小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バラエティーに富んだ折りたたみスマホが続々と日本に上陸する可能性

2022.04.21

『Magic V』

 折りたたみスマホの市場に新顔の参入が続いている。グーグルが提供予定のOS「Android 12L」で大画面端末のユーザーインターフェイスを大きく改善する予定なのは、折りたたみスマホの普及を睨んでいるからだろう。年内には、そんなグーグルの折りたたみスマホとして噂される『Pixel Notepad』の登場もありそうだ。

 現在、折りたたみスマホが最も盛り上がっているのは中国だ。低価格スマホが得意なシャオミの『Mi MIX Fold』は約18万円、OPPOの『Find N』は約14万円と、価格も下がってきた。7.1インチの後者は閉じると若干小型の5.49インチになり、片手でも持ちやすい。

 また、ファーウェイ社から分離独立したオナーの『Magic V』は5000万画素トリプルカメラを搭載。7.9インチの画面を閉じると6.45インチになる大型モデルで、中国で最も人気の機種だ。

 一方、コンパクトな大きさになる〝縦折り〟タイプも次々と登場。ファーウェイの『P50 Pocket』はオートクチュールデザイナーとコラボした美しいボディーが特徴だ。TCLの『Flex V』は7万円程度のお手頃価格で今年登場予定。モトローラの名機復刻モデル『razr』も3代目がそろそろ登場しそうだ。

 なお、折りたたみのスマホシェア1位のサムスンは〝縦折り〟タイプの『Galaxy Z Flip3 5G』に、全49種類のカスタムパネルを用意した『Galaxy Z Flip3 Bespoke』を投入。〝横折り〟では今夏登場予定の『Galaxy Z Fold 4』に手書きペンを内蔵させる予定だ。〝Z型〟にたためる〝3つ折り〟の『Galaxy Z Flex S』の開発も進行している。2022年は折りたたみスマホが盛り上がる1年になりそうだ。

折り目を生かしたツートーンデザイン

HONOR(オナー)『Magic V』はトリプルカメラに加え、高級感ある背面デザインが特徴。ヘアライン加工を施すシルバーをはじめとする3種類をラインアップ。日本での展開は未定。

『Magic V』

高級感ある加工がエレガント!

ファーウェイ『P50 Pocket』はシックなブラックとともに、背面加工が特徴的なホワイトとゴールドをラインアップ。特にゴールドのあしらいは高級感たっぷりだ。日本での展開は未定。

『P50 Pocket』

山根康宏さん携帯電話研究家  山根康宏さん
1998年から香港在住。中国や海外の通信事情に精通し、年の約半分を海外取材に当てる。日本の主なIT系メディア、経済メディアに執筆多数。講演会や企業コンサルタントも行なっている。

取材・文/山根康宏

※各機種の価格や国内未展開機種の仕様などの情報は2022年2月末時点のもの。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。