小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アウトドア派に人気!使ってわかったガーミンのスマートウォッチ「INSTINCT」が魅力的な理由

2022.06.11

チャージレスモデルもあり!「INSTINCT」の魅力とは?

アップルウォッチやFitbitなど、さまざまなスマートウォッチが販売されているが、GPS機能が充実しており、アウトドア好きに絶大な人気を誇るのがガーミンの「INSTINCT」だ。

2月にはシリーズを一新し、「INSTINCT2」が発売開始されたが、今回は筆者も愛用する「INSTINCT」の魅力と、「INSTINCT2」の新機能を紹介する。

ガーミンの中でも、タフさがウリの「INSTINCT」シリーズ

アウトドア向きのGPSスマートウォッチを手掛ける「ガーミン」の中でも、耐熱、耐衝撃、耐水性を備えたタフで遊び心満載のシリーズ「INSTINCT」。スマートウォッチは黒や白などシックな色のモノが多い中、このシリーズはオレンジやイエローなどカラー展開が豊富。スマートウォッチらしからぬ武骨なスタイルが他のスマートウォッチと差別化されている。

アウトドア好きの筆者は、早い時期からスマートウォッチを活用。はじめはアップルウォッチを使用していたが、充電の持ちがあまりよくなかったため、 Fitbitに変更。Fitbitは普段の健康管理をするのには便利だったが、GPSに定評があり、Gショックのように武骨なデザインが気に入りにガーミンの「INSTINCT」に買い替えた。

3つのスマートウォッチを使用してみて1番違いを感じたのが充電の持ちの良さ。今まで使用していたスマートウォッチは1日使用すると充電がほぼなくなっていたが、「INSTINCT」はスマートウォッチモードで最長14日。「INSTINCT」を使用し始めたとき、あまりに充電が減らないため「表示が壊れているのではないか?」と思うほどだった。

ただし、カラーディスプレイのスマートウォッチが主流の現在だが、INSTINCT」の表示はモノクロ。それが見にくく感じる人がいるかもしれない。

新シリーズ「INSTINCT2」の機能は?

「INSTINCT」は他のスマートウォッチよりもバッテリーライフが長いのが魅力のひとつと述べたが、「INSTINCT2」はさらにバッテリーライフが向上。ベーシックモデルの「INSTINCT2」はスマートウォッチモードで稼働時間が最大28日。

しかも、ソーラー発電機能がある「INSTINCT2 Dual Power」は、ソーラー発電パネルとICの充電効率が向上し、スマートウィッチモードの場合では、消費電力をソーラー発電で補え、バッテリーライフは無制限とのこと。(1日中着用、野外の5万ルクスの条件下で1日3時間置いた場合)。

モノクロの「INSTINCT」は文字が見えにくいのが難点だったが、「INSTINCT2」はディズプレイの解像度が「INSTINCT」よりも約89%アップし、文字が見やすく鮮明になった。

また、ガーミンはアメリカ発のブランドだが、新シリーズより、日本向けにSuica対応でタッチ決済ができようになったところも特徴のひとつだ。

健康管理機能がより充実

 前シリーズの「INSTINCT」も健康管理機能は充実していたが、さらにパワーアップ。「INSTINCT」でも睡眠時間は表示されていたが、それだけでは「睡眠の質」はわかりずらかった。「INSTINCT 2」では、レム睡眠時間や深い睡眠時間などの要素を包括して睡眠の質を0~100まででわかりやすく確認できる「睡眠スコア」が搭載。

内蔵されているアクティビティープロフィールも、屋内クライミングやバックカントリースキーなどのマイナースポーツも追加され、従来のモノと合わせると30種類以上。

習慣運動量やフォットネス年齢の計測機もバージョンアップされ、アウトドアから普段の健康管理に便利な機能が充実。

また、突発的な事故にあったときに自動的に事故を検出し、登録している緊急連絡先にその場所を送信する「事故・転倒検出」機能も加わり、ますますアウトドア好きの心を掴むスマートウォッチになっている。

マリンアクティビティやミリタリー機能搭載モデルなど全15モデル!自分の用途で選べる点も◎

新シリーズの「INSTINCT2」には、ベーシックモデルの「INSTINCT2」、ソーラーチャージ搭載の「INSTINCT2Dual Power 」のほかにも、タイドグラフやサーフィンアクティビティなど海のアクティビティに特化した「Surf Edition」、暗視ゴーグルとの互換性やステルスモードなどミニタリー機能を搭載した「Tactical Edition」のモデルもラインナップ。

女性向きの小ぶりの「INSTINCT2S」も登場。カラーも豊富でますます自分の用途、スタイルによって選べるスマートウォッチに進化している。

GARMIN /「Instinct2(インスティンクト2)」

https://www.garmin.co.jp/products/wearables/?cat=outdoor-casual

文/舟津カナ

編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。