小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新宿にオープンした香港の人気No.1ヌードルチェーン「譚仔三哥米線」を仕掛けるトリドールHDのグローバル戦略

2022.04.03

譚仔三哥米線-----タムジャイサムゴーミーシェンと読む。香港の人気ナンバー1ヌードルチェーンの名前だ。この春、東京・新宿3丁目に初上陸した。日本の運営は、丸亀製麺で知られるトリドールホールディングスの傘下グループ企業Tam Jai International Co, Limitedがあたる。どんなヌードル? 日本での店舗展開は? 

譚仔三哥米線のメニューの表紙。

香港市民の国民的ヌードルチェーンに成長した三男

まず、「譚仔三哥米線(以下タムジャイサムゴーミーシェン)」について説明しよう。

1996年に、香港のタム家の兄弟が中国雲南麺の店をオープン。オリジナルのスパイシーなスープとクミンの鶏手羽で評判に。2008年、タム兄弟の三男がタムジャイサムゴーミーシェンブランドを立ち上げ、さらなる人気を博す。香港らしい複雑でスパイシーな味と香り、手軽な価格帯で2011年〜13年まで「ミシュランガイド香港・マカオ版」のビブグルマン(安くてうまい店)に認定されている。2021年にも香港のQSR(クイック・サービス・レストラン)業界ナンバー1の評価を得ている。ちなみに、タムジャイサムゴーミーシェンのサムゴーとは三男、ミーシェンとは米粉麺のことだ。

中国雲南省はベトナムやミャンマーと国境を接する内陸南部の地域。その伝統的な米粉麺は白くツルツルしている。スープは6種類。特徴は「10小辣」から「特辣」の10段階の辛さが選べること。スープと20種以上あるトッピングの組み合わせによって、自分好みの味にカスタマイズできることも人気の理由だ。

オープンから10年以上が経つ香港では、だれもがいつでも気軽に寄れる国民的ヌードルチェーンに成長している。タムジャイグループ全体で年間3000万人が来店。現在、香港、シンガポールに79店舗を展開し、日本は海外店としては2か国目になる。

香港Wellington Street(中環)の「譚仔三哥米線」前の行列。(画像:トリドールホールティングス)

すべてのスープのベースになる清湯(クリアスープ)。これに麻辣(マーラー)、番茄湯(トマト)、酸辣(サンラー)、ウー辣(ウーの漢字は筆者のパソコンで変換できず。味も表現がむずかしいが、焦がしスパイスの香りが際立つ)、三哥酸辣(サムゴーサンラー)の6種類。550円〜と価格は手頃。

トッピングは25種類。90円〜。香港直送のフィッシュボール、いかボール、三角揚げなど、香港好きにはたまらない具材も。トッピングは単に麺に載せるのではなく、スープといっしょに煮込むため、具材によって同じスープでも味わいが変わってくる。スープの種類と辛さの段階、トッピングの組み合わせによって自分好みの味を追求できる。

UDONだけじゃないグローバルフードカンパニーをめざして

トリドールホールディングスは2013年から香港で丸亀製麺を展開。2017年にはタムジャイグループの譚仔雲南米線、18年に譚仔三哥米線(タムジャイサムゴーミーシェン)を傘下に収めている。そしてこの春、新宿に第1号店をオープン。この後、吉祥寺、恵比寿に出店予定。2024年4月までに国内に25店舗を出店すると計画している。

日本ではメインターゲットは20〜30代の流行に敏感な女性としている。

「タムジャイサムゴーミーシェンは香港では老若男女に愛されるヌードルチェーン。日本でもそこをめざしていきたい」と話すのは、トリドールホールディングス海外事業本部の鈴木浩允さん。タムジャイサムゴーミーシェンのブランドリーダーに丸亀製麺で200店舗以上を統括してきた部長を充て、強力なチーム体制でのぞんでいるという。

店内インテリアは香港店を再現。ど派手なネオンサイン。壁は香港人が好きなタイル。

ヌードル1杯550円からで、ドリンクメニューにはビールもノンアルコールもソフトドリンクもある。新宿店の場所柄、ランチはもちろん、中食、飲んだ帰りのラーメン代わりの一杯にもよさそう。丸亀製麺は日本の老若男女に愛されるうどんチェーン店に発展したが、タムジャイサムゴーミーシェンが日本でも国民的香港ヌードル店になれるかどうか。

さらに、現在18のフードブランドをもつトリドールホールディングスは、「真のグローバルフードカンパニーをめざして、マーケティングや組織づくりを含めたグローバルプラットフォーム化を進めています」(前出・鈴木さん)。すでに海外に600店以上を展開する丸亀製麺(MARUGAME UDON)。今後は、うどんだけでなく香港ヌードル「タムジャイサムゴーミーシェン」ブランドを加えて世界展開を進めたい考えだ。

さて、日本のタムジャイサムゴーミーシェンのお味は? スープや具材は香港のレシピとほぼ同様。本場のメニューに加えて、日本の野菜を使ったサイドメニューもラインナップしている。近年、香港への渡航もちょっとむずかしいものがあるが、タムジャイサムゴーミーシェンで香港の味をたっぷり楽しめそうだ。

辛いのがあまり得意でない筆者は、香港で人気ナンバー1の麻辣(マーラー)スープを5小辣で注文。ほどよい辛さ、シビレ、コク。麺はつるつる、歯ごたえあり。ボリューム満点。満足。

<データ>
譚仔三哥米線(タムジャイサムゴーミーシェン) 新宿中央通り店
東京都新宿区新宿3-28-16
営業時間 11時〜22時
電話番号 03-3341-2772

取材・文/佐藤恵菜

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。