小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【ソロ活入門】「喧騒から離れた水上で波の音を聞くと心が癒される」SUPの魅力

2022.05.08

SUP

SUP

密にならないレジャーのひとつで人気が急上昇しているSUP(スタンドアップ・パドルボード)。その魅力を聞くと、ソロ活に最適なアクティビティーだということがわかった。

始めやすさ ★★★  難易度 ★☆☆  コスト ★☆☆

「SUPは、資格やライセンスが必要なく、誰でも気軽に始められるスポーツです」と照山幸子さん。

 一見すると大きなサーフボードの上に立つのは難しいように思えるが、安定感があり、バランスが取りやすいので、初心者でも少しの練習で立てるようになるのだという。

「最初はボードに正座のようにして座って、進む、曲がる、止めるといった基本的なパドルの使い方を覚えます。それができるようになったら、ボードの上に立ってバランスを取って漕ぎ出すんです」

 もちろん最初は、うねりや流れのないフラットな水面から始めることが大切。初心者向けのスクールを開いているショップもあるので、探して受講するといい。

「ひとりで静かな水面をパドリングで進んでいくと、そこから見える風景がとても新鮮です。春は水際にきれいな桜が咲いていたり、陸にいたら気がつかないような地形が見られたり。喧騒から離れた水上で波の音を聞いて過ごすと、本当に心が癒されます。ただ、最初は必ず誰かと一緒に行動してください」

 SUPは水面さえあれば海や川、湖などで、様々な楽しみ方ができ、上達したらマイボードで好きな場所でソロ活を楽しめるのも魅力。ただ安全やルールには配慮して。

照山幸子さんSUPAアドバンスインストラクター
照山幸子さん
第1回SUPA全日本選手権総合部門優勝や、アジアチャンピオンシップレディース1位などの記録を持っている、SUP歴15年のエキスパート。

SUP基本の3step

01  ひとりですぐに始めるのはNG!スクールで講習を受けて知識を身につける

SUPは手軽に始められるスポーツとはいっても、自然を相手にするもの。講習を受けて用具の扱い方はもちろん、波の読み方や何かあった時の対処法などを学ぶことが大切だ。

SUP

必要なのはボードにパドル、リーシュ、ライフジャケット。万が一に備えスマホも常備する。

SUP

講習会は1回5000〜6000円程度。2時間程度のもの1〜2回受けるようにしたい。

02  様々なターンを覚えれば、楽しみ方が広がる

静かな水面をのんびりと進むのもいいが、サーフィン同様に様々なターンやマニューバーができるようになると、SUPサーフィンなど、ほかの楽しみの幅も広がる。

SUP

03  地上からはアクセスできないビーチなども見つけられる

水面から眺めると、意外な場所にきれいなビーチを見つけられることも。「誰もやってこないビーチで、ひとりで過ごす時間は最高!」と照山さん。

SUP

Let’s challenge!
国内外でSUPの競技レースを開催。腕試しをするのもおもしろい!

腕が上がれば、実力を試したくなるもの。競技としては、大まかに「SUPサーフィン」と「SUPレース」の2つ。自分に合う大会を見に挑戦してみるのも楽しい。

SUP

取材・文/松尾直俊 取材協力/東京SUPガレージ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。