小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これぞ、百点満点!入店から退店まで興奮しっぱなしだった船堀の呑める食堂「H家」

2022.04.17

本当の男の生きざまに遭遇!

 ちょっとした冷製の小鉢的なものは110円から。煮物だの揚げ物だの焼き物だの、オカズにもなるしっかりした料理は280円と320円あたりがボリュームゾーンって感じでして、一番高い料理でも430円。

 そういうのが並んでるだけで、オレなんかもうドキドキしてきちゃうの、選ぶのが楽しくって。

 とはいっても、そんなドキドキとしながらも選んだのは170円のナメコおろし一品っていうのがセコいといえばセコイけど、ま、軽く2杯くらい呑むつもりだったしね。
 
 料理陳列街道(オレはそう呼びたい!)を抜けると、お店の人がいて、選んだ料理を伝票にチェックしてくれる。で、温める料理は電子レンジで加熱してくれる。ご飯とか味噌汁とかあとカレーとか頼む人はそこで頼んで。

 店内は二人掛けと四人掛けのテーブルが、計10セットくらいあって、それとは別に一人客専用のデッカイテーブルがあるんで、ご飯頼まないオレは、その170円のナメコおろし持って、デッカイテーブルに着席。

 テーブルの上にはお酒のメニューが置いてあるんで、そこでお酒選んで、お店の人に注文する……

こういうシステムになっておりました。

 一杯目はごくごく普通に酎ハイのレモンを注文。酎ハイ関連の価格は全種類320円。中生が470円、瓶ビール530円。ホッピーセットが430円のナカ220円。本格焼酎も芋・麦・米・そばとあって全部420円。
 
 ここで改めて店内を見回せば、昼の2時から呑み客7・食事客3の割合の完全酒場状態! 

 大テーブルのパーテーションみたいなの挟んだオレの向かいには、オレと同世代くらいの粋な中年3人組がいて、ただ知り合いがここで会っただけなんでしょうね。各自勝手に呑みながら、時々話をしてる。で、そのうちの一人が突然立ち上がって、

「じゃ、オレ、もう行くわ」

 っつって、他の一人が、

「どこ行くの?」

 って聞いたら、

「マッサージ」

 だって。昼から呑んで、その後フラッとマッサージに行く……カッコいいなぁ~こういう生きざま!オレも心底こういう生き方したい。そんな模範となる生きざま見てるだけで酒も進みますよ!!


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年9月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ハンディーボディケア」、特集は「Google超研究」「腰痛対策の極意」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。