小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

仕事でよく見る「プロデューサー」とは?今さら聞けない役職や仕事内容、ディレクターとの違いを解説

2022.05.06

プロデューサーとは、制作物の全体の流れを把握し責任を負う重要な役職です。名前を聞いたことはあっても、具体的に何をしているのか分からない人もいるでしょう。プロデューサーに求められる役割や、仕事内容などを紹介します。

プロデューサーとは

映画・テレビ・音楽などが好きな人なら、プロデューサーという言葉を聞く機会が多いはずです。どのような役割を持つ役職なのか、見ていきましょう。

全体をまとめる役割を担う職業

プロデューサーは、英語で『producer』と表記し、演劇や映画などの製作者を意味する言葉です。

日本では、『制作物の商業的な責任の全てを負う役職』を指して使われるのが一般的です。人事や予算の調達・管理を行い、全体をまとめる管理責任者としての役割を持ちます。

プロジェクトがスタートした後は現場の人間に制作を任せる人が多く、人前に出る機会は少ないケースがほとんどです。しかし、プロデューサーが積極的に表に出て宣伝活動を行う際は、姿を目にする機会があるでしょう。

仕事内容は多岐にわたる

プロデューサーの仕事内容にはさまざまなものがありますが、主に『企画の立ち上げ』『資金調達』『配役やスタッフの決定』などを行います。

業界によっても、仕事内容が微妙に異なることが特徴です。例えば、テレビプロデューサーの場合はテレビ番組制作の統括的な責任者として、制作予算の設定・管理・スポンサーや出演者との交渉などの仕事をします。

テレビプロデューサーの主な勤務先は、テレビ局・映像制作会社・映画配給会社などです。番組制作の管理面・資金面の両方で、全ての権限を持ちます。

ディレクターとは何が違う?

ディレクターとは、演劇や映画などの『監督』や『演出家』を指す言葉で、プロデューサーに監督・管理される立場です。

制作現場の責任者であり、全体をまとめるプロデューサーとは役割が異なります。作品の質そのものが話題になる際は、プロデューサーではなくディレクターが評価を受けることが一般的です。

制作物の規模によっても違いますが、ディレクターを経験してからプロデューサーに昇格したり、どちらも兼任したりするパターンが珍しくありません。

業界ごとのプロデューサーの役割

(出典) photo-ac.com

プロデューサーはテレビ局だけでなく、さまざまな業界で活躍しています。業界ごとの役割や仕事内容をチェックしましょう。

人気アイドルを生む【アイドルプロデューサー】

アイドルプロデューサーは『アイドルの方向性やイメージ』を考え、人気アイドルを生み出す仕事をします。アイドルの選抜・イベントの企画・コンセプトに合った楽曲や、衣装の選定などを行うケースも珍しくありません。

アイドルが好きな人であれば一度は夢見る職業ですが、売れるアイドルを作るには時代の流れを読むセンスや、芸能界の人脈などが必要になります。

全く畑違いのところからアイドルプロデューサーになる人もいますが、芸能事務所での勤務経験や、芸能人・タレント・歌手などの経験を持つ人が多い傾向です。代表的なアイドルプロデューサーには、秋元康・つんく♂・川上アキラなどが挙げられます。

映画制作の指揮をとる【映画プロデューサー】

映画プロデューサーは、映画の製作費を集めるだけでなく、監督や俳優の決定もするなど、『映画製作の指揮』をとり全責任を負う立場です。

世間のニーズを探ってどんな作品を製作するかを決め、原作や脚本家を探します。映画製作には大きな費用が必要なので、広告代理店やスポンサーとの交渉は重要な仕事です。

予算内で上質な映画を撮るために、製作費を管理することも忘れてはいけません。代表的な映画プロデューサーは、ジェリー・ブラッカイマーやリドリー・スコット、鈴木敏夫などです。

ゲームを商業的成功へ導く【ゲームプロデューサー】

ゲームプロデューサーは、人件費や広告費用などの管理に加え、ゲームディレクターと連携しながら『現場のマネジメント』を行います。スポンサーを開拓するための業務や、広報・マスコミ対応などの役割も担うことが一般的です。

小さなゲームプロジェクトでは、ゲームディレクターがプロデューサーを兼任する場合も多く、多忙を極めます。そのゲームを商業的に成功させるためになくてはならない仕事であり、やりがいは大きいといえるでしょう。

代表的なゲームプロデューサーは、宮本茂・石原恒和・齊藤陽介などです。優れたゲームを生み出せば、世界的な評価を獲得することも夢ではありません。

プロデューサーに向いている人の特徴

(出典) photo-ac.com

プロデューサーは責任ある立場であり、多方面の才能を必要とします。どのような特徴を持つ人が向いているのか、チェックしましょう。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力に優れている人は、プロデューサーとしての役割をこなしやすいといえます。プロデューサーは同じ企業に属する人だけでなく、作家や演出家など多くの人々と関わり、全体をまとめ上げなければなりません。

制作物を成功に導くために、交渉が難しい人物を口説き落として、同じチームに引き込まなければならないシーンもあるでしょう。

時には、資金集めのためにスポンサーとの交渉をしなければならないこともあるため、コミュニケーション能力が低いと務まらない役職です。

時代の空気を見抜く鋭い感性を持っている

プロデューサーは人の能力を見抜くだけでなく、『制作物が世間に受け入れられるのか』『消費者の関心を集めて話題をさらえるか』など、目に見えないものを感じ取る力が求められます。

自分や身内は面白いと思っても、世間に受け入れてもらえないようなものを作ってしまうと、制作にかけた費用を回収できません。

例えば、映画プロデューサーであれば、配役や原作のテーマなどが今の時代の空気に合っているかを見抜かなければならないのです。

構成/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。