小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2人暮らしにちょうどいい洗濯機の容量は何kg?

2022.04.15

新年度を迎え、新たに恋人と同棲をしたり、結婚生活を始める、引っ越しをするといった人は多くいるでしょう。せっかくのタイミングなので、新たに家電製品の購入を検討している人もいるはずです。

1人暮らしの頃に使用していた家電製品だと、2人になった途端に小さく感じることがあるかもしれません。特に洗濯機が小さいと、洗い物が溜まってしまいますね。

そこで本記事では、2人暮らしに必要とされる洗濯機の容量や、おすすめの製品を紹介していきます。

2人暮らしだと洗濯機の容量は何キロくらい必要になる?

2人暮らしだと、何キロ程度の洗濯機が必要になるのでしょうか。

パナソニックによると、毎日洗濯する場合、1人あたり約1.5キロの洗濯物が出ると考えられるとのこと。2人暮らしの場合は、単純計算すると1日で約3キロになります。

毎日洗濯機を回せるのであれば、5キロ程度の洗濯機でも十分かもしれませんが、2人とも仕事をしていて毎日は洗濯ができない場合や、雨の日なども想定できます。週末は布団シーツなども洗うことを考えると、2日分プラスアルファで、6キロ〜7キロ程度の容量が欲しいとのことです。

また、出張や旅行が多く、衣服をまとめて洗いたい人、洗濯は休日にまとめて行いたいという人は、10キロ以上の大容量モデルを購入するのも、手段の1つでしょう。

【参照】パナソニック/洗濯機・衣類乾燥機 わが家の適正容量は?

2人暮らしの洗濯機、乾燥まですると電気代はどれくらい?

これまで1人暮らしで使用していた小型のものから、2人暮らし用の洗濯機を購入した場合、電気代がどれくらいかかるのか気になる人もいるでしょう。

パナソニックの公式HPに、6キロモデルの縦型洗濯機、ドラム式洗濯機それぞれで、1回にかかる電気代の目安が紹介されています。

ドラム式洗濯機の場合、1回あたりの電気代は約25円(「標準」乾燥の場合)。縦型の場合は、約69円となっています。

【参照】パナソニック/ドラム式と縦型 電気代・水道代の違い

2人暮らしに最適な6キロ〜7キロのおすすめ洗濯機

2人暮らしに必要な洗濯機の容量や、電気代がわかったところで、ここからはおすすめの洗濯機をいくつか紹介していきます。

洗濯機は、大きく分けると、「縦型」と「ドラム式」の2種類に分類され、それぞれ価格や性能に特徴があるので、自分が必要としている性能や、予算を鑑みながら、製品選びの参考にしてください。

本体幅・奥行き約60cmのスリムボディ! 2人暮らしにおすすめの7kgドラム式洗濯機【パナソニック/NA-VG760】

初めに紹介するのは、本体幅60cm×奥行き60cmのスリムボディが特徴的な、パナソニックのドラム式洗濯機「NA-VG760」。洗濯・脱水容量は7kgで、一般的な2人暮らしの家庭に最適なモデルです。

デザイン性に優れているだけでなく、「泡」「水」「機械」の3つの力を使って、パワフルな洗浄力を実現した「スゴ落ち泡洗浄」機能や、衣服に与えるダメージを抑えながら、シワを伸ばす効果も得られる「低温風パワフル乾燥」といった機能も利用可能です。

オープン価格の製品となっており、執筆時点(2022年3月上旬)でのヨドバシ.comでの販売価格は、21万8000円となっています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】パナソニック/NA-VG760

プラズマクラスター搭載! 低騒音設計で静かに2人暮らしでも安心して使える7キロのドラム式洗濯乾燥機【シャープ/ES-S7G】

シャープの「ES-S7G」は、プラズマクラスター除菌乾燥に対応し、頻繁に洗濯できない、ジャケットやブーツといった製品の除菌・消臭にも対応した、7キロのドラム式洗濯機。

内部は、ベルトを使わずに、洗濯槽とモーターが直結している「DDインバーター」を採用しているため、比較的静かに動くのが特徴。洗濯槽を水で洗い流し、プラズマクラスターイオンを発生させて、カビの繁殖を抑える「槽クリーンコース」なども利用できます。

オープン価格の製品となっており、執筆時点(2022年3月上旬)での、ヨドバシ.comでの販売価格は19万5800円となっています。

アマゾンでの購入はこちらから

【参照】シャープ/ES-S7G

ドラム式よりも安い縦型が良い人はこれ!? 洗濯槽のお手入れも簡単な2人暮らしにおすすめの7キロ洗濯機【パナソニック/NA-F70PB15】

パナソニックの縦型洗濯機「NA-F70PB15」は、水平・垂直方向に立体水流を起こし、水や衣類を動かしてもみ洗いする「ビッグウェーブ洗浄」に対応。強い汚れが付着してしまった時には、「つけおき」と「かくはん洗い」を4回繰り返す「自動でつけおき洗い」機能も重宝するでしょう。

洗濯槽の汚れが気になる時には、サッと中をすすげる「サッと槽すすぎ」コースも便利です。そのほか、黒カビを抑制する「槽乾燥コース」、市販の衣類用塩素系漂白剤を使って、カビ予防ができる「槽カビ予防」コース、洗濯槽クリーナを使って、洗濯槽を洗浄する「槽洗浄コース」が利用できます。

こちらもオープン価格の製品となっており、執筆時点(2022年3月上旬)では、ヨドバシ.comより5万7640円で販売されています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】パナソニック/NA-F70PB15

洗濯しにくい「おしゃれ着」も自宅で手軽に洗える2人暮らしにおすすめの7キロ洗濯機【日立/BW-V70G】

洗濯機で洗うと、形崩れや縮みが気になる「おしゃれ着」も、遠心力による押し洗いをすることで、衣服に水を通過させながら洗う「おしゃれ着」コース、衣類を泳がせるように洗う「デリケート」コースが利用できる、日立の「BW-V70G」。

毎日使うワイシャツやタオルを急いで洗いたい場合には、1人1日分の洗濯物の目安となる約1.5キロまでなら、約10分で洗濯できる「おいそぎ」コースも便利でしょう。

オープン価格の製品となっており、執筆時点(2022年3月上旬)では、ヨドバシ.comにて、7万6010円で販売されています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】日立/BW-V70G

※データは2022年3月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。