 Gen 1/6.8インチディスプレイ/メモリ12GB/ストレージ256GB/カメラ4眼(1億800万画素/1200万画素/1000万画素/1000万画素)/フロントカメラ4000万画素/5000mAhバッテリー

Galaxy A53 5G

Exynos 1280/6.5インチディスプレイ/メモリ6GB/ストレージ128GB/カメラ4眼(6400万画素/1200万画素/500万画素/500万画素)/フロントカメラ3200万画素/5000mAhバッテリー

Galaxy M23 5G

Snapdragon 750 5G/6.6インチディスプレイ/メモリ6GB/ストレージ128GB/カメラ3眼(5000万画素/800万画素/200万画素/1000万画素)/フロントカメラ800万画素/5000mAhバッテリー

ITジャーナリスト富永彩乃 WEBサイト http://ayanotominaga.com
携帯電話研究家山根康宏WEBサイト http://www.hkyamane.com/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。