小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【ソロ活入門】「DIY、メカいじり、グラフィックといった要素が絡み合って没頭できる」タフティングの魅力

2022.05.07

ツチヤヒサトさん

会社員 ツチヤヒサトさん×タフティング

ツチヤヒサトさんProfile
Webディレクターとして働く傍ら、週末はタフティングに勤しむ。情報がなく困った経験から自身の知見をnoteで公開している。

ラグやカーペットなどを制作する手法のひとつである「タフティング」。タフティング歴1年強のツチヤさんは「これまでの趣味をはるかに超える奥深さが魅力」という。その引力の理由を聞いた。

未知の趣味は〝底なし沼〟週末はアトリエで没頭する日々

 都内でWebディレクターとして働くツチヤヒサトさん。タフティングとの出会いは、1年ほど前だ。海外から投稿された一本のYouTube動画だった。「ガガガガッ」という音を立てながら、銃のような道具でキャンバスに毛糸が植えつけられ、まるで絵を描くようにラグが完成する……というものだ。

「『ラグって自分で作れるものなのか!』と衝撃を受けて、すぐネットで調べ始めたんですけど、あらゆるものの名前がわからず、苦労しました。検索に次ぐ検索の結果、どうやらこれは〝タフティング〟だと知りました。職業柄、SEOを意識することが多いので、今どきこんなにネット上で情報が出ないことがあるのかと、より興味が掻き立てられたのかもしれません」

 タフティングに必須のタフティングガン(布に毛糸を打ち込む器具)を、購入できたのは動画を見てから2か月後のことだった。

「タフティングは、多少のアラも味になるので、初心者でも満足のいくアウトプットが得られます。ラグのデザインだけでなく、現在市販品がないキャンバスフレームの自作や、タフティングガンの調整など……DIY、メカいじり、グラフィックといった要素が絡み合って、本当に『沼』なんです。チームの一員として働く環境から離れて、ひとりで作業に没頭できるタフティングは、仕事のフラストレーション解消にもすごく役立っています」

 今ではタフティングに取り組むため、ひとりアトリエを構えるまでになったというツチヤさん。作りたいものはまだまだ尽きない。

曲線を綺麗に打つにはコツが必要!

タフティング

「表現したいモノがある人ほどハマる」という。ラグ1枚(60×70cm)につき、制作期間は約3~5日程度だ。

初期費用は意外とお手頃?

タフティング

タフティングを始めるのにかかった費用は5万円ほど。タフティングガン(右)は個人輸入(3万円ほど)したが、毛糸は市販品。1玉700円程度の編み物用を使用している。

【ソロ充POINT】
「制作」に没頭できる趣味は、無になる時間を作ってくれる。また、模様や色を決めていくクリエイティブな作業は、自身の創造力を刺激する。

取材・文/小西 麗

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。