小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スノーピークが新潟本社に初の温浴施設中心の複合型リゾート「Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」をオープン

2022.04.18

スノーピークが手掛ける初の温浴施設中心の複合型リゾート

革新的なアウトドアギアを世界に発信するアウトドアブランド「スノーピーク」。このキャンパー憧れのブランド「スノーピーク」の新潟本社に、温浴、宿泊、レストランが備わった新しい複合型リゾート「 Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」が4月15日にグランドオープンした。

スノーピークの「未来構想プロジェクト」の第一弾

スノーピークは2021年に新潟本社の敷地を3倍の15万坪に拡張し、そこに「衣食住働遊」のすべてが詰まった「未来構想プロジェクト」を始動。そのプロジェクトの第一弾となるのが、初の温浴施設を中心とした複合型リゾート「Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」になる。

自然と一体感が味わえる温浴エリア

世界的建築家である隈研吾氏設計のこのリゾートの一番の見どころは、やはりスノーピーク初の温浴施設になるだろう。温浴エリアは、ガラス張りで大きく開く開放的な内風呂、広いテラスが設置された露天風呂があり、そこからは日本三百名山のひとつ粟ヶ岳のパノラマが堪能できる。

温泉は100%源泉の弱アルカリ性単純温泉で、疲労回復や美肌効果があると言われている。

サウナエリアも、スノーピークらしく一面ガラス張りで、外の木々の緑や雪景色など大自然が楽しめるようになっている。

また、遠赤外線効果が高いと言われる「ケルケストーン」のサウナヒーターを360度囲め、焚き火のようにヒーターを囲みならがサウナが楽しめるような工夫もされている。

地元の食材をふんだんに使用した2つのレストラン

施設内には2カ所のレストランが併設。ひとつは「自然を食べる料理」をコンセプトに、ミシュラン三ツ星を獲得した「神楽坂石かわ」の石川秀樹氏の協力でつくられた、下田郷の豊かな恵みと作り手の思いが味わえるレストラン「 Restaurant雪峰」だ。土地の自然が五感で味わえる料理と共に、フロアの一面を床から天井までガラス張りにし、新潟の四季折々の景色も楽しめるようになっている。

もうひとつは、スパ利用客も気軽に立ち寄れるカジュアルレストラン「Snow Peak Eat」。ここでは「郷土のおばんざい定食」や「下田豚のカツカレー」など、地元新潟の食材を中心に、スノーピークが展開する全国の各拠点で生産された旬の食材を使った料理が味わえる。フロア奥には座敷もあり、そこで温浴後ゆっくり寛ぐことも可能だ。

新潟の自然を五感で味わえる宿泊施設

宿泊施設は、「ヴィラ棟」と「住箱-JYUBAKO-」の2タイプが用意されている。

「ヴィラ棟」は広さ100㎡の「Villa suite/ヴィラスイート」1棟と、広さ50㎡の「Villa junior suite/ヴィラジュニアスイート」2棟の合計3棟からなり、全棟一面ガラス張りを採用。部屋からもパノラマビューが楽しめるようになっている。

内装は、名栗フローリングや三条の雪景色をイメージした和紙、天井には薪が施されるなど、質感のある自然素材を使用。ラグジュアリー感があるが、ヴィラ棟自体周囲に溶け込むデザインで、自然と一体化した落ち着いたつくりになっている。

「住箱-JYUBAKO-」は、隈研吾建築都市設計事務所とスノーピークが共同開発したモバイルハウスで、室内にベッド、トイレ、シャワールームが完備。キャンプのような自然を身近に感じられる宿泊施設になっている。

ここでしか買えない限定アイテムも見逃せない!

リゾート内のストアでは、スノーピークアイテムはもちろん、館内着などここでしか買えないスパ限定品もあり見逃せない。

宿泊をしなくとも、日帰り入浴だけでも可能。また、キャンプ好きの人は同じ敷地内にあるキャンプフィールドで宿泊もでき、用途に合わせて、自分好みのスタイルで自然を味わえる空間をプロデュースしている。

下記、公式ホームページ

https://www.snowpeak.co.jp/fieldsuitespa/hq/

写真提供:スノーピーク

文/舟津カナ 

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。