小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ルノー「メガーヌ スポーツツアラー」vs VW「ゴルフ ヴァリアント」使い勝手のいいステーションワゴン対決

2022.04.30

VW『ゴルフ ヴァリアント』

エンジンルーム

VW『ゴルフ ヴァリアント』

エンジンは4気筒1.5Lと3気筒1.0Lのいずれもガソリンターボ。1.5Lは0→100km/hの加速が7秒台の俊足だ。

運転席と各種装備

VW『ゴルフ ヴァリアント』

計器類はデジタル化されており、操作には慣れが必要。メーターのデザインはドライビングモードを変えても同じ。

シートスペース

VW『ゴルフ ヴァリアント』

やや低めの着座位置でスポーティーな運転感覚。後席はやや低めの着座位置だが、膝まわりに余裕があり、狭さは感じない。

ラゲージスペース

VW『ゴルフ ヴァリアント』

ゲートを開けた時の開口部は『ゴルフ』のほうが大きい。開口部の高さは路面から約630mm。床面のボードは2段階の高さで調節できる。

【 ココがポイント!】操作系スイッチを集約したインターフェイス

VW『ゴルフ ヴァリアント』

『ゴルフ』のシフトレバーは短い。エンジン始動・停止からシフトモードの選択、サイドブレーキの操作まですべてこの前席中央に集約している。パドルシフトはあくまで回生用。

【 ココがポイント!】クラストップレベルの積載量を誇るラゲージルーム

VW『ゴルフ ヴァリアント』

後席の背もたれは4対2対4の3分割前倒式を採用。中央はアームレストを兼ねたラゲージルームスルー。ラゲージルームは先代より22L拡大、最大1642Lとクラストップレベルの積載量。

走り重視で選ぶなら『メガーヌ』、居住性、快適性で選ぶなら『ゴルフ』

ルノー『メガーヌ スポーツツアラー』

[運転性能]1.3Lガソリンターボはスポーツモードにするとトルクフル。ハンドリングもモードごとにメリハリがある。18点

[居住性]前席は圧迫感もなく視界も良好。後席はスペック上はホイールベース、全長ともに長いが実際は広くない。17点

[装備の充実度]安全性に関してはLEDヘッドライトに始まり主要な装備は標準装備。エアコンもダイヤル式で操作しやすい。19点

[デザイン]サイドウインドウはウエッジシェイプで、クーペのスタイリングを強調。ボディーカラーは6色ですべてメタリック。18点

[爽快感]1.3Lターボエンジンは音も抑えめで、軽快。パドルシフトはないがスポーツ走行も可能。全体にスポーティーな印象だ。18点

[評価点数]90点

VW『ゴルフ ヴァリアント』

[運転性能]走行モードはメリハリがある。アクセルオフでコーナリング走行する時は慣れが必要。ブレーキもややクセがある。17点

[居住性]前後席ともに膝、肩、頭上に狭さを感じない。特に後席は身長180cmクラスもOK。ガラスの面積は大きくて明るい。19点

[装備の充実度]今回から新しい安全装備は採用されているが、LEDライトを含めて多くがパッケージオプション設定なのが残念。18点

[デザイン]おなじみの顔に大きなウインドウの実用性と角度をつけたテールゲートのバランスは良い。ボディーカラーは7色。18点

[爽快感]コーナリングマシンではないが後輪の剛性感は高く、ハンドリングを楽しみたくなる。見た目以上にスポーティー。18点

[評価点数]90点

【OTHER CHOICE】海外勢と比べて圧倒的に車種展開が少ない日本勢

 今回、国内メーカーが発売しているステーションワゴンが何台あるのか調べてみたところ『カローラツーリング』『カローラフィルダー』『ホンダシャトル』『マツダ6ワゴン』『レヴォーグ』『インプレッサ』『リューギ(ミツオカ製)』だけだった。日産、三菱、スズキ、ダイハツ、レクサスにはステーションワゴンはない。造らない理由は「需要がない」からだという。本当にそうなのだろうか。

 一方、輸入車を調べてみると、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ジャガー、ボルボはステーションワゴンを日本で販売している。今回、取り上げたVW、ルノー、プジョーを合わせると8ブランドが扱っている。

 販売台数も一定数が見込まれている。ステーションワゴンのベースになるのは4ドアや5ドアのセダン。これがしっかりできないとワゴンは造れない。日本のメーカーは売れないからといってセダン造りにも消極的だ。今一度クルマ造りの基本を見直してほしい。

プジョー『308 SW』プジョー『308 SW』322万円〜

トヨタ『カローラツーリング』トヨタ『カローラツーリング』221万6500円〜

取材・文/石川真禧照 撮影/望月浩彦

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2022年2月28日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。